弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

フォトギャラリーカバー画像の設置

2016年03月31日 10時32分44秒 | 開発

おはようございます。
弁理士の渡部です。

遂に念願が叶いました。
当ブログのカバー画像が変わっているのにお気づきでしょうか。

鎌倉の風景写真を厳選して取り揃え、概ね半月に1度、当ブログのカバー画像が、鎌倉のその季節に合った素敵な写真に入れ替わるようになりました。

当事務所は、鎌倉に根ざし、育まれてきた特許事務所として、鎌倉と共に成長・発展を目指していますので、設立の頃から鎌倉のイメージを全面に押し出していきたいと考えていました。

しかし、当事務所のホームページにフォトギャラリーを設置しようとの提案は、特許事務所の業務内容が分かりづらくなるとの理由により社内で却下され、これまで内部の壁が厚く実現にこぎ着けることができませんでした。

では、ブログのカバー画像を鎌倉の四季折々の写真にしてはどうだろうかという提案をしてみたところ、それであればブログのメッセージがぼやけることもないのでいいと思うということで社内賛同を得ることができましたので、今回のフォトギャラリーカバー画像の設置を実現することができました。

カバー画像に使用している写真は、鎌倉フォトガイド社様から購入させていただきました。
鎌倉フォトガイド社様は、鎌倉市観光協会が発行する鎌倉カレンダーにも写真が多数採用されており、鎌倉の数々の素敵な写真をお撮りになっています。

当ブログをご覧いただく方に少しでも鎌倉のよさを感じ取っていただければと思います。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

IoTの特許戦略「外から把握できる部分を特許で抑える」

2016年03月30日 09時06分53秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTでは、情報を抽出したり解析したりする点に技術的な特徴を見出しやすいですが、IoTの特許戦略を進める上で気を付けたいのが、模倣品が現れたときに特許を行使することができるかどうかという点です。

情報を抽出したり解析したりする技術は、通常、企業の内部システムでのみ使われるものであるので、その技術について特許を取得した場合に特許技術が他社に使われているかどうかを外から把握することが難しい場合があります。

特許技術が使われているかどうかを外から把握できなければ、特許を侵害しているのかどうかを権利者側で判断することもまた難しく、特許を行使しにくいという問題にあたります。

そこで、特許を取得する場合は、模倣品が現れたときに特許を行使することができるかどうかという点をきちんと考えておくことが重要です。

有効な方法の一つとしては、外から把握できる部分を特許で抑えるというやり方があります。
例えば、情報を表示したりメールを送信したりファイルを生成したりする部分について特許を取得すれば、外から把握することができるので、侵害の発見が容易であり、特許を行使しやすくなります。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

他社が持っているドメインがほしいとき

2016年03月29日 08時10分16秒 | 知的財産

おはようございます。
弁理士の渡部です。

他社が持っているドメインをほしいと思ったことって、ありませんか。
自社の名称や商品名に近いドメインが他社に既に取得されていることが分かったときなどです。

当事務所の例をお話ししたいと思います。

当事務所の名称に近いドメインがありました。
調べて見たところ、他社が取得していたものの使われていませんでした。

そこで、そのドメインを所有する企業に対し、ドメインを有償で譲っていただけないかと交渉をすることを検討しました。

でも、ちょっと待てよ、と。
交渉の結果、譲ってもらえれば御の字だが、もし譲ってもらえなかったらどうするのか。
「ほしい」という気持ちが高まって、高額での買い取りを提示してしまうかもしれない。その場合は、一体いくらまで出すのか。
きっといろいろと気持ちが揺れるだろうから、冷静な今の内に、そこまできちんと検討した上で交渉を開始しようと考えたわけです。

まず、当事務所の要望を整理しました。
当事務所としては、当事務所のサービスにそのドメインを使いたいから「ほしい」という要望がありました。

次に、譲ってもらえない場合のデメリットはないかどうかです。
もしそのドメインが別の他社に転売され、他社に使用されることで、当事務所のサービスと混同することはないだろうか。

