弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

事務所の休業についてのお知らせ

2018年04月17日 11時21分17秒 | 特許・実用新案

いつも大変お世話になっております。

4月23日(月)は休業とさせていただきます。

また2018年のGWについて、下記の期間は休業とさせていただきます。
2018年4月28日(土)から5月6日(日)まで。

お急ぎの案件やご相談のある場合には、今週中(4/20まで)にご連絡くださいますよう、お願い致します。

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

【将星国際特許事務所】
電話:0467-73-8540
e-Mail:info@shousei-pat.com

コメント

MISAKIぐるぐる春まつり2018が開催されます

2018年04月12日 12時00分47秒 | 地域

三浦市の事業者様のための情報をお届けします。
小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し三浦でブランドを育てるお手伝いをします。

300414misakiguruguru.jpg

1.イベント名称                                   
MISAKIぐるぐる春まつり2018

2.実施日時                                     
    平成30年4月14日(土)~4月15日(日) 計2日間
3.会  場                                      
    三崎下町商店街周辺
4.趣  旨                                      
来市する500万人以上の観光客とともに、市内住民に対し、商店街及び地場産品の魅力を高め広く紹介するため回遊性が高まるイベント等を実施し、地域商店の発展を図るとともに観光振興に寄与する。
5.主催等                                     
 (1)主 催  三崎ぐるぐるまつり実行委員会
        実行委員長  佐藤 周一  協同組合三浦市商店街連合会 副理事長
        副実行委員長 安原 芳宣  協同組合三浦市商店街連合会 理  事
           事務局 神奈川県三浦市三崎3-12-19(三浦商工会議所内)
               TEL 046-881-5111
               FAX 046-881-3346

(引用)三浦商工会議所

500万人の来客を見込むという、大きなイベントです。
商店街連合会、商工会議所、市が連携して、三浦の魅力やブランドを発信する、地域活性化のためのイベントです。

当日は下町の麺が集結する「三崎・港の麺フェス」も開催されるとのこと。盛り上がりが期待されますね。

イベントの詳細は三浦市のHPに掲載されています。
http://www.city.miura.kanagawa.jp/shoukou/guruguru/kaisai2018.html

将星国際特許事務所は湘南地域のブランドを高め、商業の活性化目的とした、知財の戦略的な活用を推進します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2018 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

 

 

 

 

コメント

Amazonやメルカリで食品の転売。大丈夫なの?

2018年04月10日 17時52分15秒 | ブランド

こんにちは。
弁理士の渡部です。

最近はECサイトで何でも手に入るようになって、便利ですよね。
その一方で、様々な問題も増えてきました。

「自社の商品がECサイトで転売されており、この行為に対し商標登録で何か対応することができないか。」
本日は、このようなテーマにお応えします。

転売という行為は、偽物を販売する行為とは違います。
正規品を本物の企業から購入し、これを販売するものだからです。
要するに、偽物ではなく、本物を売る行為です。

本物の製品を購入し販売する商取引としては、一つには「小売り」があります。
また、正規品を購入し一定期間使用した後に販売する中古品販売もこれに当たります。

これらは商取引として社会的に認められていますので、商標登録で販売中止などを求めることは通常できません。
商標法を見てみますと、転売そのものを禁止する規定もありません。ところが最近、商品の転売を商標権侵害として取り締まる事例があります。

これは次のような理由です。
正規品が保証する品質と、転売品が有する品質が異なる場合があると、転売品を購入した消費者が品質を誤解してしまい、ブランドが損なわれるという理由です。

商標法は、商標を保護する法律ですが、大元の考え方として、商標に紐付くブランド(企業の信用)を保護することを目的としていますので、転売により商品の品質に誤認を生じるおそれがある場合は、商標権侵害として追求することができます。

