北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

ギャラリー犬養への道 (アクセス)

2016年05月03日 01時11分00秒 | ギャラリー、美術館への道順
(17年9月、改稿しました)

 ギャラリー犬養への道順(アクセス)はそれほど難しくありません。

 地下鉄東西線の菊水駅で降りて、2番出口から出て、マックスバリュ(旧札幌フードセンター)のある交叉点を南西方向に左折し、そのままひたすら直進します。
 そして、車線が急に減少したあと、次の信号を右に曲がれば、すぐに入り口があります。
 この間、約650メートル、歩いて8~9分程度です。

 なお、裏技として、中央バスの「豊平橋」停留所から行く手段もありますので、最後に触れます。




 地下鉄の出口は「2番」が最短です。
 菊水駅はやたらと構内が広いので、間違えるとたいへんです。
 もちろん、他の出口からも行けないわけではないんですが。


 マックスバリュの店内を通っても、地上に出ることができます。


 地上に出たら、左に行きます
 左は、豊平川や一条橋の方向です。
 なお、右は東札幌のほうです。



 マックスバリュ(左)がある交叉点を、左に曲がります。
 先ほども書いたように、この交叉点を直進すると一条橋に出ます。


 左に曲がったときの風景。この道路(通称、大門通)をひたすらまっすぐ進みます。


 少し進むと、左手に「シャンポール菊水西町」という集合住宅が見えてきます。菊水は、現行の住居表示が敷かれる以前は、菊水西町、菊水北町、菊水東町、菊水南町に分かれ、タクシーの運転手さん泣かせのわかりづらい地区でした。


 大門通は、途中から片道3車線という、無駄に広い道路になります。
 片道3車線は、市内でも石狩街道、南郷通、北1条宮の沢通、羊が丘通、厚別通など、数えるほどしかありません。
(大門通という名は「水曜どうでしょう」の「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」で大泉洋の演じた役の名として知られています)




 片側3車線は突然終わり、道幅が狭くなります。ここまでくると、あと一息です。


 コインランドリーが見えてきたら、曲がるべき交叉点はすぐです。




 この交叉点から右に折れます。
 ちなみに、この次の信号は、国道36号との三叉路です。

(それにしても、右手前のポスター、「新世紀エヴァンゲリオン」を意識しすぎで、いつ見ても笑ってしまう)


 右に曲がると…。



 古い車庫の建物の手前に、「犬養」と表札のついた門柱があります。ここが、ギャラリー犬養の敷地の入り口。
 車もここから入ってください。奥に駐車場があります。






 着きました。




 一方、バスだと、あまり歩かなくて済みます。
 「豊平橋」停留所でおりて、徒歩3分ほどです。

 中央バスは
「札幌駅前」(東急百貨店の前など)
「北1条」(わくわくホリデーホールと市役所の間)
「南1条」(札幌シャンテ前)
「南4条」(南4西1。ダイワロイネットホテルの向かい)から乗れば、月寒、平岡、西岡、北広島、千歳方面行きのバスの大半が利用できます。ただし、平岸経由とある路線だけは、国道36号を経由しないので、注意が必要です。
 また、千歳行き「急行」は、豊平橋は通過します。

 南4条→南4条東1丁目→豊平橋と、すぐ着いてしまいます。
 プレミアホテル―TSUBAKI―札幌(旧ルネッサンスホテル)の前です。


 この先、神田クリニックとコインパーキングの間の細い道を入っていくと、ギャラリー犬養の敷地です。
 ただし、途中に低い柵があるので、それを乗り越えなくてはいけません。。

 立ち入り禁止の表示はないし、誰か注意されたという話も聞いたことはないのですが、不法侵入しているようで、どうにも気が進みませんね。
 その先の信号のある交叉点(角に「日の出クリーニング」があります)を左折してぐるっと回って、上記の門柱のところから入ったほうが無難でしょう。
 それでも、菊水駅から行くよりははるかに近いです。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 5月2日(月)のつぶやき その3 | トップ | 木田金次郎美術館の2016年度日程 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがたいです (紫乃)
2016-05-05 05:24:12
このような親切な記事、とってもありがたいです。
今まで興味はあっても辿り着くのが難しそうでなかなか行けなかった犬養さん、やっと行けそうです!
紫乃さんこんにちはー (ねむいヤナイ@北海道美術ネット別館)
2016-05-05 10:26:35
ありがとうございます~(^^)
お役にたてればうれしいですU+1F604

このシリーズは今後も続けていく予定で、黒い森美術館を近日中にアップします。
取り上げてほしいギャラリーなどがありましたら、お知らせください。
ちなみに (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2016-05-05 12:38:16
犬養への道順についてはウリュウユウキさんのサイトに、わかりやすいページがあります。

http://www.yuukiuryu.com/view/route/
バスで犬養へ。 (怜な)
2016-05-13 19:28:49
こんばんは。
バスを利用して、ギャラリー犬養に行ってきました。
東急デパート前の1番乗り場に、6つのバス路線があり、とても便利なことがわかりました! ご紹介をありがとうございます。
「豊平橋」下車後、行きはパイプ越えし、帰りは信号を渡って道順を確かめてきましたが、多分、もう迷わないと思います。

帰りに、ギャラリー創と、ト・オン・カフェに寄ってきました。
Re:バスで犬養へ。 (ねむいヤナイ@北海道美術ネット別館)
2016-05-13 19:32:40
怜なさん、いつもありがとうございます。

東急百貨店の前からは、2番の乗り場からも大半の路線が豊平橋で止まると思います。

このシリーズ、今後も続けたいです。リクエストがあれば教えてください。

コメントを投稿

ギャラリー、美術館への道順」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事