弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

ライセンス契約「二次的著作物、他の著作物に組み込む場合」

2017年04月07日 07時20分25秒 | 著作権

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「ライセンス契約『セルオフ条項』」の続きです。

ライセンス契約に係る著作物の二次的著作物を作成したり、他の著作物に組み込んで利用したりする場合において、契約期間終了後も当該二次的著作物又は組込著作物が利用できるように契約で明記することが望ましいでしょう。
このとき、27条と28条の権利については、上記のとおりそれぞれ明記します。

二次的著作物又は組込著作物の利用対価について定める場合、利用の形態が様々に考えられるので、妥当な対価の額を定めることが難しいです。
そこで、「対価の額は団体協定に準ずる。」というように包括的に定めることもできます。

次回は、「ライセンス契約『ライセンシーの第三者対抗力』」についてお話しします。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 鎌倉と商標の仕事が好きな方へ | トップ | 川崎図書館で知財相談窓口を開催 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

著作権」カテゴリの最新記事