北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

2013年4月26日は4カ所 (4)。池田―帯広

2013年04月29日 21時15分52秒 | つれづれ日録
承前)

 陸別を8:20に出た十勝バスは、10:05ごろに池田に到着した。

 (1)でも書いたが、帯広駅前到着は11:14である。
 実は、このバスは帯広駅前が終点ではなく、さらにそこから20分以上かけて帯広市内を西に走り、十勝バス本社まで行くのである。
 それはともかく、さらに1時間近くおなじバスに揺られるのはたまらないので、池田でJR根室線の普通列車に乗り換えることにした。



 池田駅前にあった、ワインオープナーを模した巨大オブジェ。

 駅の向こう側には、ワイン城が見える。
 池田町は、十勝ワインの町として有名なのである。

 さて、列車は10:25発車なので、すこし時間がある。
 駅から徒歩3、4分ほどのところに田園ホールという大きなホールがあるので(バス車窓から見えた)、ちょっとだけ様子を見てみることにした。
 このホールに限らず、池田にはコンクリート打ちっぱなしの建築物が多いように思える。
 あと、これは池田だけではなく、十勝管内はどこも公共建築がやたらと立派である。

 田園ホールの中には入らなかったが、前の広場には野外彫刻が3点あった。後ほど紹介したい。


 池田駅から乗ったディーゼルカーは2輌編成。
 池田が始発で、利別、幕別、札内に停車して、帯広が終着という、運転区間の短い(24.2キロ)列車である。
(なお、筆者が知る範囲で、道内で最も運転区間が短いのは、旭川と近文ちかぶみを往復する朝の列車で、4.0キロ、所要5分しかない。始発駅の次が終点である)




 利別で列車交換。
 駅前は市街地になっていて住宅が立ち並んでいるが、駅裏は牧草地が広がり、堆肥がつんである。
 なお、反対方向の列車は2輌編成で、上の画像ではふつうのディーゼルカーだが、2輌目が国鉄塗装のオレンジ色であった。

 それにしても、帯広まで29分。
 いかにもローカル線のディーゼルカーといった風情で、決して速いわけではない。
 どうして路線バスが1時間近くもかかるのか、不思議で仕方がない。

 幕別の公園では、子どもたちが列車に向かって手を振っていた。
 大きな川辺ではヤナギの木が薄緑に芽吹いていた。
 なんだか、いい感じだなあ。


コメント

【告知】樽前arty2013 アートセンターのある暮らし(4月28日~5月6日、苫小牧)

2013年04月29日 12時05分25秒 | 展覧会などの予告
 すみません、もう始まっています。

 以前、筆者が
「道内の美術関連(に限らないけど)の催し、夏から秋にかけて集中しすぎでは」
と書いたら、苫小牧の「樽前arty」が予定よりも大幅に日程を繰り上げてきました。
 4月28日(日)~5月6日(月)午前10時~午後5時(最終日~午後4時)、メーン会場は、ギャラリーLEO(樽前114)です。
 大型連休はほかにアートのイベントはすくないので、どうぞ足を運んでくださいね。

 ことしの樽前artyのテーマは「アートセンターのある暮らし」。

アートと樽前に関心のある人たちが集い、
語り合い、交流が生まれ、
アーティストや様々なジャンルの達人による
ワークショップがあちこちで開催され
アートショップにステキな作品が並ぶ…
そんな、樽前arty + がアートセンターとして
機能する「未来の日常」がテーマです。


 筆者が行きたかったのは、会期中の5月3日(金)~5月6日(月)午前10時~午後5時(最終日~午後4時)に、樽前小学校(樽前102)で開かれる「誰かが見たこの街展」です。
 関口雄揮記念美術館学芸員の門間仁史さんがキュレーションを担当し、竹本英樹(写真)、水野剛志(日本画)、山田良(建築/インスタレーション)の3氏の展示、ワークショップが行われることになりました。

