北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

オホーツク管内遠軽町の生田原小学校にある「たたら校園」

2019年11月22日 19時12分00秒 | 街角と道端のアート
 北海道は遠軽町の生田原小学校に「たたら校園」がある。
 敷地内ではあるが、学校のある土地とは植木で区切られ、国道からのほうが入りやすい。

 ここは、荒れ放題のごみ捨て場のような土地だったというが、鑪治という先生が児童とともに、何年もかけて自ら整備し、1931年(昭和6年)ごろに完成した。
 「鑪」は、たたらと読む。

 池などもあって、なかなか風情のある一角だ。


 国道寄りの場所(バスの待合所が見える)には、シロクマのような立体が二つ。

 さらに、木の枝を模したような、彫刻とも遊具ともつかぬ物体が一つ置いてある。

 これらを野外彫刻のカテゴリーに入れて良いのかどうか、迷う。
 作品名や作者名などは記されておらず、「北海道の野外彫刻マップ」にも記載はない。

 ただし、たたら校園内のちょっと離れた場所に、彫刻家が作った人物像が設置されているので、それは次項で紹介したい。









・JR生田原駅から約1.6キロ、徒歩21分
・北海道北見バスの遠軽ターミナルーキララン清里線「生田原小学校前」降車すぐ


コメント   この記事についてブログを書く
« パンクロック・スゥラップ「... | トップ | 2019年11月21日ツイート続き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。