北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

■令和最新版 ぽんち展 17 TEAM PONCHI PHOTO EXHIBITION (2021年3月16~28日、札幌)

2021年04月07日 07時58分18秒 | 展覧会の紹介-写真
 毎年2、3月に札幌市資料館を2週間借りて開かれている写真展も、今年でなんと17年目になりました。
 ネイチャーでも絶景系でもない、肩の力の抜けたスナップが多いです。
 
 案内状を毎年いただいています。
 次の名がクレジットされています。

 大友俊治/亜希子/葉澄/綾音・神田心・氏家美里・岡島貴衣・福本昌史

 冒頭画像、左側は大友葉澄さんです。水族館で撮影したものでしょうか、キラキラした感じがすてきです。

 右側は岡島貴衣さん。
 岡島さんは四つの画面に8~10枚の写真を、大小のメリハリをつけて配置しています。
 これまでは東京の風景が多かったという印象があるのですが、今回はいかにも東京らしい写真は左上だけで、左下は「三鷹台&吉祥寺」の紅葉、右上は「白川郷」、右下は「奥多摩&吉祥寺」のスナップになっています。


 氏家美里さんのコーナー。
 左上の写真にうつっている「北竜町ひまわりまつり開催中止のお知らせ」という看板が、この1年だなあという実感と、撮り手の悔しさとを、同時に伝えてきます。
 それ以外は、娘さんでしょうか、ちいさい女の子の顔がわからないように撮ったショットで、ラベンダー畑などが舞台になっていますが、ほかに人がうつっていないので、どこかさびしげな印象を受けました。

 まあ、新型コロナウイルスの感染拡大で、いろいろな催しが中止になったり、公園が公開されなかったり、さまざまなことがあった1年でした。

 アップが遅くなり、昨年の「ぽんち展」の記事に多くのアクセスが集まってしまいました。どうもすみません。

 あと、会場に女性がすわっていたので、ちょっとびっくり(初めての経験です)。
 出品者のひとりだったのでしょうか。
 

 左は福本昌史さん。
 モノクロの(ときどきカラーもありますが)スナップが並んでいます。廃墟系が多いのかと思いきや、女性の後ろ姿とか、自然の風景とか、いろいろなショットがあって、楽しめます。

 右奥は神田心さんで、すべて横位置です。


2021年3月16日(火)~28日(日)午前9時~午後7時(最終日~5時)、22日休み
札幌市資料館(中央区大通西13)

関連記事へのリンク(基本的に、画像なし)
ぽんち展 16 (2020)
2018年3月18日は11カ所(2018)
ぼんち展 きら☆きら☆キラリ(2016)
ポンチ展 (2014年)

ぽんち展6「乗り降りポンチの逆襲」(2009)
ぽんち展5「街」 (2008年)
ぽんち展4 食べる前に、撮る! (07年)
ぽんち展3(06年)

コメント   この記事についてブログを書く
« 2021年4月5日のツイート続き... | トップ | 2021年4月6日深夜のツイート »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。