弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

神奈川県立産業技術総合研究所で知財相談窓口を開催

2017年08月30日 08時35分41秒 | 地域

葉山町の事業者様に参考になる情報をお届けします。小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し葉山でブランドを育てるお手伝いをします。

引用:知財総合支援臨時窓口@神奈川県立産業技術総合研究所

神奈川県立産業技術総合研究所では、商標登録や特許などの知的財産に関する相談窓口を開設します。商標実務に精通し、経営や技術の知識を持つ専門家が、皆さまのご相談を丁寧にお受けします。知的財産に関わることで疑問に思うことや、お困りのことなどございましたら、ぜひご利用ください。相談時間は1時間、事前予約制、無料となっておりますので、お気軽に下記までお電話ください。

日時:2017年9月第1水曜日 13:00~16:00

会場:神奈川県立産業技術総合研究所(海老名市下今泉705-1)

費用:無料

申込方法:TEL:046-236-1500 (内線:2105) 知財担当宛
※必ず予約が必要です。予約のない場合は、相談員の派遣がありませんのでご了承ください。

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私も知財専門家として知財総合支援窓口で支援を行っています。
商標登録や特許のことでちょっと分からないことがありましたら、知財総合支援窓口にお気軽に問い合わせてみてください。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」、放送されます

2017年08月24日 08時01分08秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、鎌倉エフエムで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局 鎌倉エフエム(FM 82.8MHz)
放送日時 2017年8月24日(木)11:20~11:35
番  組 鎌倉シーサイドステーション
コーナー 鎌倉日和

商標登録で鎌倉ブランドを育てるお手伝い。
魅力ある商標で輝く”旬”な会社と人を、素敵なサウンドに乗せてご紹介します。

本日は、鎌倉長谷坂の下にある「鎌倉手毬」から、代表の御園井 裕子様をお迎えしてお届けします。
「鎌倉手毬」は伝統の和菓子練り切りで、鎌倉の美しい四季を表現した「創作和菓子」の制作販売と、和菓子作り体験で大変注目されている工房です。
20年前、男性社会だった和菓子職人の世界に、当時は珍しい女性職人として飛び込み、さまざまな苦労をされてきました。逆転の発想で「女性の目線で、自分が可愛いと思う和菓子を創ろう」と挑戦され、作り出された和菓子が「市松手毬」でした。
御園井様は、新しいお菓子のデザインを意匠登録され、模倣から守っていらっしゃいます。

御園井様をお迎えしての鎌倉エフエム「鎌倉日和」は、本日11:20頃から、生放送でお届けします。
どうぞお楽しみに。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ニュースレター「鎌倉日和」、発行しました

2017年08月22日 10時38分34秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

当事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。
皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。

ニュースレター「鎌倉日和」

8月号は、デザインを事業の中核に位置づけて活動していらっしゃる2社について、その知的財産権への取り組みとともにご紹介させていただきます。

1社目は、鎌倉に開店して10周年を迎えた「鎌倉 風想花」様です。
美術館・展覧会・イベントなどのオリジナルグッズを 企画・製作・製造・販売していらっしゃいます。
オリジナルのデザインやグッズの企画販売をしていらっしゃる風想花様は、意匠登録や実用新案といった知的財産権を上手に使って、自社の製品を模倣から保護していらっしゃいます。

2社目は「KAMAKURA SUNDAY MART」様。
SUNDAY BEACH CRUSERというブランドで、オリジナルデザインのTシャツや鞄を販売しています。
「鎌倉のTシャツ屋」として一番を目指しているKAMAKURA SUNDAY MART様。
人気のデザインが模倣されてしまわないように、ブランドマークを商標登録し、創業以来ずっと使い続けていらっしゃいます。

2社とも鎌倉小町にお店を構えている、鎌倉ブランドのお店です。
またデザインをメインに扱われているので、知的財産権の活用として非常に良いお手本となる会社です。

ニュースレター「鎌倉日和」は、当事務所のホームページでもご覧になれます。
ご興味のある方はぜひ。
http://shousei-tm.com/newsletter.html

ご希望の方は、郵送でもお送りできますので、お気軽にご連絡ください。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

