弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

こんなところにもある身近な特許「雪見だいふく」

2016年02月10日 06時23分30秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

私たちの身近な商品にも「特許」という表示をよく見かけます。
「特許」という字は、特別に許されたと書くので、青色発光ダイオードのような特別で優れた技術にしか与えられないイメージを抱いてしまいますが、私たちの身近な商品にも、特許となる技術があるのです。

皆さんよくお馴染みのロッテの「雪見だいふく」にも「特許」があります。
本日は、「雪見だいふく」の特許にまつわるお話を紹介します。

「雪見だいふく」の皮(アイスを包む皮)は、もち米とうるち米をある割合で混ぜて作るのですが、この皮の成分のうち、でん粉、糖類、水の割合をほどよく調整することで、長期間にわたって食感の劣化がなく、風味・食感に優れたアイスを実現しています。
特許は、でん粉、砂糖、麦芽糖、水をどのような割合にするかという点がポイントになっています。

通常、物質は冷たくなると固くなってしまうのですが、冷たいのに、あの何ともいえない柔らかな食感は、こうした技術によって作り出されているのですね。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 商標レコメンドシステム開発記 | トップ | 日本弁理士会関東支部10周... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

特許・実用新案」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事