北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

■nor-hay展 「林教司を偲ぶ会」(2018年11月5~10日、札幌)

2018年11月09日 20時35分11秒 | 展覧会の紹介-複数ジャンル
 
 岩見沢拠点の美術家で、札幌のギャラリーたぴおの2代目オーナー(2007~16)でもあった林教司さんが急逝してから1年。
 林さんとかかわりのある若手を中心とした美術家13人が、1周忌にあわせ、グループ展を開いています。

 冒頭画像は、林さんの作品。
 インスタレーションも立体もこなす作家でしたが、今回は平面が7点並んでいます(うち6点がうつっています)。いずれも、精神性を感じさせる重厚な作品です。
 紫乃さんの解説テキストが附されています。

 夕力夕”ヨウさんの、赤い糸と五円玉によるインスタレーション。
 地下之会らしい不気味さが漂います。
 夕力夕”さんは「たぴお」の終わりごろ、よく作品を発表していました。

 左手前は林さんの作品だと思います。


 左端は篠原奈那子さんのモノクロ写真。
 篠原さんは「たぴお」では発表したことはありませんが、中央バスターミナル地下にあった「自由空間」で個展を開いたことがあります。
 林さんは「たぴお」閉廊後、おなじくターミナルの地下にあった喫茶「レ・ノール」のマスターになり、自由空間の申し込みなども行っていました。

 そのとなりには、會田千夏さんが撮った、林さんの写真が貼られています。

 佐々木仁美さんの金工、久藤エリコさんの切り絵「BORELO」もあります。



 林さんの前にギャラリーたぴおのオーナーだった竹田博さんの絵も、何点かありました。

 終わりごろのたぴおで最も活躍した若手のKiriさんによる、青い書物タイプの作品などもあります。


 阿部雄さんも写真を撮る若手。
 古いフィルムで、おまけに裏ぶたを開けて感光してしまったため、不思議な光が刻印されているプリントの作品「Light Dance」を出品しています。
 その左は、Ko-ayaさんの絵画「theory of Forms」。カラフルで、楽しげです。

 ほかに、YUKOさん、YüRaさん(üは「u」にウムラウト)、宮森くみさん、石川潤さんも出品しています。
 石川さんは函館からの参加です。

 丸島均さんのモノクロ写真もありましたが、ほんとうに自分で焼き付けしたのかしら。丸島さんは「見る」専門で、作品を出すのは初めてかもしれません。

 ギャラリーたぴおのような、なんだかよくわからないけどとんがった作品が展示されていて、行けば誰かがいる、そんな空間がなくなったなあとあらためて実感します。
 そして、そういう空間を維持し、若い人とも分け隔てなく美術論議ができた林さんは、やはり貴重な存在だったと思うのです。



2018年11月5日(月)~11月10日(土)午前10時半~午後5時(最終日は~3時)
ギャラリー粋ふよう(札幌市東区北25東1)

関連記事へのリンク
第四十五回北海道抽象派作家協会展 (2018年4月)
林さんの告別式(2017)
美術家で、ギャラリーたぴお2代目オーナー、林教司さん逝く(2017)
林教司さんに聞く、ギャラリーたぴおのことなど (2016)





・中央バス「北26条東1丁目」から約170メートル、徒歩3分
(札幌ターミナル、北5西1などから「02屯田線 屯田6の12行き」「22 あいの里篠路線 あいの里4の1行き」「34 35 36 篠路駅前団地線 篠路10の4行き」「39 ひまわり団地線 あいの里4の1行き」に乗車)

・中央バス「北24条西2丁目」から約500メートル、徒歩7分
(札幌ターミナル、北5西1などから「09 新琴似線 中央バス自動車学校行き」「14 花川南団地線 石狩庁舎前行き」「16 花畔団地線 石狩庁舎前行き」に乗車。帰路(上り)は「北26条東1丁目」から乗れます)

・中央バス「北24条東1丁目」から約500メートル、徒歩7分
(東営業所―東豊線「元町駅」―北24条駅を結ぶ「元町線」)

・地下鉄南北線「北24条」駅から約800メートル、徒歩10分
コメント

公募 第10回茶廊法邑写真展の作品募集

2018年11月09日 09時32分00秒 | 情報・おしらせ
 法邑芸術文化振興会は、茶廊法邑 さ ろうほうむらギャラリーで12月12日(水)~29日(土)に開く第10回茶廊法邑写真展の作品を募集しています。

 テーマは「北海道の建物」。
 参加資格は20歳以上で、1人1点を直接搬入してください。プリントサイズはA4からA2の間(額装込み)。
 出品料千円(パーティー参加費込み)を添え、申込書に住所、氏名、連絡先、タイトル、撮影時の思いを記入して、12月8日(土)までに申し込みを。

 札幌のユニークな出版社を経営するかたわら、道新札幌版の「グルメグラフィティ」シリーズなどエッセイストとしても活躍する亜璃西社の和田由美社長、道立函館美術館勤務時代に写真を巡る展覧会企画などに携わった道立近代美術館の大下智一学芸員、道内の風景を撮り続け東川賞などを受賞している写真家の酒井広司さんの3人の審査で、大賞1点(5万円)、準大賞1点(3万円)、奨励賞2点(各1万円)が選ばれます。
 大賞の副賞は、来年、茶廊法邑ギャラリーで1週間展示ができるというもので、これは魅力的だと思います。

 スケジュールは次の通り。

・搬入 12月10日(月)午前9時~午後5時、11日(火)午後1~5時

・審査 11日(火)

・会期 12日(水)~29日(土)午前10時~午後6時(月・火曜休み)

・表彰式・パーティー 15日(土)午後3時

・作品引き取り 29日(土)午後3~5時


連絡先 茶廊法邑 
〒065-0041  札幌市東区 本町1条1丁目8-27 houmura.jimdo.com


 スミソニアン国立自然史博物館で1年間作品が展示されるなど、ネイチャーフォトの分野で活躍めざましい札幌の鎌田光彦さんも、写真を始めたきっかけは茶廊法邑の写真展への応募だったと聞きました。気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。






茶廊法邑への道(アクセス) (環状通東駅から)
コメント

11月8日(木)のつぶやき その3

2018年11月09日 01時52分04秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント

11月8日(木)のつぶやき その2

2018年11月09日 01時52分03秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント

11月8日(木)のつぶやき その1

2018年11月09日 01時52分02秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント