まほろば自然博物館

つれづれに、瀬戸のまほろばから自然の様子や民俗・歴史や見聞きしたおはなしをしたいと思います。

枝先の 紅ほのかなる 初夏の風

2016年04月20日 | お役目ごくろうさまであらっしゃいます。

 さぬき市地方は高気圧に覆われて晴れていた。気温は8.2度から19.2度、湿度は94%から62%、風は1mから3mの東北東の風が少しばかり。明日の21日は西日本付近を通過する前線を伴った低気圧の影響で、昼前から夕方にかけて雨が降る見込みらしい。

 

 当番制で回って来る自治会長のお役目。自治会長と言えば聞こえはいいが、集金と広報類の配布が主な役目。それが毎月の20日になっている。

 

 その前に、香川県立図書館に行って来た。この前に借りた本の返却期間が明日になっているので、お役目の前にやってきたと言うわけ。植え込みの「アキニレ」の若葉が少しずつ吹き出して来ている。

 

 で、五冊の本を返却して、また、新たな本を五冊借りて来た。今回は、特に調べたいこともないので、気楽に眺められる本ばかりになった。

 

 その後、JAバンクで、貯金を引き出して・・・

 

 こういうお役所に行って、「日赤社資」を納めてきた。本来は、それぞれのおうちから集金するのだろうけれど、この集落では自治会費から出資することになっているらしい。

 

 次に郵便局から、自治会堂の浄化槽の定期検査料金を振り込んでおく。ついでに、わが家の検査料金も振り込んでおいた。こういうものは年に一回だけである。

 

 その足で、銀行さんに寄って、明日の病院代・・・予約診察の費用を引き出しておく。明日は病院に行く日になっている。

 

 お役目が一段落したら山の旧宅をのぞいてみた。あちらこちらにタケノコが出ている。あんまり欲しくもなかったが、伸ばしても困るので掘るというよりか、切り捨てた感じ。こんなにはたくさんもいらないので、道ばたでワラビを探しているおじさんに押しつけたが、あんまり、嬉しそうな顔でもなかった。もう、タケノコには飽きた時期かも知れない。

 

 それでも鍋いっぱいになった。湯がいて味付けしたら、うちの迷犬ごんも食べるかも知れない。

 

 で、本来のお役目の公報配布と会費の集金である。お昼の時間帯がいい家と、夕方でないと、お勤めに出ていて帰っていない家とがあるので、おいでになるおうちから配ってきた。こういうものを配るのをやめる為に「CATV」を導入したのだけれど、どうしても「紙」でないと安心できない人がいるらしいし、広報誌やら「お知らせ」なんぞを作る人のお仕事がなくなると困るらしい。

 

 こうした耕作放棄地がぐんと増えた。この集落は3軒が空き家になったし、10軒の集落でも、農家はわずかに3軒になった。過疎が進んできて、その上に高齢化も進んできたからだ。

 

 夕方までの待ち時間には、講演会用のパワーポイントをなんとか一時間以内に納められるように削ってみたのだけれど・・・。はてさて、時間短縮になるだろうか。

 

 今日の掲示板はこれ。「金ためて何をするぞと思いしに 煩悩ふやすことばかり」というもの。どこのどなたの言葉かはわからないが、お金を貯めたことのない私には、お金を貯めれば煩悩が増えるのかどうか分からないが、お金がなくても煩悩は増えて増えて困るのだけれど。

 

じゃぁ、また、明日、会えるといいね。


コメント   この記事についてブログを書く
« ただ無心 風に任せる 藤の花 | トップ | 山吹の この時期だけの 褒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お役目ごくろうさまであらっしゃいます。」カテゴリの最新記事