しかし、仮に他社がそのドメインを使ったとしても、ドメインの使用だけでは当事務所のサービスと混同することはないと考えました。
当事務所は、当事務所の名称について商標登録を受けているので、そのドメインを使用したWebサイトにおいて、当事務所の名称に近い名称で弁理士業のサービスを提供するようなところまで近づいてきた場合は、商標登録によって使用中止を求めることができるからです。
したがって、そのドメイン自体を「守りたい」という要望までは特にないという結論になりました。

このように要望を整理した上で、そのドメインを所有する企業に交渉をしてみることにしました。
残念なことに結果として譲っていたくことはできなかったのですが、そのドメインを使っていないのだから次の更新時期で手放すのではないかと期待し、次の機会を待つことにしました。

ところが、更新時期に改めて調べて見たところ、そのドメインが更新されていた上にドメイン販売サイトを通じて売りに出されていました。
その価格は、なんと42万円!

当事務所の要望は、あくまで「ほしい」という要望だけですので、この話は、取得コストが効果を上回らないと判断し、ここで終わりです。

「ほしい」から譲ってと言われれば高く売りたくなるという心理もありますから、ドメインを使っていない場合は、交渉せずに更新時期まで待つというのも一つの方法です。
ドメインがいつまで有効なのかは、例えば、jpドメインであればこちらのサイトで調べることができます。

他社が持っているドメインをほしいと思った場合、まず、自社の要望をきちんと整理し、取得するための戦略を立てて行動に移すことが重要です。
コストオーバーな価格で買ってしまったり、法的措置をとったりとられたりしてて争いに巻き込まれないように気を付けましょう。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」の収録内容が視聴できます

2016年03月28日 07時44分31秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されました。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2016年3月24日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

番組収録内容は、当事務所のホームページで視聴することができます。
ご興味のある方はぜひご視聴ください。
http://shousei-tm.com/radio.html



今回は、仕事で輝く女性をご紹介しました。
東京都町田市のセラピスト、今野直美様は「シルクタッチングセラピー」の発案者。完全にMade in Japanのオリジナルなシルク手袋を製作し、日本人のために考案した「シルクタッチングセラピー」の普及のために商標を登録。

しかし、商標登録までには紆余曲折があり、町田市からはるばる鎌倉市の特許事務所を訪ねることに。シルク工場に飛び込んでこだわりの専用手袋を作るまでの苦労話や、その後商標登録するまでの苦労話についてお伺いしました。
苦労があったのに、自然体で明るくお話してくれるのは、困難を乗り越えて夢を実現していく力があるから。春から新しいことに挑戦したくなるような、元気になるお話です。

 

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント

祝!鎌倉ブランド「VEGGIE HERB」商標登録

2016年03月25日 07時11分39秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉ブランド「VEGGIE HERB」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉市逗子市葉山町横須賀市三浦市藤沢市茅ヶ崎市平塚市のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜市川崎市、小田原市、箱根町のブランドも手厚く支援させていただいています。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」、放送されます

2016年03月24日 06時38分21秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2016年3月24日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

商標登録で鎌倉ブランドを育てるお手伝い。
魅力ある商標で輝く”旬”な会社と人を、素敵なサウンドに乗せてご紹介します。

本日は、仕事で輝く女性をご紹介します。
東京都町田市のセラピスト、今野直美様は「シルクタッチングセラピー」の発案者。完全にMade in Japanのオリジナルなシルク手袋を製作し、日本人のために考案した「シルクタッチングセラピー」の普及のために商標を登録。

しかし、商標登録までには紆余曲折があり、町田市からはるばる鎌倉市の特許事務所を訪ねることに。シルク工場に飛び込んでこだわりの専用手袋を作るまでの苦労話や、その後商標登録するまでの苦労話についてお伺いします。
苦労があったのに、自然体で明るくお話してくれるのは、困難を乗り越えて夢を実現していく力があるから。春から新しいことに挑戦したくなるような、元気になるお話です。

