北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

■山下康一作品展 (7月17日まで)

2008年07月15日 23時47分11秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
 山下さんは長野県大町市の水彩画家。
 北海道の風景が好きで、毎年2、3回は訪れているそうです。ことしも4月初旬に道内をまわり、オホーツク海では流氷を見ることができたとのことです。
 また、札幌などでたびたび個展をひらいています。

 山下さんの画風はとりたてて特徴があるものではありません。
 ありふれた風景を、写実的に、丹念な筆使いで描いているだけなのです。
 ですが、心に残るのです。
 風景をいとおしむ山下さんの思いが見る側につたわってくるからかもしれません。

 作品のタイプは大きくわけて3つ。
 ひとつは、ドイツの街並みの淡彩スケッチ。
 ふたつめは、「農機具小屋(大町市)」「戸隠風景(鬼無里村)」「霧の林」など、わりあい大まかな筆で、冬などの景色を描いた大作。

           

 そして3番目が、緻密なタッチで、道内の風景を描写した小さな作品です(冒頭の画像)。

 1、2のタイプも悪くありませんが、筆者が好きなのは最後のタイプです。
 十勝管内浦幌町でスケッチした「防風林」や、稚内市郊外の「雪の丘」など、なんの変哲もない景色ですが、北海道らしさのエッセンスがにじみ出ているように思えます。
 宗谷管内枝幸町で取材した「廃屋」も、さびしい題材なのに、画面にさわやかな風が吹きすぎているようです。
 2枚目画像の右端の「斜里岳」は、夕空に浮かぶ稜線の美しさに、うっとりしてしまいます。

 とくに水彩の愛好者はぜひ足を運ばれることをおすすめします。


08年5月26日(月)-6月1日(日)11:00-19:00(最終日-16:00)
ギャラリー近江(東京都中央区銀座6-9-16 ロシュビル)
7月7日(月)-17日(木)11:00-18:00(最終日-16:00)
オリジナル画廊(中央区南2西26 地図D)

03年の作品展

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 音威子府・駅以外の風景 お... | トップ | 「赤い靴」女の子像 函館に... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (まちこ)
2008-07-16 01:41:32
昨日の記事を読ませていただいて、
今日、山下さんの作品展を拝見してきました。
なんて穏やかで清々しい水彩画なんでしょう。
気持ちが浄化されるというか静まるようです。
素敵な作品に出会えたことに感謝します。

ヤナイさん^^*
お身体、無理をしないでくださいね。
Unknown (ねむいヤナイ@北海道美術ネット)
2008-07-16 15:27:37
まちこさん、ここでははじめまして。
山下さんの絵は、べつだんきわだった特色があるわけではないのですが、見ていると心が洗われます。
お人柄が風景に現れるのでしょうか。

ご心配をおかけします。
今週は無理してません(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

■山下康一作品展―生生(しょうじょう)無辺 (2014年5月26日~6月4日、北広島) ( 北海道美術ネット別館)
 山下さんは長野県在住の風景画家。  北海道が好きで、取材旅行とともに個展を開くことも多く、これで12回目となるそうだ。  以前は、どこかドイツロマン派を思わせる、静かなたたずまいの風景画を描いていた。  今回は黒一色で表現。  墨のみを使っているという。...