北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

■物語のかけら 塩谷直美・中嶋幸治 (2018年11月3~8日、札幌)

2018年11月07日 21時07分27秒 | 展覧会の紹介-複数ジャンル
 札幌で、自前のギャラリーを持たずに、独自の企画を意欲的に打ち出している Withart の本間さんが、またもユニークな顔合わせによる展覧会を主催しました。
 

 案内状には、次のようなテキストが添えられていました。

COTEXT-Sに射し込む光をとらえ、刻一刻と時を刻むガラス
人の手を渡って辿り着いた紙から生まれる新たな物語

それぞれが作りだす手仕事の集積から静かな音が響く

作り手から使い手に紡がれていく「物語のかけら」展


 茨城県常陸太田市のガラス作家で、道立近代美術館にも作品が収蔵されている塩谷直美さん。
 札幌と青森県を拠点に、紙を主な素材とした繊細な作品を制作する中嶋幸治さん。

 古い建物のリノベーションによるギャラリーで、この2人が展示しています。
 冒頭画像は、唯一のコラボレーションとなる「かけら」。


 本の形状をした中嶋さんの作品。
 ぜんぶで7点が壁に並んでいます。
 文字が書かれているのではなく、ドローイングが描かれています。
 題は

Cast a cold eye
On life, On death
Horseman, pass by!

 この3行の詩句は、アイルランドの詩人W.B.イエイツ(1865-1939)の代表作 "Under Ben Bulben" の末尾で、彼の墓碑銘に刻まれている有名な言葉なのだそうです。
 札幌の円山に繰り返し登っていた頃に読んだ詩で、生と死を冷たい目で見つめることと円山や北海道神宮を何度も訪ねることとが自分の中でリンクし、頭の中でこの3行がリフレインしていたーというような意味のことを、オープニングのアーティストトークで話していました。
(その頃に撮った写真も、会場にはひっそりと飾られています)



 「となり」。

 塩谷さんは、これまでも札幌で作品を発表したことがありますが、それを含めてほとんどの場合、器の展示販売で、今回のようにオブジェがメインになることはほとんどないそうです。

 「2人展とか基本的に苦手だったんです。北海道まで行くのに『個展じゃないのか~』っていう気持ちでした、正直。でも今は『120%良かった』と思う。それは、なんといっても本間さんのセンス。加えて、札幌のマチとか、11月という季節とかいろいろあるけど、良かったと思う。相手を意識しなかったのが良かったのかもしれない。自分は夫婦でガラスをつくっているので、2人で展示することがよくあるし、友人のこともあるけど、知っている相手だったら作っている段階からきっと意識しちゃってた」

 録音していたわけでないので正確な言い回しではありませんが、こんな話を最後にしていて、塩谷さんっていい人だなと感じました。
 今回は、2人展というのに、搬入の時まで互いに相手がどういう作品を持ってくるか、まったく知らされていなかったそうです(案内状に印刷されていた作品写真だけ)。それがかえって良かったということを塩谷さんも中嶋さんも話していたのでした。


 中央の大きな作品は「in side」。
 そばに転がっているのは「ナッツ」です。

 塩谷さんはフランス・マルセイユに滞在中、一時作品が作れなくなり、詩を書いていたことがあるそうです。
 思い浮かんだ言葉を書いているうち、これを紙にしたらどうなるんだろうと考えて、紙の工作を作りました。作りためた工作をガラスで作ったら表、現できるかもしれないと思いついたとのこと。

 作品集の本を見ると、一つ一つの作品に、短い詩がついています。

 この作品には、次のような詩句が添えられています。

 今日の私は
 一番上のステップに
 腰をおろし
 内側をながめる


 昼に見ると、白い光を内側に宿して、さらに美しいのだと、会場で写真家のSさんに聞きました。



 今回の展覧会は、タイトルにもあるように「言葉」「物語」が重要なカギになっています。
 ただ、蛇足めいたことを記せば、言葉や物語は近代美術にとってはジャンルの純粋性を損なうものであり、むしろ排除すべき要素でした。
 洋画家が「文学的」と他人の作を評するとき、それは悪口だったのです。

 時代は変わり「物語性」は作品世界に豊かな背景をもたらすものとして捉えられるようになってきています。
 美術作品が、物語やテキストの単なる翻訳や挿絵として存在するのではなく、お互いが響き合うように展開し、鑑賞者に何かを投げかけるのが、現代のアートらしい在り方だと、筆者は思います。



