北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

■Snow Scape Moere 6 澁谷俊彦「SNOW PALLET」(2月18~20日)

2011年02月25日 22時10分01秒 | 展覧会の紹介-現代美術
 
Toshihiko Shibuya "SNOW PALLET”
 







 札幌在住で、モノタイプ版画から、近年は発表会場を意識した独特のインスタレーションを展開している澁谷俊彦さん。
 今回のモエレ沼公園での発表は

雪を使った、しかし雪像ではないアート

という意味で、劃期かっ き 的な、これまでにないタイプの作品だといえそうだ。

 雪景色を題材にした絵は、これまでおびただしい作品が描かれてきたが、雪そのものを作品に取り込んだのは、美術史の中でも初めてではないかと思う。
 
 基本スタイルはこれまでとおなじ。
 円盤の下部に塗った明るい色彩が、すぐ下の白い面に反射して見える。
 従来は白い板や床だったりしたものが、雪になっているのだ。

 ダン・フレンヴィンみたいに、電気仕掛けで作品が発光しているのではないし、ろうそくなどが仕込まれているのでもない。
 雪の上に見えているほのかな色彩は、あくまで反射光によるものだ。
 そのために、クリアな色調でありながらも自己主張しすぎない、控えめなたたずまいになっているのだろう。雪のやわらかさが、適度に色の光を吸い込みつつ反射し、東洋的とでも言えそうな静けさを演出している。

 繊細な光と色の作品であるだけに、ガラスのピラミッドの窓越しにしか見られなかったのが、唯一惜しまれる。
 まあ、保守管理の面などを考えれば、どか雪や暖気の直撃を受けず、作品が見られたことに感謝すべきなのだろうが。


 このインスタレーションは、毎冬展開されている「snow scapemoere(スノースケープモエレ)」の展示の一環。
 ほかの展示については別エントリで紹介する。
 時間の都合で筆者は、レクチャーやワークショップには参加できなかった。


2011年2月18日(金)~20日(日)11:00am~5:00pm(19日は~8:00pm)
モエレ沼公園ガラスのピラミッドとその周辺


□snowscape moereのサイト http://www.sapporo-park.or.jp/moere/ssm/2011/

□澁谷俊彦さんのサイトhttp://toshihikoshibuya.com/

PLUS ONE THIS PLACE(2010年9月)

PLUS 1 +柴橋伴夫企画 空間の触知へ-連鎖の試み 藤本和彦 澁谷俊彦(2009年8月)
澁谷俊彦展-森の雫09- 茶室DEアート (2009年7月)
澁谷俊彦個展-青い雫09-

澁谷俊彦展 森の雫(2008年3月) ■つづき

渋谷俊彦個展(07年11月)
絵画の場合展(07年1月)

渋谷俊彦展-瞑想の森-(06年9-10月)

絵画の場合2005
絵画の場合2004
渋谷俊彦展-大地の記憶(04年)
渋谷俊彦展-森の鼓動(03年)
渋谷俊彦展(02年)
二人展「交差する座標軸」(02年、画像なし)

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 崎山和子(かづこ)さん死去 | トップ | 2月25日(金)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雪との調和 (怜な)
2011-02-25 23:05:31
円盤の下の色が雪に反射している、とても美しく、やさしい景色ですね。
渋谷俊彦展は心を鎮める、坐して眺める世界観のように思います。
今年も展覧会はあるのでしょうか?
ぜひ、観たいと思っています。
怜なさんこんばんは (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2011-02-26 21:29:15
澁谷さんのサイトを見ると今後の予定が書いてあると思います。
ただし、今回のは雪がないと難しいので、しばらく見られないかもしれないですね。来年あたり、芸森の中庭あたりでやらないかな~?
Unknown (澁谷俊彦)
2011-02-27 17:22:07
ビンゴ♪♪
ありがとう (根保孝栄石塚邦男)
2011-02-27 22:49:53
色々素敵ないい作品紹介していただきありがとうございます。
Unknown (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2011-02-28 23:28:25
澁谷さん、根保孝栄石塚邦男さん、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。