北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

谷口顕一郎《凹みスタディ―琴似川 北12条西20丁目―》、大通駅に登場

2015年02月06日 01時01分01秒 | 情報・おしらせ
 地下鉄大通駅の南北線コンコース、大通公園4丁目の地下に、新しいスペースができた。
 「大通興隆拠点地下広場 新規拡張部」というらしい。
 ここに、札幌出身、ベルリン在住の美術家谷口顕一郎さんの作品「凹みスタディ―琴似川 北12条西20丁目―」が2月4日、設置され、除幕式が行われた。


 作品は、第1回本郷新記念札幌彫刻賞の受賞作。
 第2回が行われる3年後まで、ここに設置される。

 選考時に提示されていたのは、レプリカだったので、いざ実物を目の前にすると、かなり大きく感ずる。

 とくに、西4丁目北側の、新たに設置された階段を見上げるように縦位置の写真を撮ると、なんだか超大作のように見えてくる。

 なんだか、羽をひろげた怪鳥のようだ。
 谷口さんが採取した北12条西20丁目の路上の「凹み」は、もっと細長い形をしていたはずで、彼はそのオリジナルの凹みの形状を、あちこちで折りたたんでいる。

 階段は曲線で構成されている。谷口さんの作品とあわせ、直線ばかりでつくられている札幌の街路の中では、じつに良いアクセントになっていると思う。
 谷口作品に共通する黄色も、地下空間ではじつに鮮やかに映える。 


 作品の趣旨については、左手前におかれたパネルに、日本語と英語で解説されている。
 「凹み」が英語で「Hecomi」となっているのがおもしろい。
 このようなパネルがあるパブリックアートは、珍しい。
 札幌では、エルプラザ前の流政之作品に、解説文が付されているが、これほど長文ではない。

 コンセプトの説明が必要なあたりは、「現代美術だなあ」と思ってしまう。
 しかし、現代美術がストリートに出て行くことは、いいことだと思う。

 パッと見でよくわからないもののほうが、通り行く人々に良い刺戟をあたえるのではないでしょうか。



 西4丁目の、地上と地下をつなぐ階段。
 緩やかな曲線が心地よい。

 階段を外から見たところ。
 奥に見える建物は北海道銀行本店。






□Ken'ichiro Taniguchi http://kenichirotaniguchi.com/index.html
□月刊/凹みスタディ http://hecomi.exblog.jp/

関連記事のリンク
第1回本郷新彫刻賞に谷口顕一郎さん

【告知】第1回本郷新記念札幌彫刻賞記念シンポジウム 環境に生きるかたち―パブリックアート、ふたたび

本郷新賞の公募賞切り替えを機に、北海道からのアート情報発信は求められているのかについて考える

07年11月6日

札幌の美術2003 19+1の試み展
「凹みstudy」 Kenichiro Taniguchi Solo Exhibition (2003、画像なし)
世界凹み図鑑完成記念論文発表会 (2002)
リレーレクチャー4000万キロ報告展 (2001)
地上インスタレーション計画(2001)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2月5日(木)のつぶやき その3 | トップ | ■藤山由香展 続いている (20... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「Hecomi」観てきました。 (怜な)
2015-02-07 17:21:13
こんにちは。
昨夜、谷口さんの作品を観ました。黄色が目立つので、素通りは少ないようですね。

若い人も作成過程を話題にしていましたが、形が面白いので子供たちもパネルを読んでいました。曲線の階段に行き交う人影が映って、いい感じです。
怜なさん、おはようございます (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2015-02-08 10:16:01
いつもありがとうございます。
確かにパネルを読みたくなる作品ですが、読まなくてもカッコいいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事