 「本展では、札幌を中心として活動する三人の作家に、それぞれが見た苫小牧を表現してもらうことにした」
ということです。  

アーティストトーク 3日午後3時

ワークショップ 3日(金)午前10時~正午 竹本英樹さんによる「日光写真」。先着20人

ワークショップ「つながる山の絵」 4日(土)午後1~3時 水野剛志さんと樽前小の児童、保護者が樽前山の絵を共同制作。見学可能。

ワークショップ「樽前小建設部」 山田良さんが、樽前小5、6年生といっしょにグラウンドに小学校を眺めるための建築物を建てる。会期中、作品として公開 



 このほか、28、29両日は「押忍! 手芸部」によるたるまる学校
 5日午前10時からはたるまる学校として、藤沢レオさんによる「鉄たたけます」があります。

 また会期中は、アートショップ「樽前堂」がオープン。
 竹本さん、水野さん、ガラスの高臣大介さんをはじめ、16人・団体の作品を販売します。


 3日は午後6時からパーティー(交流会)もあります。


tarumae.com





竹本英樹さんのサイト・関連記事
http://www.hidekitakemoto.com
dearfilms.seesaa.net

竹本英樹写真展 「意識の素粒子」 (2011年)
【告知】写真展「三角展」(2011年4月)
さっぽろフォトステージPart1 (2009年)
光を編む この言葉に触発された13名の作家達が織りなす世界(2008年)
VERSUS in LAYER-SCAPE -写真をみるということについて- (2008年)
竹本英樹 PHOTOGRAPH SHOW "OUTTAKES"(2007年)
竹本英樹写真展「銀遊詩人」 (2007年)


水野剛志さんのサイト
http://hisashi.eco.to/wordpress/

山田良さんのサイト
http://www.ryo-yamada.com/


関連する記事
記憶の循環(2011年)
【告知】樽前arty2011 記憶の循環 (8月6~14日)

苫小牧の樽前arty、記憶の循環に、どう行くか?(補筆あり)=前回2011年の記事
コメント (2)

4月28日(日)のつぶやき

2013年04月29日 00時53分22秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

目が覚めた…。疲労感がすごいので、二度寝します。


"DOTMOV 2013" call for entries until August 20! In this year, MV category is added in collaboration with "SenSe". bit.ly/12yI5RC

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

いよいよ今日から!「クレイスペース西岡陶房教室作品展vol.5」4月28日~5月6日 10:00~18:00ホーマックスーパーデポ西岡店2階 陶芸教室前特設会場(豊平区西岡1条8丁目8-1)... fb.me/2hpE8xKgq

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

@kamo_ru おはようございます~(^^)。大丈夫ですよ~。ただ、年をとると、疲れや痛みは遅れて出てきます。


気がついたら、ツイート数が4万を超えてた…。


多彩なテキスタイル(染色)の小物を集めた「ナカジテクス」展は本日最終日。札幌市中央区南1西3、ラ・ガレリア5階、さいとうギャラリー(大丸藤井セントラルの隣のビル)。画像は、橘内さんのブース。愉快な手拭いが並んでいます。 yfrog.com/gyxudcyj

3 件 リツイートされました

@otsukaresama おはようさんです~。いつになっても春らしい陽気にならないので、気分が落ち込みます。


きょうは主権回復の日式典らしい。「全面講和」派を押し切ってサンフランシスコ条約(単独講和)に踏み切り、その結果ソ連との国交回復が遅れ、北方領土問題となって尾を引いているのだが、政府はその歴史を忘れたのか。


先日までsalon cojicaで展覧会をしていた南さんの作品も、中野で上映されます!「改造 8ミリ映写機 5台を使った 南俊輔ライブパフォーマンス上映」4月30日(火曜日)19時から 入場無料 会場:なかのZERO 展示ギャラリー nicesnet.jp/access/zero.ht…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6 RT

ゴールデンウィークは、コレ!実験映画の祭典イメージフォーラムフェスティバル!わが北教大映像研究室の伊藤先生の作品、アニ研の倉重先生の作品、OBの大島さん彫研OGの田端さん、北海道からの作品がわんさか上映される~!!!imageforumfestival.com

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

ダルマ商会、すあまやとコラボ。自分用~ p.twipple.jp/K3ZYf

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3 RT

札幌【あすから】春の所蔵品展 坂元直行の水彩と油彩=4月29日(月I~5月5日(日)10am~10pm(土~7pm、最終日~5pm)、カフェギャラリー北都館 r.gnavi.co.jp/h035200/ 六花亭の包装紙でも知られる山岳画家、歿後31年。繁野三郎の水彩も展示

1 件 リツイートされました

「2013年4月26日は4カ所 (3)。陸別―池田」blogを更新しました。 goo.gl/SYROU

1 件 リツイートされました

韓国や中国を嫌悪する人たちは、この両国で生産されたものは一切買わないということを2,3年はやってみたらどうかにゃ。衣料品や電気製品のみならず、食品も中国産ではないことが判明しない限り買わない食べない。国内での買い物も、中国人店員から買わない。それくらいできずに、断交とか言うなよ

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 125 RT

コメント