どうぞお楽しみに。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント

サイクルコンピュータに子どもが挑む(第4話)

2016年03月23日 07時15分08秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

昨日は、「サイクルコンピュータに子どもが挑む(第3話)」をご紹介しました。
本日は、その最終話をご紹介します。

「お父さん、早く起きて。スピードメータつけようよ。」
いつもは起こしてもなかなか起きてこないのに、やりたいものがあると、子どもは6時前でも実に元気がいいです。

さて、サイクルコンピュータの仕組みについて説明が終わり、いよいよサイクルコンピュータを取り付ける段になったのですが、ここで壁にぶつかります。

説明書には、タイヤのサイズとパラメータが対応表で記載されていて、自分の自転車のタイヤサイズを調べ、対応するパラメータを対応表から読み取り、サイクルコンピュータに設定するようになっています。
パラメータを設定することで、自分の自転車のタイヤサイズをサイクルコンピュータに教えてあげるわけです。

ところが、彼が自分の自転車のタイヤサイズを調べたところ、同じサイズが対応表に載っていなかったのです。

「僕のタイヤのサイズが表に載っていない。どうしよう。」

「どうしたらいいと思う?」
「26インチと16インチの間の値を適当にとって入力してみる。」

「かなりアバウトだね。タイヤサイズがいい加減だと、どうなると思う?」
「速度がいい加減になる...。」

「そうだよね。だから、そこはできるだけ正確に計算した方がいいね。タイヤのサイズは、タイヤの外径と幅を表している。そして、タイヤの1周の長さは、タイヤの外径と幅と扁平率等から求めることができる。対応表から計算式を作ってあげるから、自分の自転車のタイヤサイズに合ったパラメータを計算してみよう。」

そう告げると、彼は、スピードメータで遊ぶことを叶えるために、いつも算数の計算式を解くよりも熱心にパラメータを計算で求めていました。
その甲斐あってか無事にパラメータを設定することができ、長い長い道のりを経てようやくスピードメータが使えるようになりました。

彼にとって今回の達成感といったら格別なのかもしれません。
自転車で町内を1周しては記録をつけたりするなどして、自転車ライフを満喫している様子です。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

サイクルコンピュータに子どもが挑む(第3話)

2016年03月22日 07時51分06秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

3月21日より当ブログのカバー画像が変わりました。鎌倉の大仏です。
鎌倉の開花予想日は3月23日、満開予想日は4月2日との予報です。
ぜひ満開の桜を見に鎌倉にお越しください。

さて、先日は、「サイクルコンピュータに子どもが挑む(第2話)」をご紹介しました。
本日は、その続きの第3話をご紹介します。

今回購入したサイクルコンピュータは少し多機能で、速度だけでなく、最高速度や平均速度も表示できるようになっています。
最高速度や平均速度を求めるには、小学校の教科書の知識だけではちょっとした壁にぶつかってしまいます。

おもしろいテーマなので、
「メモリがたくさん必要になると1200円じゃ作れなくなってしまうから、できるだけメモリを使わずに、最高速度や平均速度を求めるにはどうしたらよいか考えてみて。」
と課題を出してみました。

最高速度や平均速度といった簡単なテーマでも課題として取り組んでみると、いろいろなアイデアが出てきます。
それぞれのアイデアについて優れた点・足りない点などを一緒に考えながら、答えを探っていく過程は、子どもにとっても興味深いものがあったのではないかと思います。

平均速度については、小学生ながら次の式を自力で導き出したのにはちょっと驚きました。

今回の平均速度V=(前回の平均速度V*(信号の入力回数n-1)+今回の速度)/信号の入力回数n

「これならメモリを2つしか使わないぞ」と自信満々な面持ちでした。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

サイクルコンピュータに子どもが挑む(第2話)

