弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

祝!鎌倉ブランド「江の島百景・稲村ガ崎のロゴ」商標登録

2015年09月30日 06時09分34秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉ブランド「江の島百景・稲村ガ崎のロゴ」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉市逗子市葉山町横須賀市三浦市藤沢市茅ヶ崎市平塚市のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜市川崎市、小田原市、箱根町のブランドも手厚く支援させていただいています。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

意匠登録のメリット

2015年09月29日 06時08分56秒 | 意匠

おはようございます。
弁理士の渡部です。

意匠登録とは、製品のデザインを保護するために欠かせないもので、デザインの特許のようなものです。
製品のデザインは、意匠登録により保護することができます。
意匠権を取得することで、他社が同じデザイン又は似たようなデザインで製品を生産・販売することを阻止することができます。
登録されると20年間の保護を受けることができ、他社からデザインを真似される心配はありません。

意匠は製品のデザインですから、特許のように高い技術を求められることなく登録できるというメリットがあります。
また、外観から判断できるため、侵害されているかどうかの判別がつきやすいのもメリットのひとつだといえるでしょう。

特許の取得が難しいケースでも、デザインに特徴のある発明であれば、意匠出願に変更し、意匠登録できる可能性があります。
何も複雑なデザインが必要とされるわけではありません。
単純なデザインであっても、これまでにないデザインであったり、単なる組み合わせでなければ登録される可能性は十分にあります。

意匠出願の際には、原則として対象製品の6面図を提出することになりますが、写真やコンピューターグラフィックスを提出することも可能です。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ネーミング採用の留意点~記述的商標~

2015年09月28日 06時11分01秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

先のブログ「ネーミング採用の留意点」では、ネーミングの分類として、「造語商標」「恣意的商標」「暗示的商標」「記述的商標」「一般名称」の5つがあることをお話ししました。
本日は、このうち「記述的商標」についてお話しします。

記述的商標とは、商標を使用する商品やサービスの品質を表す言葉からなる商標です。

ふんわり、ぷるるんなどが記述的商標の例になります。
「ふんわり」は、「柔らかくふくらんでいる商品」というような品質を表す言葉になります。
「ぷるるん」は、「弾力性に富んだ商品」というような品質を表す言葉になります。

記述的商標は、商標登録を受けることができないので、ブランド化を図るのであれば採用しないように気を付けましょう。

まとめると、次のとおりです。

記憶しやすさ
×
認知のスピード
×
認知後の定着性
×
商標登録の可否
×
権利の強さ
×


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

外国意匠の必要性

2015年09月27日 10時10分08秒 | 意匠

おはようございます。
弁理士の渡部です。

日本で取得した意匠権は、日本国内でのみ有効な権利であって、外国では同様の権利を主張することができません。
国によって独自の法律が制定されおり、それに基づきデザインが保護されています。

オリジナルの意匠を施した製品を外国で生産・販売したいのであれば、その国で新たに意匠権を取得しなくてはいけません。
いわゆる外国意匠の登録が必要となります。
外国意匠は世界各国共通しているわけではないので、それぞれの国ごとに出願します。

外国意匠の出願の際に注意したい点がいくつかあります。

・その国に意匠登録制度があるのか
・審査の有無について
・複数のデザインを1つの出願にまとめることができるのか
・部分意匠の登録の可否について
・どのような図面が必要なのか
・写真でも代用可能なのか
・ハーグ協定や欧州共同体意匠制度といった、複数国一括で意匠権を取得できる制度を利用すべきかどうか

国ごとに制度が異なるので、他にも様々な注意点がありますが、少なくとも上記点については確認しておきましょう。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

知的財産授業「私の詩がまねされた!」

2015年09月26日 10時20分03秒 | 支援

おはようございます。
弁理士の渡部です。

日本弁理士会では、小中学生・高校生を対象に、弁理士が講師となって知財を理解してもらうための知的財産授業を行っています。
豊富なコンテンツを取り揃え、コンテンツを用いた授業を行っています。

このコンテンツの一つ「私の詩がまねされた!」をご紹介します。

  授業形式 スライドによる授業形式
受講対象 高校生以上
内容 著作権を実感することができるように、ストーリーの舞台はどこにでも有るような高校、登場人物は等身大の高校生としました。パソコンクラブに所属する詩子は作詞家志望。自作の詩をブログに公開しています。その詩を誰かが勝手に雑誌に投稿したり、改変したり、といった事件を通じて、著作権の概要を理解できます。

学校関係者で知的財産授業にご興味がある方は、ぜひ当事務所までお問い合わせください。

知的財産授業:http://www.jpaa-kanto.jp/consuls/lessons
パンフレット :http://www.jpaa.or.jp/activity/seminar_support/service/pdf/titekizaisan_jyugyou.pdf


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」の収録内容が視聴できます

2015年09月25日 06時18分31秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されました。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2015年9月24日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

番組収録内容は、当事務所のホームページで視聴することができます。
ご興味のある方はぜひ。
http://shousei-tm.com/radio.html



今回は、鎌倉すざくの鈴木弘明社長をお招きし、鎌倉の炭を使った環境浄化と、ブランド名に「鎌倉」をつけるということをテーマにお話を伺いました。 

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント

ラジオ番組「鎌倉日和」、放送されます

2015年09月24日 06時11分25秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2015年9月24日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

