バロックな話

バロック音楽/バッハとチェンバロ演奏、あるいは音楽のいびつな雑感

昨日の地震

2011年03月12日 | つぶやき

 私は地震発生時には会社の社屋内にいて、ちょうど廊下を歩いていた。ミシミシという音がしたと同時に振幅の大きな揺れが2~3分続いた。廊下の壁に激突しそうになったので、逆に壁にへばりついて揺れがおさまるのを待った。もっと大きな揺れにならない様にとひたすらねがった。

 会社の事業所のある地域の震度は5弱だったらしい。私が経験した最大震度だ。会社の方針で帰宅可能な社員はすぐに帰宅するようにと館内放送があり、徒歩圏在住の同僚は帰宅していった。私は電車が運行するまでしばらく様子を見て、ダメならば徒歩で帰宅する覚悟をした。調べた結果、所要時間は3時間。鉄道の運行情報を調べたら、何と都電が運行していた。

 JRが運行を開始する見込みがないことが判明したので、19時に会社を出発。幹線道路沿いを歩いている多くの人がいた。1.5時間程度経過したところで偶然、帰路途中の駅行きのバスを発見。バス停ではなかったが、運転手さんに手を振ったら、特別に乗車させてくれた。渋滞していたが、何とか終点に到着。ここからは都電に乗って無事帰宅。

 徒歩の途中、道に迷ったので、携帯で地図を調べようとしたがネットワーク接続できず、結局近くにあった店で聞いた。クラウドなんて言葉が流行っているが、何時でも何でもネットワークに頼れる時代は当分先に思えた。金儲け目的のくだらないサービス開発に金をかける前に、堅牢なネットワーク作りにもっと目を向けるべきだ。当分は紙の地図を持ち歩くことにした。

 地震の後、暫くは乗り物酔いになった様な状態が続き、恐怖心も重なって気分が悪くなった。長周期地震動特有の揺れの影響かも知れない。日本列島の地震活動が活発になる可能性が指摘されるなか、あらためて備えの大切さを感じた。被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

コメント (4)