北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

■ちかしとおし 神成邦夫・山岸せいじ展 (2019年2月14~19日、札幌)

2019年04月15日 21時56分08秒 | 展覧会の紹介-写真
 
 会場の入り口に、次のようなテキストが貼ってあった。
 誰が書いたのかは、聞き漏らした。



 いま札幌で、いわゆる「写真」ではなく、「写真を使った表現」に最も精力的に取り組んでいるふたりの展覧会。

 神成かんなりさんはカラー11点。

 もともと、道内の各地にレンズを向けながらも、観光パンフレットやネイチャーフォトで見られるような雄大で崇高なイメージの北海道とは正反対の風景を撮り続けてきた神成さん。
 写された風景はまさに“anonymous"(無名)というのにふさわしいが、とりわけ今回は、特色のまったくない写真ばかり。

 撮影地の見当がつかないし、たとえそれが附記されたところで、ほんとうかどうかを判断する材料もない。

 曇天の下、原野や草地、新興住宅地が広がるばかりだ。

 しかしそれが、たとえばホンマタカシの「郊外」にも似て、「北海道のリアル」であることを、無言のうちに語っているようだ。
 


 山岸さんの近年の方法論は一貫している。
 ファインダーをのぞかずに車窓などからシャッターを押して撮影した映像から、発表のつど選んで、大きくプリントしている。

 写真というのはあくまで素材であり、山岸さんにいわせると、画材のようなものだという。

 今回は、九州地方で撮った写真などカラー8点。
 ピントもブレも関係なく、まるで自動書記のようにオートマチックに切り取られた画像は、人間の意識の原初的な部分に眠っている波動のようにも感じられてくるのだ。




2019年2月14日~19日(火)午前10時~午後7時(最終日~5時)
アートスペース201(札幌市中央区南2西1 山口中央ビル6階)


関連記事へのリンク
公募 第10回茶廊法邑写真展 (2018)
神成邦夫展 Surface HOKKAIDO (2018)

第4回丸島均(栄通記)企画 群青―ぐんせい― (2017)

神成邦夫写真展 HORIZON ―北海道―内界と外界の境界線 (2016)

「Photo Session 1006」My White Season (2010)
PHOTOGRAPH EXHIBITION MOVE 3 part1 (2010)



ILA Gallery が札幌にオープン。第1弾は山岸せいじ展(2018)
山岸せいじ展 しずかなじかん (2018年5月)■バックボックス展 (2018年4月)

鎌田光彦・山岸せいじ (2017)

帯広コンテンポラリーアート2016 ヒト科ヒト属ヒト(2016)

山岸せいじ展 photographic works あわいを覗く そこは素粒子が乱舞する処かもしれない。 (2014)
防風林アートプロジェクト (2014年2月)
「和」を楽しむ(2014年1月)

【告知】山岸せいじ展 あわいを覗く そこは原子ひとつ隣の世界かもしれない photographic works(2012)

【告知】かげ展(2011年)

PHOTOGRAPH EXHIBITION MOVE 3 part1 (2010年)

さっぽろフォトステージPart1 (2009年)
遠くを聴く この言葉で繋がる7人の世界(2009年11月)
東川フォトフェスタ ストリートギャラリー (2009年8月)
PHOTOGRAPHY EXHIBITION MOVE 2(2009年2月)

光を編む この言葉に触発された13名の作家達が織りなす世界
東川町フォトフェスタ
ARTIST WEEK vol.1 "air"
Seiji Yamagishi、Takashi Yamaguchi 景一刻
MOVE (以上2008年)

たぴお記念25th + 13th 異形小空間(07年12月-08年1月)
OPERA Exhibition vol.2 (07年)
足立成亮写真展「事の終わり」・micro.の記録展(07年4月)
スネークアート展(07年3月)
山岸さんの個展「景」 (07年3月)=くわしいプロフィルと、2000~06年の展覧会へのリンクあり
『芸術(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年3月にアクセスが多かっ... | トップ | 4月15日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

展覧会の紹介-写真」カテゴリの最新記事