冒頭の相談において、企業側には転売されて困ることもあります。
例えば、食品のように賞味期限があって、これを過ぎて転売され、万が一食中毒などの問題が生じた場合、本物の企業が責任を追求されるおそれがあるからです。
サイト上で本物の企業名やロゴを掲載し、まるで正規販売店のように振る舞いながら、2倍以上の高額で販売するようなサイトもでています。不適正な価格での販売はお客様からの信頼の失墜につながり、実害が生じることもあります。
これにとどまらず、もし報道やネットで炎上でもすれば、ブランド(企業の信用)が損なわれることになります。

すべての転売が問題ないわけではなく、このようにブランドが損なわれるような転売もあるわけです。
このような場合は、商標登録で対応することが可能なこともあります。

本来的には、転売している企業に対し転売中止を求めていきますが、相手が応じてくれないなど個々の対応では困難な場合もあります。

そこで、ECサイトにはこれに参加する企業が他社の商標権を侵害しないことを整備する監督義務がありますので、ECサイトの運営企業に通報し、転売中止を求めることも検討できます。

AmazonなどのECサイトでは、ブランド品(商標登録で保護されている商品)を転売する行為を自主的に禁止しているサイトもあります。
自社製品の転売で困った場合には、まずECサイトに相談してみることがお勧めです。
その際に、自社が商標登録を済ませていることは重要な要件となりますので、まずは商標登録や区分の漏れ、更新のお忘れがないように、いまいちど自社の商標登録の状況をご確認ください。

(参考)
本件とは直接的ではないですが、転売に問題があり、転売そのものを禁止する対策も広がりつつあります。http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2017/02/post-2767.html

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2018 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

 

コメント

ニュースレター「鎌倉日和®」、発行しました

2018年04月03日 11時26分45秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

週末に満開だった桜が散り始め、桜吹雪の美しい4月3日の鎌倉です。

当事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。
皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。

ニュースレター「鎌倉日和」

お陰様で鎌倉日和はこの4月号で4年目を迎えることができました。
これからも、鎌倉日和をよろしくお願いいたします。

4月号では、商標登録を実際に事業に役立てているお客様2社を紹介しています。

1社目は西鎌倉駅前に昨年9月にオープンした「鎌倉倶楽部茶寮®」様。

鎌倉の地で「人と人、人と物」との出逢いの場を作りたいという思いで活動している「鎌倉倶楽部」の中で、実際に人と人との出逢いや縁をつなぐ場所として「茶寮」をオープンさせました。

店長の齋藤様はお茶の専門家。
生産者から好みのお茶を独自に仕入れていて、店内には常時20種類ほどの茶葉が並びます。

お茶を知り尽くしたプロが選んだ「お茶×お酒」の組み合わせで作られるカクテル「茶クテル」も、鎌倉倶楽部茶寮のオリジナルです。
その季節に一番美味しいお茶とお茶菓子をいただき、鎌倉の美しい季節の移ろいを楽しみくつろぐことのできる、鎌倉の新しい隠れ家です。

これから日本茶の魅力を海外に向けてどんどん発信してくそうです。
沢山の人に知ってもらう。その前にきちんと商標登録を済まされました。

2社目はヘアサロン「Kamakura Beauty®」様です。

地元鎌倉に根ざして14年になり、店舗も3店舗に増えました。
それぞれのサロンで特徴を出し、細やかなサービスでお客様の多彩な要望にもしっかりと応えてくれる、信頼できるヘアサロンです。

お祝い時の着付けやメイクアップ、早朝や出張にも対応してくれます。
大切な一日を最高の笑顔で過ごせるように、華やかに演出してくれる、頼りになるパートナー。
そんなヘアサロンです。

鎌倉を愛し、鎌倉だからこそできることを常に考えてこられました。
地元鎌倉から、新しい美の形を発信し続けていきたい。
そんな想いのこもった大切な社名「Kamakura Beauty」を5年前に商標登録され、活用してこられました。

ご希望の方は、郵送でもお送りできますので、お気軽にご連絡ください。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html

バックナンバーはHPでもご覧いただけます。
https://shousei-tm.com/newsletter.html

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。 
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi) 
Copyright © 2018 将星国際特許事務所 All rights reserved. 
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
 
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。