北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

長万部町学習文化センターへの道

2018年02月03日 12時34分56秒 | ギャラリー、美術館への道順



 前項「【告知】長万部写真道場 再考ー北海道における写真記録のこれから」で記したように、会場の長万部町学習文化センターは、JRや車ではじめて来る人には、すこしわかりづらいと思います。

 JR長万部駅には、東側にしか出入り口がありません。
 国道5号や、駅前商店街は、JR函館線の東側で、町を南北に貫いています。
 しかし、線路の西側にも幹線道路が南北に走り、学習文化センターなどおもな文化関係施設はほとんどその通りに沿っています。

 さらに、その道路と線路の間にも道路があり、そこには長万部温泉街があります。昭和のころからほとんど変わっていない、レトロ好きにはたまらないたたずまいです。

 ここでは、JR長万部駅から、長万部町学習文化センターに行く道順を解説します。
 この経路は、Google やgooマップ、カーナビゲーションなどではわかりません。
 ただし、筆者は近年長万部を訪れていないので、google のストリートビューからスクリーンショットでダウンロードした画像を貼り付けてみました。

 長万部駅を降りたときに、目に入る光景です。
 正面にまっすぐ、国道5号や海(噴火湾)のほうへ伸びている道路は「駅前通」で、2007年に開通した新しい道路です。
 この道路の入り口あたりに、長万部写真道場の澤博さんが経営していた「長万部食堂」がありました。食堂を取り壊してつくられた道路ということになります。

 駅前広場から数十メートルすすむと、JR函館線と平行して走る町のメインストリートがあり、かにめしで有名な「かなや」などがあります。


 今回は、そこまでは行かず、駅をおりたらすぐに左に曲がって、線路のすぐ脇の細い道を直進することにしましょう。


 北海道新聞の販売店のちょっと先で、左に入ります。


 すると「温泉近道」の看板が立っていて、その先には、人道跨線橋こせんきょうがあります。
 JR函館線をまたぐので、鉄道写真を撮るにもよいポイントだと思います。
 ただ、1973年設置なので、かなり老朽化しているようです。


 跨線橋をまたいで、線路の西側の道路に出てきたところ。JRの長万部保線管理室がたっています。
 道路に出たら、右に曲がります(この画像は、跨線橋を降りて、振り返ったところなので、左になります)。


 温泉街の中を通ります。
 冒頭の地図で、線路のすこし左側を上下に通っている直線道路です(線路のすぐ左にある踏み分け道ではない)。
 右手にあるのは「バーミモザ」で、カクテルが飲めたりカレーが食べたりできる、しゃれたスポットです。


 しばらく行き、丸金旅館の先を左に曲がります。


 左に曲がってしばらく行くと、片側1車線ではありますが、わりあい広い道路に出ます。これを左に曲がります。


 道なりに進むと、右手には町民センターがあります。前庭には、本郷新の彫刻が並んでいるので、
美術ファンはお見逃しなく。
 左奥に見えるひときわ大きな建物が学習文化センターです。図書館と文化ホールを併設しています。
 

 というわけで、駅前からタクシーで来てもいいのですが、跨線橋を渡って歩いていくと10分かからないと思います。

 ただし、この跨線橋、真冬の除雪がどうなっているかなどは、筆者はわからないので、ご了承願います。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月2日(金)のつぶやき その2 | トップ | 2018年1月30、31日は計2カ所... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ギャラリー、美術館への道順」カテゴリの最新記事