北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

■山下康一新作小品展 (2015年9月21~26日、札幌)

2015年09月24日 20時08分07秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
 
 今回の山下康一さんの個展については、画像を見てもらえれば分かるし、実際に会場に足を運んでいただければ、もっとよく伝わると思う。

 筆者がとくになにか付け加えることはあまりない。

 そこにあるのは、水彩で丹念に描いた北海道の風景画25点ほどだ。
 (山下さんがアトリエを構える長野県の白馬や大町なども5点ある)

 利尻岳や知床などを描いた絵もある。
 しかし、多くは、何気ない、どこにでもありそうな風景である。



 いちばん左は「雪の丘」。

 ほかに「原野の川」「防風林」「残光」「荒波」「残雪」などと題された作品が並ぶ。

 これこそが、北海道だと思う。
 列車やバスの窓から、ふいに眺めたとき、道内であれば、ごくありふれたといえそうな景色である。
(札幌に引きこもっている人には分からないだろうが)

 しかし、その平凡さが、わたしたち道産子にとっては、ひたすらに懐かしさを感じさせるのだ。

 「樹」は、雪原にぽつんと立つ木の絵だ。
 「原野の川」は、緑の中をとうとうと流れる川を描いている。
 人影はなく、建物も描写されていない。


 筆者は「無名(アノニマス)」ということについて考える。
 とりたてて特徴のない土地。
 名前のないような、場所。
 写真でいうと、酒井広司さんがよく撮っているような、そんな風景。

 しかし、固有名を持たないからこそ、普遍的な輝きを帯びた風景。

 それこそが、わたしたちの帰っていく場所なのだろうと思う。


 付け加えることはない、と言いつつ、冗語を連ねてしまった。すみません。
 ただの写実的な風景画なのに、何が魅力的なのだろうと考えた結果です。

 なお、山下さんは、上川管内音威子府村のビッキアトリエ3モアでも、絵画展を開催中です。


2015年9月21日(月)~26日(土)午前10:30~午後6:00(初日11:30~、最終日~3:00)
ギャラリー粋ふよう(東区北25東1)

□絵と旅 http://etotabi.exblog.jp/

関連記事へのリンク
山下康一作品展―生生(しょうじょう)無辺 (2014)
【告知】山下康一作品展 (2013)
山下康一作品展 (2008年)
山下康一作品展 (2003年)




・中央バス「北26条東1丁目」から約170メートル、徒歩3分(札幌ターミナル、北5西1などから「02屯田線 屯田6の12行き」「22 あいの里篠路線 あいの里4の1行き」「34 35 36 篠路駅前団地線 篠路10の4行き」「39 ひまわり団地線 あいの里4の1行き」に乗車

・中央バス「北24条西2丁目」から約500メートル、徒歩7分(札幌ターミナル、北5西1などから「09 新琴似線 中央バス自動車学校行き」「14 花川南団地線 石狩庁舎前行き」「16 花畔(ばんなぐろ)団地線 石狩庁舎前行き」に乗車。帰路(上り)は「北26条東1丁目」から乗れます

・中央バス「北24条東1丁目」から約500メートル、徒歩7分
(東営業所―東豊線「元町駅」―北24条駅を結ぶ「元町線」)

・地下鉄南北線「北24条」駅から約800メートル、徒歩10分


山下康一 風景画の世界展
=2015年9月12日(土)~27日(日)午前9:30~午後4:30(最終日~3時)、14・24日休み
砂澤ビッキ記念館ギャラリー(音威子府村)

・JR筬島駅から徒歩

コメント   この記事についてブログを書く
« 9月23日(水)のつぶやき その2 | トップ | 9月24日(木)のつぶやき その1 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。