北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

「好きはどこから生まれてくるのか?」、スキドコプロジェクトを展開中

2017年12月12日 10時26分54秒 | 情報・おしらせ
 人が芸術やアートを好きになるのはどんなきっかけだろう? そんな疑問を解こうというプロジェクトを始めた女性が札幌にいる。インターネット上でアンケートを募る一方、100人を目標にインタビューをする計画。アートに興味のない人にも関心を持ってもらうにはどうしたらよいかという問題意識が出発点だ。題して「好きはどこから生まれてくるのか?」、スキドコプロジェクト―。

 この女性はPRプランナーとしてさまざまな広報に携わる山岸奈津子さん。札幌国際芸術祭で2度にわたり広報の仕事に携わった。気になるのは市民の関心の度合い。ふだん芸術に触れる機会のない人に、どうしたら芸術祭に足を運んでもらえるだろうということが気になった。その方策を考えようと「愛好者がアート好きになった発端を知れば、参考になるのでは」と思いつき、サンプル集めに取り掛かった。

 「アートは市場規模も小さい。今回の調査結果がマーケティングの指標になるとともに、アート好きな人たちの新しいつながりを呼び起こせれば」と山岸さん。10月下旬からネットを通じてアンケートを募り、インタビューにも着手した。「会った人は今のところ現代アート寄りに偏っている。たとえばゴッホ展に出かけたけど現代アートには疎遠な人とかにも話を聞けたらおもしろい」と、幅広い協力を呼びかけている。アンケート回答者は500人が目標。結果は来年、中央区北3西3の「テラス計画」で発表する見通し。

 協力してもいいよ~、という人は、下のサイトからどうぞ。アンケート回答者には抽選でプレゼントが当たるなどの特典があります。 


□スキドコプロジェクトのサイト https://www.sukidoko.com/
□Facebook ページ https://www.facebook.com/sukidoko/


(新聞記事っぽい文体で書いてみました。笑。筆者もアンケートとインタビューにこたえました。ふだん、人にものを聞いてばかりなので、聞かれる側に回るのは、新鮮でした) 

コメント   この記事についてブログを書く
« 12月11日(月)のつぶやき | トップ | 2017年12月8~10日は計10カ所。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。