弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

【英語版】お客様の声の動画を制作しました

2016年11月30日 06時16分22秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

お客様の声の動画に英訳テロップを付け英語版を制作しました。
鎌倉ブランドの鎌倉薬膳アカデミー様にご出演いただいた動画です。

自社のブランドの大切さとそれを守る商標登録の大切さについてお話をいただきました。
私たち専門家も、ブランドという目に見えない財産について、どうやって守ったらよいのか、どうやって育てたらよいのかを日々学び、考え、お伝えしていますが、お客様からの視点でお話を伺えたことは、大変勉強になりました。

ブランドを考える上でとても参考になる内容ですので、ぜひ一度ご覧ください。

▼下の画像をクリックすると、英語版の動画がご覧になれます。▼

Trademark Registration Branding Case Kamakura Medical Cuisine Academy

Ms. Masae Yamauchi
President, Kamakura Medical Cuisine Academy
Interviewed on August 5, 2015
Interviewed and manufactured by Pixidea, Inc.

It's been eight years since we launched Kamakura Medical Cuisine Academy.

We have always been thinking about what we should do to make Kamakura Medical Cuisine Academy widely known.

One day, I found the concept of "branding", when I was reading a magazine.

I thought it was a good idea.

I thought branding might contribute to confidence, credibility and persuasiveness.

It was at this moment when I first thought of trademark registration of "Kamakura Yakuzen Academy" (Kamakura Medical Cuisine Academy) and "Wa no Yakuzen" (Japanese Medical Cuisine).

So we visited Mr. Watabe in Shousei International Patent Office.

Please have a look at these textbooks.

These are original textbooks of Kamakura Medical Cuisine Academy.

As we have created them all, we took them for granted, and we did not realize their values at all.

Mr. Watabe made us realize their values.

We were pleased to hear him saying that "Ms. Yamauchi, these textbooks you created are really valuable."

He made us proud of the work we have done, the work that may be passed to the next generation.

Our trademarks were successfully registered and we use these trademarks in all our publications.

Intellectual property is very important for our work, and trademarks contribute to improve our brand strength.

Registration certificates are framed and hung in front of the entrance.

These are very important for Kamakura Medical Cuisine Academy, proving the confidence, credibility and persuasiveness of our academy.

▼When you click on the image below, the video of English version is played.▼


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」の収録内容が視聴できます

2016年11月29日 06時11分41秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉エフエムで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されました。

放 送 局 鎌倉エフエム(FM 82.8MHz)
放送日時 2016年11月24日(木)11:20~11:35
番  組 鎌倉シーサイドステーション
コーナー 鎌倉日和

番組収録内容は、当事務所のホームページで視聴することができます。
ご興味のある方はぜひご視聴ください。
http://shousei-tm.com/radio.html

今回は、株式会社陽雅堂の四十八願大介様をゲストにお迎えしました。
陽雅堂様は、鎌倉八幡宮の門前で鎌倉彫を販売しているお店です。また敷地内には「鎌倉有料駐車場」が併設されています。

常にお客様の目線に立ち、お客様が欲しいもの、望んでいることを第一に考えたお店作りを心がけていらっしゃいます。
また伝統的工芸品である鎌倉彫の魅力を伝えるために、お客様に手に取って長く使って頂けるような商品を揃える工夫をされています。

こうした取り組みが評価され、2016年度、鎌倉商工会議所の優良小売店舗の会頭賞を受賞されました。
鎌倉に根ざし、鎌倉のブランドとして商売を続けること、そして長年使い続けた名前をこれからも使い続けていくために、商標登録の重要性を意識されたそうで、7件の商標登録を取得されています。
長く使ってきたブランドと信頼を商標登録で守ることについてお話を伺いました。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント

関東経済産業局・特許庁・神奈川県主催の知的財産セミナー、講義を行います

2016年11月28日 06時12分07秒 | 講演

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、関東経済産業局・特許庁・神奈川県主催の知的財産セミナーにて講演を行います。
中小企業の皆様に元気をお届けして参ります。 

日 時 2016年11月28日(月)13:30~16:30
場 所 藤沢商工会館ミナパーク 3階 303会議室
テーマ 商標を活用したブランドづくりの基本~ブランドを育てる仕組みと、中小企業が取り組むブランドづくりの事例を紹介~
概 要 地域でブランドを育てる中小企業の事例を交え、ブランド戦略及び商標登録の基本からブランド化の取り組みまでを解説するとともに、キャッチフレーズの商標登録など商標の最新トピックスについても解説します。

