北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

松本純一「時の石」(上川管内美深町)

2019年08月22日 18時57分09秒 | 街角と道端のアート
(承前)

 上川管内美深町の文化会館COM100 にあるパブリックアート。
 こんどは、館内ではなく、外にある作品です。

 長さ5メートルではきかないと思われる石彫の大作。

 巨大な魚が泳いでいるようにも見えます。
 曲線を主体としたつくりが、動感を出しているのでしょう。

 美深といえば、チョウザメの飼育でも有名なので、あるいはそれを意識しているのかもしれません。

 作者は松本純一さん。
 さいとうギャラリーの入っているビル「ラ・ガレリア」の前に設置されている元気小僧の作者で、札幌の美術ファンなら知らない人はいないと思います。


 さて、これまで延々と続いてきた美深・名寄シリーズですが、次回が最終回です。


関連記事へのリンク
「ロセトの像」(網走)
紋別でふと見かけたアート
松本純一「つるつる小僧」 釧路の野外彫刻(19)



コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年8月21日のツイート | トップ | 2019年8月21日夜と22日のツイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。