北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

斜里ぶらり 2021年7月8日は3カ所(6)

2021年07月21日 07時52分50秒 | つれづれ写真録
(承前)

 順番が前後しますが、ここでは、しれとこくらぶから北のアルプ美術館に至る道沿いで撮った写真をおもに並べます。
















 護憲橋を過ぎたあたりで、自転車に乗った知らないおじさんから話しかけられました。
 町内にあるサクランボは風でほとんど落ちてしまったが、ここは残っているね、と。

 北のアルプ美術館では、写真を見た後、コーヒーをごちそうになり、こんど北網圏北見文化センターで北のアルプ美術館所蔵品の展示があるので足を運んでほしいーと言われました。
 この館内が空っぽになってしまうのでは? と冗談半分に尋ねると、おもに収蔵庫から持っていくので大丈夫とのこと。

 すてきな美術館なのに、入場無料というのがなんとも申し訳なく、訪れるたびに何かしら買ってしまいます。
 この日は、一原有徳さんの随筆が載った「アルプ」264号(1980年2月号)と、池内紀さんの編纂した『ちいさな桃源郷 山の雑誌「アルプ」傑作選』、ポストカードを購入し、斜里駅前のバスターミナルまで歩いて戻りました。

(故・一原さんは小樽在住の奇才版画家で、市立小樽美術館に常設展示室がありますが、登山家としても知られ、「アルプ」にも時々寄稿していました。北のアルプ美術館にも、山容に題材を得たような版画が展示されています)



コメント   この記事についてブログを書く
« 2021年7月20日のツイート(2) | トップ | 2021年7月21日のツイート(1) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。