2016年03月18日 07時13分20秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

昨日は、「サイクルコンピュータに子どもが挑む(第1話)」をご紹介しました。
本日は、その続きの第2話をご紹介します。

私が小さい頃のスピードメータは、車軸に取り付け、車軸の回転からタイヤの回転速度を検出し、それをアナログメータに表示するというものが主流でした。
しかし、最近のサイクルコンピュータは、タイヤが1周回転したことを検出し、その間の時間とタイヤのサイズから速度を計算するという方式が採用されています。

昔の方式と比べて大きく違う点は、タイヤの回転速度を直接検出できず、計算で求めるという点です。
この違いから、昔の方式と比べて設定を1つ多く行わなければなりません。
タイヤのサイズに対応するパラメータを設定するという作業です。

作業自体は簡単ですが、ここをきちんと理解しないと、サイクルコンピュータを次に自分で取り付けるときに壁にぶつかってしまうので、原理はしっかりと理解しておいた方がよいと考えました。

さて、サイクルコンピュータの仕組みについては、小学生に分かりやすい説明を心がけますが、原理をしっかりと理解してもらうために、図を描きながら踏み込んだ説明をしました。

「自転車の車輪のスポークに磁石を取り付け、フレームにセンサーを取り付ける。
車輪が回転しセンサーの前を磁石が横切ると、そのたびにONの信号がセンサーから出力され、サイクルコンピュータに入力される。
サイクルコンピュータは時計を持っていて、ONの信号が入力されたタイミングで時計から時刻を取得し、メモリに格納する。
現在取得した時刻から、一つ前に取得した時刻を引き算すれば、タイヤが1周回転するのにかかった時間が分かる。

一方、速度を測るためには、時間だけでなくその間に進んだ距離が必要だけど、タイヤが1周回転したときに進んだ距離は、タイヤのサイズによって変わってくる。
小さいタイヤなら1周回転したときの距離は短く、大きいタイヤなら1周回転したときの距離は長い。
サイクルコンピュータはタイヤのサイズを知らないので、これは君がサイクルコンピュータに教えてあげる。」

彼は、夏休みの課題でLED回路を制作した経験があるので、この辺の説明は理解が早かったように思います。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

サイクルコンピュータに子どもが挑む(第1話)

2016年03月17日 07時29分19秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、「サイクルコンピュータに子どもが挑む」というお話をご紹介したいのですが、書いてみるとちょっと長くなってしまったので全4回にわたってお送りします。

「お父さん、僕の自転車にスピードメータをつけてほしいんだ。」
唐突にスピードメータなどという、どこから仕入れてきた情報なのか分からないのですが、スピードメータは、自転車の楽しさを加速させるアイテムの一つです。
私も小さい頃は誕生日のプレゼントにスピードメータを買ってもらい、自転車に取り付けて楽しんだ記憶があります。

「うーん、君にはちょっと難しいかもしれないよ。」
「どうして?何が難しいの?買ってきて取り付けるだけじゃないの?」

「スピードメータの仕組みを知らないと取り付けられないんだ。でも、その仕組みを理解するのがちょっと難しいかなと思うんだ。それと、説明書が英語なんだよね。」
「うっ...。で、でも、仕組みを教えてくれれば理解できると思うよ。説明書も頑張って解読するからさ。」

何かがほしいと思うときは、学びの絶好のチャンス。
スピードメータで遊ぶという目的を達成するために学ぶとなれば、勉強の意義など教えなくても、役立つ知識として習得することができるでしょう。
しかもスピードメータは、英語も物理も数学も情報工学も学べるというとても格好のテーマです。

ですので、スピードメータをただ買ってきて取り付けてあげることは簡単ですが、せっかくの機会ですから、スピードメータをテーマにスピードメータの仕組みを知ろうという裏のミッションを実行しようと思い立ちました。

早速、サイクルコンピュータを購入しました。
価格は1200円。ただし、説明書は英語(敢えて)。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。