表現一つが結果を大きく変える

2017年08月14日 15時08分40秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

ずっと思っているのですが、同じことでもどのように表現するかが非常に大切だと実感しています。

お客様のなかで、とても気持ちのいい話し方や文章を書かれる方がいます。
特別な内容を仰っているのではなく、感謝を添えるなど表現が上手なのです。
私が気持ちいいなと感じるのと同じように、きっと他の方もそう感じるのでしょう。
その方の周りには次々に人が集まってきます。
そして、事業もトラブルを抱えることなく時間とともに順調に大きくなっていきます。

最近、特にこの点に意識を向け、お客様から見習い少しずつ実践すると、事業を含め様々なことがゆっくりとよい方向に進むことが実感として得られてきました。

表現が大切って、「伝え方が9割」というような本でも紹介されていて、実に書いてあるとおりなのですが、大切なことは、表面で理解するのではなく、それを腑に落ちて実感することです。
そうすることで初めて身につけることができます。
そして、腑に落ちて実感するには、意識すること、経験することが近道ではないかと思っています。

また、表現、表現って、表現に目が行きがちですが、表現は、自分の考えが最終的に言葉や文章として出力されたものです。
本当の意味で表現をよくしようとするならば、その根っこにある「考え」を研ぎ澄まさなければならないと思います。

例えば、感謝一つとっても、心から感謝の気持ちがあれば自然と感謝を添えた表現になるし、逆にそういう気持ちがなければ本などのルールに従って感謝を添える表現をとることになります。
どちらが生き方として自然なあり方かといえば、当然前者です。

ですから、表現を見直すことも大切。もっと大切なのは、表現が生まれる根っこの「考え」を育てることです。
どのような考えで事業を行っているのか、もっといえばどのような考えで生きているのかということですが、一つ大切な要素があるとすれば、それは「人のため」という視点を持てるかどうかのような気がしています。

さて、このような考えに行き着いて、ふと開業した頃の自分を振り返ると、専門家として高いスキルを持っていることが、ビジネスにつながる大きな要素と考えていたことを思い出しました。
違いましたね。
高いスキルが不要ということではありません。
事業においてそこが1番大切な要素ではない、ということです。

人間、日々成長です。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

平塚市役所で知財専門相談を開催

2017年08月14日 08時40分01秒 | 地域

平塚市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:知財総合支援臨時窓口@平塚市役所

平塚市役所では、特許や商標登録などの知的財産に関する相談窓口を開設します。特許・実用新案・意匠・商標等の出願から登録までの方法や手続き、権利侵害等のご相談に応じています。

日時:2017年8月第3月曜日 13:00~16:00

会場:平塚市役所 市民相談室(平塚市浅間町9-1)

費用:無料

申込方法:TEL:0463-21-9758 産業振興課
※必ず予約が必要です。開催日の4日前までにお申し込みください。

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私も知財専門家として知財総合支援窓口で支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、知財総合支援窓口にお気軽に問い合わせてみてください。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

秘密管理か知的財産権取得か

2017年08月12日 12時34分19秒 | 知的財産

おはようございます。
弁理士の渡部です。

商品名を商標登録したいからアドバイスがほしいという具体的な相談が多いのですが、時に、自社の知的財産を保護したいが有効なアプローチを教えてほしいという抽象的なアドバイスを求められる相談もあります。

これは商標や特許といった具体的な手続に関する相談ではないので、その企業の事業内容や市場の取引状況を詳細にインタビューしないとなりません。

相談者の考える知的財産と、相談者の話から私たちが認識する知的財産が異なることが多いので、まずここを摺り合わせ認識を一致させます。
その上で知的財産を4つのパートに切り分けます。
「他社に模倣されては困る部分」「他社に模倣されても影響が少ない部分」「取引上オープンにしなければならない部分」「クローズにできる部分」です。
切り分けたパートから相関図を作り、特許などの知的財産権で保護するのがよいのか、それとも秘密管理をした方がよいのかを検討していきます。

本当は時間をかけて深く検討した方が精度が上がるのですが、オファーによっては、この作業をゼロから1時間程度の時間でやらないといけないことがあります。

プロとして保証品質を下回る回答はできません。
短時間ではできないと回答することもありなのでしょうけど、話を聞いてみないとそういう判断できないし、私自身の職業意識としてもその選択はしたくないものです。

こういう局面に日頃の訓練が効いてくるので、日々の積み重ねは大切だと実感します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