本講演では、鎌倉ブランドの企業の取り組み事例と、キャッチフレーズの商標登録を中心に45年ぶりの大改訂で商標の審査がどう変わったのかをお話しします。

引用:http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/tokkyo/annai/data/20161128_kanagawa.pdf

講義内容に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

栃木県大田原市主催の知的財産セミナーにて講演を行います

2016年11月25日 08時51分48秒 | 講演

おはようございます。
弁理士の渡部です。

栃木県大田原市主催の知的財産セミナーにて、ITの利活用と知的財産について講演を行います。 

農業を含む中小製造業においてITを利活用し生産性を向上する取り組みが行われています。
本講演では、IT導入し生産性を向上した事例を紹介しながら中小製造業におけるIT利活用の効果を知っていただき、IT化が生産性向上の近道になることをお伝えします。

日 時 2016年12月16日(金)13:00~16:00
場 所 TOKO-TOKOおおたわら 市民交流センター3F 視聴覚室
テーマ IT利活用とおける知財リスクと対策
概 要 中小製造業においてITを利活用する場合に、知的財産権の関係で生じるリスクとその対策や、ITの導入コストを削減する知的財産制度の利用について、特許を中心に事例に沿って分かりやすく解説します。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」、放送されます

2016年11月24日 07時59分55秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

今朝の鎌倉は雪です。11月に雪が降るなんて、とても珍しいのではないでしょうか。
何だかワクワクしますね。
滑りやすいので足下にお気を付けて1日をお過ごしください。

さて、本日、鎌倉エフエムで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局 鎌倉エフエム(FM 82.8MHz)
放送日時 2016年11月24日(木)11:20~11:35
番  組 鎌倉シーサイドステーション
コーナー 鎌倉日和

商標登録で鎌倉ブランドを育てるお手伝い。
魅力ある商標で輝く”旬”な会社と人を、素敵なサウンドに乗せてご紹介します。

本日は、株式会社陽雅堂の四十八願大介様をゲストにお迎えします。
陽雅堂様は、鎌倉八幡宮の門前で鎌倉彫を販売しているお店です。また敷地内には「鎌倉有料駐車場」が併設されています。

常にお客様の目線に立ち、お客様が欲しいもの、望んでいることを第一に考えたお店作りを心がけていらっしゃいます。
また伝統的工芸品である鎌倉彫の魅力を伝えるために、お客様に手に取って長く使って頂けるような商品を揃える工夫をされています。

こうした取り組みが評価され、2016年度、鎌倉商工会議所の優良小売店舗の会頭賞を受賞されました。
鎌倉に根ざし、鎌倉のブランドとして商売を続けること、そして長年使い続けた名前をこれからも使い続けていくために、商標登録の重要性を意識されたそうで、7件の商標登録を取得されています。
本日は、長く使ってきたブランドと信頼を商標登録で守ることについてお伺いします。
どうぞお楽しみに。 

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント

ホームページ制作会社の切り替え時に気をつけたい写真トラブル

2016年11月22日 08時39分05秒 | 著作権

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、ニュースサイト「節約社長」にて、私が執筆した記事「ホームページ制作会社の切り替え時に気をつけたい写真トラブル」が掲載されました。
商標登録、特許、知的財産に関するホットな話題を独自の視点で捉え、お伝えしています。

当事務所のホームページにも掲載しています。
ぜひご覧ください。

ホームページ制作会社の切り替え時に気をつけたい写真トラブル

ホームページのリニューアルに伴い、制作会社を変えてホームページをリニューアルしたい、という要望を持っている場合、旧制作会社から写真の著作権について許諾を得なければなりません。もし、これが難しい場合は、どのように対応すれば良いのでしょうか?考えてみましょう。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

かに道楽事件「相当有名でなければならない」

2016年11月22日 06時20分02秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「かに道楽事件『先使用権は否認ではなく抗弁』」の続きで、先使用権の3つの壁の2つ目をお話します。

「例外」を主張する者に課される数々の厳しい条件になかの一つに、商標を先に使用し相当有名になっていたことが求められます。
ここにも2つ壁があります。
1つは有名の時期。もう1つは有名の程度です。

1つ目の壁である「時期」はいつかというと、他社の商標登録の出願時になります。
昭和の時代に成立した権利であれば、昭和のその時代に有名であったことが求められます。

2つ目の壁である「程度」はどれぐらいかというと、1つの都道府県ではダメで、隣の都道府県を含むいくつかの都道府県にわたって知られていることが求められます。
売上の規模も一つの証明になりますが、過去に先使用権が認められた「ケンちゃん餃子」では、年間7億円以上の売上があったことが評価の対象となっています。
商品の分野にもよりますが、他社の権利に穴を開ける「例外」が認められるには、これぐらいのボリュームが必要だということです。

