静岡県立漁業学園は、創立50年。一流の漁師になる近道です。

漁師をめざして、がんばっている生徒たち。
30歳までの人が全国から漁業の街、焼津に集っています。

遠洋カツオ一本釣漁船の出港見送り

2020年12月03日 12時54分32秒 | その他

11月中旬のことですが、当学園の卒業生で49期生の河井大翔さんと、47期生の勝俣 陸さんが乗り組んでいる、遠洋カツオ一本釣漁船「第37明豊丸」の出航を見送りに行きました。

今年の9月中旬には、お二人の案内で船内見学をさせていただきました。

帰港するのは、年明けになるとのこと。

新年を迎える初日の出は、太平洋のどこから見ることになるのでしょうか。

いつものことですが、大漁で無事に帰港することを祈念して、見送りました。
来年の今頃は、見送られる側になっている生徒もいることでしょう。


※ コロナ渦の中、準備が思い通りにならなかった受験生に配慮し、2回目のAO入試を実施することにしました。
  AO入試は、学科試験がなく、高校卒業者(3月の卒業見込みを含む)以上を対象として、実施します。
  12月1日(火)~12月17日(木)まで出願を受け付けています(最終日の消印有効)。
  試験は、12月24日(木)です。

  詳しくは、ホームページ https://gyogaku.com/recruitment/
  をご覧ください。

※ 学園の見学説明会の申し込みを随時受け付けております。
  漁師になることを考えている方、学園に興味のある方の来園をお待ちしています。
  詳しくはホームページ https://gyogaku.com/setsumei/
  をご覧ください。


コメント   この記事についてブログを書く
« 伊豆地域の施設見学 その2 | トップ | カツオ一本釣りの漁具づくり... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事