北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

北見ブックレット第13号「北見の彫刻・彫像MAP」発刊

2019年03月14日 12時09分16秒 | つれづれ読書録
 NPO法人オホーツク文化協会からご恵送いただきました。
 ありがとうございます。
 ブックレットの一冊ということですが、この号に関しては、冊子のようにとじてはおらず、折り畳み式のマップになっています。

 北見市内にあり、屋外・屋内問わず、公共の場にあって見ることができる39の彫刻を、写真と短い文章で紹介しています。レリーフのついた記念碑なども含みます。
 緞帳や壁画などは対象になっていません。
 すべての彫刻について、所在地を示す地図がついているのは、すばらしいと思います。

 網羅されている彫刻について、下にリストにしておきました。
 かっこ内は作者で、記載のないものは、作者不明の作品です。
 「北見の彫刻・彫像MAP」には、作品によっては揮毫した人の名も明記しています。
 
 個人的には、いまやカーリングのまちとしてすっかり有名になった北見市常呂に砂澤ビッキの大きな木彫が5点もあるというのはビックリでした。まったく知りませんでしたから。
 これは、いつか見に行かなくては。
 
 編者の小川清人さんは、オホーツク地方を代表する長寿美術グループ「GROUP 斜面」の一員。
 鉄道ファンで、ふるさと銀河線の存続運動などにかかわったほか、現職の北見市議でもあります。

 どうやら2011年に計画が始まった小冊子がようやく形になったということのようです。

 税込み700円。
 どこで売ってるのかな?


 以下、取り上げられている彫刻のリスト。
 仔細に眺めていくと「前田駒次像」は「前田駒次翁像」じゃないかとか、思うところはありますが、とりあえず。


 北見自治区
北風賛歌   (坂坦道)
前田駒次像 (中野五一)
伊谷半次郎像(中野五一)
三輪龍揚像 (本郷新)
小林篤一像 (本郷新)
雪華     (坂坦道)
坂本直寛顕彰費
澤本楠弥開拓記念碑(門田修充)
バレリーナ (高橋剛)
愛の鐘   (多田紘一)
屯田時計塔 (鈴木吾郎)
佐藤猪之助像 (中野五一)
名塩良造像  (中野五一)
守谷富太郎像(山名常人)
北の空・香る (伊藤隆道)
舞・I    (中井延也)
竜      (首藤晃)
地下水系   (小川研)
対話     (松本隆)
考える人   (春日野幸男)
進化景色V  (土田義昌)
五島慶太像  (菊池一雄)
奏楽女人像  (中野五一)
豊かな実りのために(小川研)
河原鶴蔵像  (中野五一)


 端野自治区
生誕     (安田侃)
無何有(むかゆう、安田侃)
加藤弥四郎像 (坂坦道)
屯田開拓顕彰像(坂坦道)


 常呂自治区
北の動物たち (砂澤ビッキ)
北の動物   (砂澤ビッキ)
北の星座A・B (砂澤ビッキ)
無題     (砂澤ビッキ)
分水嶺A・B  (砂澤ビッキ)


 留辺蘂自治区
躍動     (小野寺紀子)
佐野準一郎像 (中野五一)
坂本悟郎像
はたち    (石谷孝二)
斉藤幹正像  (砂原放光)
常紋トンネル工事殉難者追悼碑(本田明二)
尾崎天風像  (中野五一)
関量一顕彰碑
源のしらべ  (藤井忠行)
どまーに   (藤井忠行)




□NPO法人オホーツク文化協会 https://okhotsk-culture-ass.jimdo.com/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/

北見の野外や公共施設で鑑賞できる…彫刻、モニュメント紹介へ オホーツク文化協会、冊子発行を計画 (2011)
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 3月13日(水)のつぶやき その2 | トップ | 3月14日(木)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ読書録」カテゴリの最新記事