閑人の暇つぶし

気ままな自然観察日記 “Idler's idle talk and nature photos”

キアシキンシギアブ

2017-06-17 | 昆虫

ちょうど2年前の6月にも載せたことがあるが、金色に輝いている綺麗なシギアブ科のキアシキンシギアブ。今月初めに瀬戸市の海上の森で見掛けた。名前の由来は、鳥のシギのように脚が長いところからシギアブとなったらしいが、これは“黄色い脚をした金色のシギアブ”ということだろう。体長は1㎝ほどだ。

昆虫は、派手な色をして外敵から身を守ったり、仲間同士の識別のために多種多様な色をしているものが多いのだろうが、煌びやかな金色に輝いている虫は珍しい。躰が小さいからまだしも、このアブはちょっと目立ちすぎで、蜘蛛や鳥などの外敵に見つかりやすいのではないだろうか。1年のうち今頃だけしか見られない金色の虫に出会ったのだから、何か良いことでもあるといいのだが・・・(笑)。










『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キスジホソマダラ | トップ | アジサイ (1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

昆虫」カテゴリの最新記事