次回は、本記事の続きとして「かに道楽事件『時間が経てば経つほど風化』」についてお話します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

関東経済産業局・特許庁・神奈川県主催の知的財産セミナー、開催1週間前

2016年11月21日 10時21分34秒 | 講演

おはようございます。
弁理士の渡部です。

関東経済産業局・特許庁・神奈川県主催の知的財産セミナーにて講演を行います。
開催が1週間前に迫りましたのでお知らせします。 

日 時 2016年11月28日(月)13:30~16:30
場 所 藤沢商工会館ミナパーク 3階 303会議室
テーマ 商標を活用したブランドづくりの基本~ブランドを育てる仕組みと、中小企業が取り組むブランドづくりの事例を紹介~
概 要 地域でブランドを育てる中小企業の事例を交え、ブランド戦略及び商標登録の基本からブランド化の取り組みまでを解説するとともに、キャッチフレーズの商標登録など商標の最新トピックスについても解説します。

講演プログラムは、次のとおりです。

第1部 ブランドは見えない宝物
第2部 商標登録の基本
第3部 中小企業の事例にみるブランドづくりの取り組み
第4部 キャッチフレーズを中心とした商標の最新トピックス

本講演では、鎌倉ブランドの企業の取り組み事例をご紹介する予定ですので、ブランドづくりにご興味のある方はぜひご参加ください。
参加お申し込みは、こちらの申込フォームで行うことができます。

引用:http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/tokkyo/annai/data/20161128_kanagawa.pdf

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

知的財産セミナー「アイデア・ネーミングで湘南を熱くする!」

2016年11月18日 09時36分31秒 | 支援

おはようございます。
弁理士の渡部です。

私が所属する弁理士会関東支部神奈川委員会では、知的財産セミナー2016を次の要領で開催します。

日 時:2016年11月25日(金)13:00~16:00
場 所:藤沢商工会館ミナパーク 会議室502号
概 要:中小企業によって生み出される商品やサービスにはオリジナルなアイデア(発明)が詰まっています。また、商品を販売しサービスを提供する際には、商品やネーミング(名称)を工夫しなければなりません。アイデアやネーミングを特許権や商標権などの知的財産権で適切に保護し積極的に活用することで企業の売り上げアップにつなげることができます。本セミナーでは、新商品開発や新サービス提供に伴うアイデアやネーミングを特許・商標を活用して売り上げアップにつなげるヒントを、成功事例や失敗事例を交えてお伝えします。

時間 テーマ 講師 定員
13:00~14:00 商標(ブランド) 弁理士 金沢 彩子氏 60名
14:10~15:10 特許(パテント) 弁理士 金子 正彦氏
15:10~16:00 知的財産無料相談会 神奈川委員会 弁理士

特許・商標を活用して売り上げをアップしたいとお考えの方はぜひご参加ください。
また、弁理士による無料相談会も同時開催しますので、これを機会に、特許、実用新案、意匠、商標、著作権など知的財産に関することは何でもご相談ください。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

かに道楽事件「先使用権は否認ではなく抗弁」

2016年11月17日 08時36分04秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「かに道楽事件『先使用権は虎の穴』」の続きで、先使用権の3つの壁の1つ目をお話します。

先使用権は、法律上どういう位置づけなのか。
法律は、分かりやすく説明すると、次の2段構えで構成されています。

「Aという条件を満たすと、商標権の侵害である。ただし、Bという条件を満たせば、商標権の侵害とはならない。」

被告がAの条件を満たさないと主張するのが「否認」といいます。
これに対し、被告がBの条件を満たすと主張するのが「抗弁」といいます。

先使用権は、Bにあたります。
これはどういうことかというと、Bを主張する前提としてAを既に満たしているということです。
いわば、崖っぷちに追い詰められ、苦しい状況にあるということです。

法律では、前段(「ただし」より前の部分)の規定を「原則」といい、後段(「ただし」より後の部分)の規定を「例外」といいますが、「原則」どおりに商標制度を運用することが文字どおり原則となっていますので、「例外」が認められるのは、厳しい数々の条件をクリアしなければならないということです。

次回は、本記事の続きとして「かに道楽事件『相当有名でなければならない』」についてお話します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。