2017年、残暑お見舞い

2017年08月11日 18時31分59秒 | その他

残暑お見舞い申し上げます。

鎌倉の夏は明るい陽光の下、木々の緑も生き生きと映えて綺麗です。
炎天下でも、一歩木陰に足を踏み入れると、木々の間を通り抜ける風が、さらさらと葉音をたて、一服の清涼を感じさせてくれます。

今年の花火大会は、色々なことがたくさんありましたが、長い歴史を途切れさせることなく開催につなげることができたのは鎌倉にとって貴重な出来事でした。
当事務所が毎年上げている協賛の花火を今年も上げましたが、メッセージがうまく読み上げられず期待の星サウンドロゴもうまく再生されず、不完全燃焼気味な協賛ではありました。
しかし、そのことが思った以上に聞いてもらえたのか、花火大会の後に多くの人から声をかけていただいたりと、不完全燃焼が逆に覚えていただくことにつながり、災い転じて福となす結果となりました。

さて、今年は、IoT特許に関する事業を行政機関と行っています。
業界としても初めての取り組みですから、手探りのところも多いとは思いますが、
昨年から力を入れている分野であり、願ったり叶ったりです。
IoTの普及と推進に少しでもお役に立てればと思っています。

暑さ厳しき折、益々、元気で素敵な夏をお過ごしくださいますよう、皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げております。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

茅ヶ崎市役所で知財専門相談を開催

2017年08月11日 08時40分01秒 | 地域

茅ヶ崎市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:知財総合支援臨時窓口@茅ヶ崎市役所

茅ヶ崎市では、一般社団法人神奈川県発明協会の協力のもと、今年度も引き続き無料発明相談会を開催することになりました。この無料発明相談会では、市内で事業を営む皆様が抱える特許、実用新案、商標(ブランド)、意匠(デザイン)といった知的財産権に関する様々な課題について、知的財産の専門家が個別にお答えします。知的財産権に関する疑問、質問をお持ちの市内事業者の皆様は、ぜひご活用ください!

日時:2017年8月第3金曜日 13:00~16:00

会場:茅ヶ崎市役所(茅ヶ崎市茅ヶ崎1-1-1)

費用:無料

申込方法:こちらからお申し込みください。
※必ず予約が必要です。期限までにお申し込みがない場合は中止となります。

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私も知財専門家として知財総合支援窓口で支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、知財総合支援窓口にお気軽に問い合わせてみてください。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

神奈川県立産業技術総合研究所で知財相談窓口を開催

2017年08月09日 08時40分04秒 | 地域

逗子市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:知財総合支援臨時窓口@神奈川県立産業技術総合研究所

神奈川県立産業技術総合研究所では、特許や商標登録などの知的財産に関する相談窓口を開設します。特許実務に精通し、経営や技術の知識を持つ専門家が、皆さまのご相談を丁寧にお受けします。知的財産に関わることで疑問に思うことや、お困りのことなどございましたら、ぜひご利用ください。相談時間は1時間、事前予約制、無料となっておりますので、お気軽に下記までお電話ください。

日時:2017年8月第3水曜日 13:00~16:00

会場:神奈川県立産業技術総合研究所(海老名市下今泉705-1)

費用:無料

申込方法:TEL:046-236-1500 (内線:2105) 知財担当宛
※必ず予約が必要です。予約のない場合は、相談員の派遣がありませんのでご了承ください。

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私も知財専門家として知財総合支援窓口で支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、知財総合支援窓口にお気軽に問い合わせてみてください。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

川崎図書館で知財相談窓口を開催

2017年08月04日 08時53分02秒 | 地域

川崎市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:知財総合支援臨時窓口@川崎図書館

神奈川県立川崎図書館では、特許や商標登録などの知的財産に関する相談窓口を開設し、特許・実用新案・意匠・商標等の出願から登録までの方法や手続き、権利侵害等のご相談に応じています。
一般社団法人神奈川県発明協会の知財総合支援窓口の窓口支援担当者が来館しご相談に応じます。

日時:2017年8月第2金曜日 13:00~16:00

会場:神奈川県立川崎図書館(川崎市川崎区富士見2-1-4)

費用:無料

申込方法:こちらからお申し込みください。
※必ず予約が必要です。相談日の3日前までにお申し込みください。

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私も知財専門家として知財総合支援窓口で支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、知財総合支援窓口にお気軽に問い合わせてみてください。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。