善然寺よもやまばなし

横浜の浄土真宗本願寺派(お西)のお寺です。
電話 045-741-2351
http://zennenji.com/

お内陣に・・・巻

2015-11-27 | Weblog

本日は13:30から蕎麦打ち教室です興味のある方は是非いらっしゃ~い

ハーイ坊守 さみ~あんたな

写真は報恩講の日のお朝事直前

ホクトが考え事をしています

お内陣に椅子が並んだんだ~

善然寺のお内陣に新調の椅子が整えられました

住職は登礼盤を前門様におなじく椅子風に昨年からとりいれています

お内陣のご法中にも椅子を華籠(華葩の籠)を持ちやすい高さ・・・・

昔だったらとんでもないと言われたでしょうが ご本山や築地本願寺も改革されておられますので時代の波に乗ってます 足が痛く正座が無理なお年頃でもお勤めはしていただかねばね~

ホクトに住職は「今日は報恩講 報恩講・・」何度も言い聞かせていました。犬の耳に念仏

そんな報恩講の朝でした

(住職は正座は少しできるようになってきています あしからず)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さやいんげんは越後の笹の葉の巻 | トップ | 新作鍋つかみの巻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
郷土の味 (つる)
2015-11-27 13:27:41
こんにちは。ここ数日寒いためか、なんか気味です。

住職や坊守は、関東の味にすっかり慣れたでしょうか。私は、まだ「九州のもんやないと、つまらん」とこだわっているところがあります。仕事のときは諦めますけど。
ラーメン、うどんです。博多ラーメンの看板を掲げていても当たりはずれがあるので、同僚のネットワークを通じて店を決めます。
うどんは、ご存知かもしれませんが、相鉄横浜駅構内の「星のうどん」ここは、お勧めです。立ち食いですが、九州のうどんの味でなかなかです。ささがきごぼうのごぼう天うどんに一膳茶碗のかしわめしの組み合わせがイチオシ。仕事中に開拓しました。

あとは、九州の甘いとろーっとした刺身しょうゆです。妻の鹿児島から送ってもらっています。回転寿司屋に行くときも、小さなボトルに入れてマイしょうゆ。安い寿司が少しグレードアップした気分でまいうーです

私がまだ19歳の冬のことですが、バス待ちでお腹がすいて、目の前にお店があったのでヤマザキの肉まんを買うことにしました。「豚まんくださーい」と言うと店の女性が「あなた、西の方のお方でしょ?こっちの人は肉まんって言うんですよ」これはびっくりなんていう経験をしました。
そうちゃ~ (浜の坊守)
2015-11-28 11:28:11
つるさま
コメントをありがとうございます。
そうちゃね~九州のおうどんが食べたくなります。讃岐とは違うふっくら煮た薄味のお汁のおうどんが懐かしいです。こちらのおうどんでは肉うどんというと豚肉なのがガッカリ 牛こま肉の味が恋しくなります。住職は小倉駅の何番線かのホームまで少しの合間の時間でも食べに行きます。今は豊前の義弟がそれを知って食べるそうです。うどんとかしわ飯が美味しいそうです。小倉駅を利用することがなくなり北九州空港のチャンポンと皿うどんを食べて満足して帰ってくることに代わってきました。
舌はこちらのお醤油に慣れたとおもう時もあります。回転までご持参とは はっはっは~ですわ~
時々チャンポンが食べたくなり先日リンガー○○へ行きましたが懐かしいあの味には会えませんでした。近所のスーパーの自分で作る簡単チャンポンのほうがよっぽど懐かしさが漂っていました。
九州ならではの文化を大切にしたいです。三角おいなりさんも当たり前でしたがこちらは長方形ばかりですしね~子供のころ 串団子の絵やテレビが不思議でした。身近に串団子が売られてなく 大福もちもしりませんでした。自家製芋餅(石垣のような蒸し小麦粉餅)と破れ饅頭が当たり前でした。あ~色々懐かしくなってきた~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。