GENさんの陸上ワールド

柳原 元の公式ブログ。WA世界陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務の様子、海外陸上ネタなど綴ります。

オランダ・セブンヒルズ15kロード

2011-11-24 23:35:17 | 海外サポート
今月14日から約1週間余り、今年最後の海外サポート業務でオランダに行っていました。
昨年も訪れたセブンヒルズ・ロードレース。今年はシスメックス、名城大学両陸上部のお手伝いをさせて
頂きました。

シスメックス女子陸上部から参加の野口みずき選手。男子の部参加のH・ゲブレセラシエ選手(マラソン前
世界記録保持者・エチオピア)と並び今大会の注目選手としてレース前から話題を集めていました。
地元新聞でも一面で紹介されるなど04年アテネ五輪マラソン金メダリストの存在感はここオランダでも
想像していた以上に大きなものでした。

野口選手の今回参加については、指導に当たる廣瀬監督がたまたま私と同い年、同じ京都の大学出身で
面識があった事等から実現。20数年ぶりに色々と話をしましたがすっかり一流の指導者らしく成長
されたと感じました。
私は実業団陸上部当時、関東の男子チームに所属していた事もあり同監督(京都のチーム)とあまり
会う機会もなかったのが、長い年月を経て海外の地で一緒に仕事をする事になり、本当に人の縁とは
不思議なものです。

一方、昨年に続き今大会に参加の名城大学女子駅伝部
今回は先の全日本大学女子駅伝で5年連続3位入賞の主力メンバーら5名が参加。中でも小田切亜希
選手が昨年の記録を大幅に短縮、2位に入る大健闘。
若い選手達のモチベーションを刺激し大きく成長させる為にはこう言った海外レースへ参加する機会は
非常に大切と語る同駅伝部の米田監督。
学生の個人大会、駅伝共に例年しっかりと結果を出しつつも教え子の選手が卒業後もより高いレベルで
長期に渡り競技を続けられる事を視野に指導されているとの事。
厳しさの中にも愛情を持って選手に接する姿が印象的でした。

今回は男女共に世界の超一流選手が参加した同レース。ホテルや試合会場で同じ時を過ごした若い選手
達にとっては実り多い遠征となったのではと思います。

↓来年の五輪選考マラソンに向け強化練習の一環として参加した野口選手。観衆のひときわ大きな声援に
 迎えられてのゴール。


↓ゴール後、充実感一杯の名城大女子駅伝部のメンバー。


↓男子の部で優勝のハイレ・ゲブレセラシエ。既に38歳ですがこの日も起伏の激しい難コースを
 余裕の走りで制覇。公式会見では来年2月の東京マラソン参加を表明。楽しみです。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | オランダ・セブンヒルズ15... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外サポート」カテゴリの最新記事