バロックな話

バロック音楽/バッハとチェンバロ演奏、あるいは音楽のいびつな雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラシック音楽の未来

2009年03月25日 | 音楽

 今や地球規模での世界制覇を果たした所謂、西洋クラシック音楽に未来はあるのだろうか。新しい曲でも既に100年程を過ぎようとしている、残された多くの作品を、繰り返し演奏するだけの現代。その流れを汲む、いわゆる現代音楽は風前の灯で、一般聴衆には理解不能。このままではクラシック音楽という文化に未来は無いだろう。

 名演と言われる「作品」がディジタルメディアによって永遠に残される今日では、新たな演奏が発売されても相対的にその価値は下がる一方だ。昨今の過去の名演と言われるクラシックCDの再発売の多さには、安くて良い演奏を多く聞く機会を与えてくれる恩恵に与れるという一面もあるが、演奏家にとっては脅威となるだろう。しかし時間は限られているので、聞ける演奏の数にも限界があり、もはやあらゆる演奏で溢れかえった状況に辟易している。

 この半世紀の間に作曲された曲は、100年後の世界の人々に愛されているだろうか。作曲家が滅亡してしまった時代になっていないか。音楽史では中世、ルネサンス、バロック…と発展?し、古典派、ロマン派で生命史で言うところのカンブリア爆発を起こし、調性音楽としての多様性の頂点に達する。その後無調性や奇抜性、実験性、偶然性などが主流となった現代音楽は生き残る遺伝子に狂いが起きて絶滅寸前。

 ロマン派頃までの音楽がいまだに主流なのは、音楽の「普遍性」が鍵なのかも知れない。それは歴史が証明している。普遍性の中にも独自性を追求した音楽(作曲)の可能性は、現代にも必ずや、まだ残されているはずだ。

 とは言うものの、一人の人間が一生のうちに長く愛して聞き続けることのできる曲は、現代に残されたクラシック音楽の曲数で必要十分なのかも知れない。つまり音楽は個人的体験であり、時代が変われば人も変わるので、誰も困らないのかも知れない。クラシック音楽は過去の遺産だけで必要十分なのか。曲も演奏も。。こう考えると、クラシック音楽には未来は無いかも知れない。

コメント (6)

永遠の芸術

2009年03月20日 | 音楽

 音楽それ自体はその瞬間の空間に満たされている、刹那の芸術だ。しかし、その伝承においては、人類が存続する限り、楽譜という「知」によって永遠の生命を獲得している。

 絵画や彫刻芸術は基本的には唯一無二の存在であり、いつかは崩壊して無に帰してしまうだろう。(現代の所謂メディア・アート系は無限に複製可能であり、その限りではない。)このように考えると、音楽の実体は、音なのか楽譜なのかわからなくなってしまう。作曲家の生み出すものは楽譜だけであり、音そのものではない。ひとつ言えることは、即興演奏は絵画など以上に唯一無二の存在と言えるだろう。

 音楽芸術は永遠の生命と引き換えに、作曲家の意図を超えた、演奏解釈の多様性、時代性という、あいまいさを受け入れざるを得ない性格を持つ。例えば近年、古楽器による、もしくは時代様式による演奏手法は発展したが、確固たる根拠の無いものも少なからずある様で、永遠に模索の状況を脱することはないだろう。しかし、それでも良いのだと思う。このような活動は演奏解釈の一つのスタイルに過ぎないからである。

 そして、古楽という魅力的な「現代的な」解釈による音楽が広く受け入れられ、一つのジャンルとして成立していることは重要な成果だが、永遠に続くの音楽活動の一つの通過点に過ぎない。

コメント

ラ・フォル・ジュルネ

2009年03月12日 | バッハ

 ラ・フォル・ジュルネ音楽祭2009「バッハとヨーロッパ」が東京国際フォーラムで5/3~5/5に開催される。ネットのサイトからダウンロードしたプログラムを確認したら、殆どの演目がバッハなので、バッハ愛好家にはたまらない。

 バッハ愛好家で溢れかえる会場を想像すると、わくわくする。誰それかまわず、声なんかかけたら、引かれるだろうな。。。でもこんなにバッハばかりで客は付くのだろうか、少し心配だ。

 私は古楽系を中心にプログラムを梯子するスケジュールを入念に検討中。。。三日間全部行ったら、いったいいくらかかるんだろう???5月中旬にはレオンハルトの来日公演もあり、久し振りに音楽三昧の月になりそうだ。

 しかし。。。

 本日5/15、チケット一般発売開始。チケットピアの店頭へ開店時間に行ったら、行列が出来ていた。並んでいる多くの客の手にはフォル・ジュルネのパンフレットが。そして、皆、希望の公演のチケットを購入できず、退散。かくして私もチケットを購入出来ず仕舞。この手のフェスティバル系の演奏会には二度と行くのはやめよう。当日はきっともの凄い混雑になるだろうし。

 普段から地道に開催されている地味な演奏会を聞きに行く方が、いろんな意味で良いことを知った。因みにレオンハルトのチケットは気合いを入れて入手済み。

コメント