弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

ウェブサイトのレイアウトや建築物の内外装などを意匠の保護対象に

2018年08月19日 10時10分11秒 | 意匠

こんにちは。
鎌倉・湘南地域の弁理士、渡部です。

お盆休みのためか、鎌倉は観光客で賑わっていました。
なかなかの人出ですね。

本日は意匠法改正の話題です。

意匠法が大きく改正されることが報じられました。

「意匠」保護を5年延長 ブランドも守りやすく

特許庁が2019年の通常国会への提出を目指す意匠法改正案の全容が分かった。保護期間を5年延ばして25年にするほか、保護の対象にウェブサイトのレイアウトや建築物の内外装などを加える。企業が継続して使うデザインも保護しやすくする。技術に大きな差がない商品やサービスはデザインが売れ行きを左右する傾向が強まっているため、権利保護を強める。(2018/8/17日本経済新聞)


報道によれば改正案では、以下の3つの点が大きなポイントになっています。 

(1)現在の保護期間は20年であるが、これを5年延ばして25年にすること
(2)ウェブサイトのレイアウトを保護の対象とすること
(3)建築物の内装又は外装を保護の対象とすること

改正の趣旨は、デザインとブランドの保護です。
これには、短期的な取引の観点と長期的な取引の観点があります。

短期的な取引の観点からは、商品やサービスはデザインが売れ行きを左右する傾向が強まっていることから、企業が採用するデザインの保護を強化し、企業がデザイン開発に力を入れて収益を確保することを促すことが狙いです。

(2)(3)の改正点は、これまで意匠の保護対象ではなかった「ウェブサイトのデザイン」「建築物の内装デザイン」「建築物の外装デザイン」を新たに保護対象として認め、デザインをより幅広く保護しようというものです。
(2)については私たちに寄せられる問い合わせで多い部分です。  

これまでウェブサイトのデザインは著作権でしか保護を受けることができませんでした。
著作権は、意匠登録と異なり、真似をしたという事実が必要ですが、真似したかどうかは主観の問題ですからこれを立証することは簡単ではありません。
この点、意匠法でウェブサイトのデザインが保護対象となれば、真似したかどうかでは関係なく、デザインを比較して似ているかどうかの客観的な判断で侵害かどうかを判断することができるので、現行の保護制度とは大きな違いが生み出されます。

長期的な取引の観点は、企業が優れたデザインを長く使い続けることで、アップルが作るイメージのように「あのデザインといえばあの企業だね。」という印象づけを消費者に対して行うことにより、消費者が企業を気に入って繰り返し購入することにつながります。

これをブランド化といいます。

ブランド化は、代表的には商標などのマークを用いて行うものですが、デザインを用いて行うこともあります。
この保護を強化し、企業がブランド化に力を入れて収益を確保することを促すことが狙いです。  

(1)の改正点は、ブランド化のためには、デザインを顧客に印象づけるためにはデザインを長く使い続けることが必要となるので、これまでの20年から25年の保護とすることでブランド化の取り組みを保護しようというものです。
25年の保護期間は、国際的にみて欧州など並び最も長い期間になります。 

ブランドの観点からすれば本来的には有限の期間ではなく、商標のように更新を経て半永久的に保護する制度が馴染むのですが、デザインを意匠で保護するとなると、どうしても保護期間の上限を設けざるを得ません。
25年間使い続け一定の認知度を得たデザインについては、商標登録を認めるなどして、半永久的に使い続けられるように切り替えられるとよいです。   

(2)(3)の改正点は、ブランド化にも影響します。コメダ珈琲の事件が記憶に新しいですが、店舗の外装デザインなどでお店を識別することが行われています。
この事件は不正競争防止法で保護を受けることができましたが、コメダ珈琲のように店舗の外装デザインが有名であったという条件が必要になります。
知名度がないデザインが保護されるケースではないので、多くの企業には当てはまらない事例です。

この点、意匠法で店舗の外装デザインが保護対象となれば、意匠登録を受けられれば知名度にかかわらず保護を受けることができるので、現行の保護制度とは大きな違いが生み出されます。

特許や意匠など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2018 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。