2018年11月3日(土)~8日(木)午前11時~午後7時
CONTEXT-S(札幌市中央区南21西8 twitter: @CONTEXT_S )


https://uzawaglass.amebaownd.com/

http://kojinakajima.com/

関連記事へのリンク
中嶋幸治 芸術記録誌「分母」vol.2 特集メタ佐藤 −包み直される風景と呼び水− (2017)

中嶋幸治展 風とは (2014)

中嶋幸治展 0m/s -zero meter per seconds- (2010)

中嶋幸治「エンヴェロープの風の鱗」展 (2009年7月)

ALGILLN'NE展「モーラ」 (2008年)

中嶋幸治展「Dam of wind,for the return」 (2007年)





・市電「東屯田通」から約150メートル、徒歩2分

・じょうてつバス「南22条西11丁目」から約510メートル、徒歩7分
・地下鉄南北線「幌平橋駅」から約1.35キロ、徒歩17分
コメント

2018年11月4日。札幌→厚田→札幌

2018年11月07日 07時24分00秒 | つれづれ日録
(承前)

 11月4日(日)も休み。
 すばらしい晴天。

 車で出かけた。

 娘を模試の会場に送り届けてから、まず札幌市資料館へ。

 大谷短大の卒業生が毎年開いてきたグループ展「酵母展」は、少しずつメンバーが減って、とうとう2人になってしまった。

 札幌市役所の絵画同好会「あひる会」展も開かれていた。
 新道展会員の市川雅朗さん「オカリナの音にさそわれて」は、例によって、シカか馬のような動物にまたがった人物が楽器を吹いている絵柄だが、オカリナというよりブブゼラのような楽器に見える。しかもこの男が裸なのに、向かって左側にいる4人はマフラーなどを着けて厚着であり、どうも奇妙な風景である。
 おなじく新道展会員の中谷勝善さんは「秋の川」のほか、珍しい静物画「キキョウ」を出品。
 ほかに西澤宏生さん「手稲山晩夏」、今野正道さん「林間のオオウバユリ」、山下淳也さん「今日のつづきが明日になる」など。

 いずれも4日で終了。

 西15丁目通を北上して新川通に入り、花川の中を経由して、一路北へ。

 石狩市民図書館でひと休みしてから、厚田・望来の天海珈琲を目指した。

 藤原瞬遺作展を見た。
 会場で彫刻の伊藤夫妻に会う。
 詳細は別項で。

 帰路は、国道231号をひたすら南下。
 北24条通から西5丁目通に入って、紀伊國屋書店の横の駐車場に車をとめる。

 プラニスホールで「生れ出づる悩み」出版100年記念 有島武郎と木田金次郎展を見る。
 前半は有島を、後半は木田の紹介。
 木田の絵については、戦前から晩年までまんべんなく展示されていた。岩内まで行かなくても札幌で彼の画業をまとめて見られるのは、意外に機会が少ないかもしれない(道立近代美術館にも代表作が所蔵されているが、ほとんどが晩年の作である)。
 4日で終了。

 紀伊國屋書店2階イベントスペースでMIKA IIDAさんの航空機写真展。
 水田に機影が映る旭川空港と、周囲に人家が密集している伊丹空港(大阪)が対照的でおもしろい。

 駐車場代を安くあげるため、ロザリンド・クラウス『独身者たち』、岩波文庫『イエイツ詩集』を購入。
 『はじまりは、いつも楽しい デザイナー・彫刻家 五十嵐威暢のつくる日々』(柏艪舎)をジャケ買い。

 続いて、琴似のカフェ北都館ギャラリー。
 北5条通りから、二十四軒通りの1本北東側の通り(「ギャラリー北のモンパルナス」の前の道)を経由する。
 高梨美幸小品展~命の輝きに魅せられて
 昔風スパゲティを食べた後、高梨さんとしばし絵画談義。

 5日で終了。


 この後、車を走らせていると、ひどく疲労を感じて、なえぼのアートスタジオに行くのはあきらめることにした。
 このまま運転を続けていると、なんだか事故を起こしそうな予感がしたのだ。

 案の定というか、西15丁目通りを南に走っていると、北3条あたりの交叉点で、こちらが青信号なのに、右側からゆるゆると車が飛び出してきた。
 思わず、盛大にクラクションを鳴らしてしまった。

 公共交通機関なら車内で寝ていけるが、自家用車はそうはいかない。
 車は大いに時間を節約できるし、厚田のように、バスで行こうとすると非常に不便なところもある。しかし、それなりに欠点があることを実感した。

 3時半ごろ帰宅し、昼寝。


 この日は5カ所。
 これで11月は累計15カ所。
コメント

11月6日(火)のつぶやき

2018年11月07日 01時48分29秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント