北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

ギャラリー ivory(札幌)が2019年11月閉鎖

2019年08月21日 11時21分01秒 | 情報・おしらせ
 札幌のギャラリー・アイボリーがことし11月30日をもって閉館するという記事が、ギャラリーの Facebook ページに載っています。



 「HOKUSEN Gallery ivory」は、中央区南2西2の「NC HOKUSEN ブロックビル」の4階にある貸しギャラリーで、札幌の中心部にあるギャラリーでは最も新しい部類に属します。
 2004年に筆者が札幌を離れたさいにはまだオープンしておらず、06年に戻ってきたときにはすでにあったので、04年か05年に開設されたようです。
(筆者がいちばんはじめに認知したのは、2005年11月の下沢敏也さんの陶芸展です)

※追記。北海道新聞によると、2005年3月オープンらしいです。こけらおとしは五十嵐威暢さんの作品展だったそうな。


 写真展や学生のグループ展など、幅広く利用されていました。
 廊下側が全面ガラス張りで、明るい室内でした。
 とくに学生写真部の卒展や、イラストのグループ展は、ここを利用することが多かったという印象があります。

 2007年の「micro@ivory」とか、懐かしいなあ。

 閉鎖の理由などは明らかにされていませんが、残念です。

 2010年代に入り、それまで増えていた札幌圏のギャラリーは明確に減少傾向に転じました。
 とくに写真などの場合、ギャラリーでプリントを発表しなくてはならない必然性がないわけです。
 ただ、いまはそれほど重大な影響はないとしても、今後、札幌市資料館が改修工事に入るなど、会場自体が不足に陥る可能性もあり、少しく事態を見守りたいところではあります。


コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年8月20日のツイート | トップ | 2019年8月21日のツイート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。