商標登録で鎌倉ブランドを育てるお手伝い。
魅力ある商標で輝く”旬”な会社と人を、素敵なサウンドに乗せてご紹介します。

本日は、鎌倉すざくの鈴木弘明社長をお招きし、鎌倉での事業の取り組みについてお話を伺います。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント

Windows10、悪夢再来

2015年09月23日 13時02分20秒 | その他

弁理士の渡部です。

本日のブログのアップが遅れたのは、休日で寝ていたわけではなく、Windows10の対処に苦慮していたからです。

数日前、Windows10にアップグレードしました。
これがこの数日間の時間をすべてとられる始まりとなるとは思ってもいませんでした。

Windows10にアップグレードした感想を書きたいと思います。

アップグレードした瞬間に思ったことは、デザインが大幅に変わり、機能の配置も大幅に変わったと感じました。
そもそもOS(Operating System)は、安定動作することが最も重要な役割です。
にもかかわらず、Windows10は、その重要な役割を置き去りにして、デザインなどに重点を置いている印象を受けます。

私の場合、3つの壁に阻まれ、結果、Windows10の利用を断念するまでに至りました。
「私の場合」と書いたのは、他のユーザではその環境に応じた固有の現象が生じ、必ずしも私と同じ現象が生じるとは限らないためです。

【第1の壁】エクスプローラーを起動するとフリーズ

ファイルにアクセスしようと、エクスプローラーを起動したところ、フリーズしました。
何度起動を繰り返しても、100%の再現率でフリーズします。
この現象が生じている他のユーザからの情報を調べたところ、「エクスプローラーを起動するときの『起動音』をオフにすればフリーズは回避される」とあったので、試してみたところ、起動時のフリーズは回避することができました。

Windows10が「起動音」を出す機能をデフォルトでONにしたことで、デフォルトでフリーズする。
この問題を自力で回避できるユーザが一体どれほどいるのでしょうか。

【第2の壁】OfficeのインストールCDを毎回要求

アップグレード前のOSでは、Officeがインストールされていたのですが、Windows10にアップグレードした途端、Windows10の起動時に毎回なぜかOfficeのインストーラーが起動し、「インストールCDを挿入してください」と要求されます。
CDを入れて追加インストールを実行しても、この症状は「毎回」「何度も」「繰り返し」現れます。

そしてまた、この症状は、Windows10の起動時だけでなく、Word、Excel、PowerPointの起動時にも現れます。

この現象が生じている他のユーザからの情報を調べたところ、いくつか改善策が提示されていましたが、私のPCでは、どれを行っても症状が改善されず、結局、OfficeのインストールCDを毎回要求される症状が現れる状態で使うことになりました。

【第3の壁】時限フリーズ

Windows10を起動し、一定時間(約10分~15分)が経つと、フリーズします。
このフリーズは、キーボードのNumLockのランプがON・OFFすらできなくなり、強制電源OFFを余儀なくされるという最も悪質なものです。

私は、第3の壁に阻まれ、Windows10を利用することを断念し、元のOSにダウングレードしました。

WindowsXPからWindows7に移行するときも、クリーンインストール(すべてのデータとアプリケーションを削除して再びインストール)をしなければならないなど、OSとしてあり得ない対応をさせる点にも驚きを隠せませんでしたが、Windows10にも、これに近い衝撃があり、悪夢の再来を覚えました。

私は、MS-DOSの時代からのヘビーユーザーだっただけに昨今のバージョンアップは残念です。
OSの原点に立ったOSを作っていただきたい、そう願います。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

ネーミング採用の留意点~暗示的商標~

2015年09月22日 11時21分36秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

先のブログ「ネーミング採用の留意点」では、ネーミングの分類として、「造語商標」「恣意的商標」「暗示的商標」「記述的商標」「一般名称」の5つがあることをお話ししました。
本日は、このうち「暗示的商標」についてお話しします。

暗示的商標とは、商標を使用する商品やサービスの品質を間接的に表す言葉からなる商標です。

味の素、宅急便などが暗示的商標の例になります。
「味の素」は、味の素社がこの商標を使用する商品「調味料」について、「味の素となる調味料」というような品質を間接的に表す言葉になります。
「宅急便」は、ヤマト運輸社がこの商標を使用するサービス「荷物の宅配」について、「荷物を各戸へ急いで配達」というような品質を間接的に表す言葉になります。

暗示的商標は、恣意的商標よりも顧客に覚えてもらいやすく認知のスピードも速いという点で優れています。
また、恣意的商標と同様に、商標登録の可能性も高いです。
ただし、認知後の定着性については恣意的商標よりも弱く、弱い権利で普通名称化のおそれがあります。

まとめると、次のとおりです。

記憶しやすさ
認知のスピード
認知後の定着性
商標登録の可否
権利の強さ


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

特許は企業、発明者は社員

2015年09月21日 10時12分33秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

先のブログ「発明者は誰か?」で、発明者が企業なのか従業員なのかという点についてお話ししました。
これについて特許庁に問い合わせたところ、次のとおり回答をいただけました。

発明者は、従前どおり自然人(社員)となります。

今回改正となった職務発明の規定は、あくまでも特許を受ける権利の帰属についての問題であり、発明の主体は、法人ではなく、自然人(社員)であることに変更はありません。

したがって、特許出願の願書には、従来どおり社員の名前を記載することになります。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。