餃子倶楽部

あぁ、今日もビールがおいしい。

餃子倶楽部編集会議、か? episode 4

2016-09-17 15:14:22 | 日記
大雨の火曜:釧路

釧路湿原カヌー体験だとゆうのに、
アスファルトをたたきつける程の
雨が降っている。

うーむ

こればかりは
いたしかない。

アウトドアガイドである
斉藤さんのオフィスで、
斉藤さんの取材が始まった。

釧路で生まれて
釧路で学び育った後、
釧路でスーツを着て会社勤めをしていたが、
30を過ぎたある日、
趣味だったカヌーへの愛着が高じて、
アウトドア体験の会社を
ひとり立ち上げたのだとゆう。

ライターが聞いた。

「湿原の中を流れる釧路川って、
 ゆっくりとした流れなのですか?」

斉藤さんは
手元にあるi-padを手にとって、
青い水面ギリギリから撮った
釧路川の写真を見せてくれた。

「川はね、
 おだやかです。

 川面は
 キラキラとしていて、
 そして
 手ですくえるのではと思えるほど
 プルンとしています」

(プルン)

斉藤さんの
プルン
とゆう言葉を聞いて、
僕は昨年12月に
斉藤さんにお世話になった
釧路川カヌー体験のときの
川面の
プルン
を懐かしんだ。

冬の釧路湿原は、
緑葉が深く生い茂る夏とは違って
木々の枝だけの
遠くを見通せる風景に一変するから、
オジロワシや
エゾシカの姿が
はっきりと見えたこと、
そして対岸で休む
丹頂のツガイの姿を
思い出した。





プレハブ造りのオフィスに、
雨の激しくたたく音が
いつまでも長く響いた。

しかし
明日は晴天が見込まれる、とゆう。

カヌー体験は
明日お昼へと順延になった。

明日の仕事の都合で
これから東京へと行く僕は
編集スタッフのクルマで
釧路空港まで送り届けてもらう。

雨雲と
霧の深くたちこめた釧路空港で、
全日空742便は
定刻通り東京に向けて出発するとゆう。

さようなら、釧路。



夕刻、
久方ぶりの餃子倶楽部編集会議は、
有楽町ガード下にある
バーデン・バーデン
で開催となった。

20度の釧路から、
28度の有楽町まで
たったの2時間半で到着だ。

有楽町で飲もう。

そうなると、
いっつも
いっつも
バーデン・バーデン
になってしまう気がする。

今宵のメンバーは
キヤポンとJ子ちゃん、
そして
タカちゃんと俺。

(この店は不思議な店なんだ)

キヤポンはそうゆう。

(最初はガランとしているんだ)

(でも気がつくと、満席なんだ)

そそそそ。

そーなのだ、
本当に
いっつもそんな感じの店なのだ。

まっ、
よく考えてみると
割と早い時間の入店をして
長居をして
21時すぎの退店をしている、
きっとそれだけのことだろう。

(大ジョッキ…
 やめとこ、
 中ジョッキ、中ジョッキ…)

タカちゃんがそうゆう。

そして

(今まで頼んだことのないであろう
 そういったものを頼もう)

タカちゃんがそうゆうものだから、
僕たちが悩んだ末にオーダーしたのは
マウルタッシェン
とゆう単品料理だ。

マウルタッシェン…
どんな料理で
どんな味だったのかなんて
もちろん覚えてやしない。



さて。

餃子倶楽部編集会議、か?
とゆうタイトルで
episode4まで引っ張ってしまった。

数少ない読者の方々へのご愛顧をこめて、
数年に一度しか開催されない
餃子倶楽部編集会議での会話を
対談・鼎談の仕立てで書こうではないか。

果たして餃子倶楽部はどこへ行くのか?
2020年にむけた、
餃子倶楽部の編集方針とは何なのだ?

そんな実り多き話をしようではないか!
友よ!

そう思っていた。

だから3日前の土曜からの、
ごくごく普通の日常を描いて、
からの、
そこから勢いよく
編集会議での熱い討議を書くんだ、ぜ。

そう思っていた。

だのに。

いつものように
たくさんのビール、
たくさんのワイン、
ワインにいたっては3本?も
飲んでしまったので、
またしても
その詳細を覚えていない。

途中、
タカちゃんが

(餃子倶楽部はな、備忘録なんだ)

そう言っていて
そそそそ、
俺にとっての21世紀姉妹コラムも
そうゆうことだなぁ…
そう思ったのを覚えているのと、

(俺も『ひよいと四国へ』で、
 おまえらと一緒に旅をしていたよ)

そう言われて、

そうだったのか
やはりタカユキも一緒に旅をしていたのか
まさしく
同行二人
だったんだなぁ…

そう思い、
刹那ウルっとしたことだけを
覚えているのだが、
あとは…

どうでしょう…

よく覚えていない。



そのあと、
有楽町ガード下で
ビールを飲みなおした僕たちは
夜の有楽町で別れた。

次回の餃子倶楽部編集会議のときには
だれかに
議事録を頼むのか、
はたまた
ICレコーダーの類が必要か。

ま、
いっか。

その時、
その瞬間が楽しければ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 餃子倶楽部編集会議、か? e... | トップ | 暮れなずむ千住 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
このメンバーなら (☆)
2016-09-18 18:48:37
間違いなく書記はJ子ちゃんだけど、
気楽な飲み会にしちゃえばいいのでは?
と思った。
でも、動画を保存して、数年後見るのも
面白いかも。恥ずかしいけど。。。
なるほど! ((セ))
2016-09-18 21:01:59
なるほど動画ね!

動画をUPしたことはなかったね。
リアルに編集会議(飲み会?)の姿が映し撮れるね!

面白い構図になるかどううか微妙ですが、
一度テストでUPしてみます!
やっぱり… (ユカリ)
2016-09-18 22:28:12
覚えてないんだ^_^;
楽しければ、まっ、いっか\(^o^)/
いっか! ((セ))
2016-09-19 15:13:37
ま、いっか!
アップはしない方がいいのでは? (☆)
2016-09-19 20:30:49
ほぼ記憶がないことの対策としてICレコーダーではなく、動画と思っただけで・・・
やっぱりメモが一番? ((セ))
2016-09-20 08:49:07
ICレコーダーの聞き返しも恥ずかしいし。
動画はもっと恥ずかしいやね。

やっぱりメモるのが一番いいかな、
って思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。