GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

RAKハーフ遠征・その2

2013-02-14 01:01:13 | 海外サポート
ここRAKに入って2日目。
例年男女ともに好記録が続出するRAKハーフ・マラソン(2/15)。
先日、主催者から現時点でのエリート招待選手一覧が届きました。
長谷川裕介選手(ヱスビー食品)が出場する男子の部も豪華な顔ぶれ。
招待17名中、ハーフのベスト58分台1名。59分台9名。60分台3名。

男子招待参加選手一覧
(主催者からのデータに各選手の1万mやフルマラソン、メジャー大会での実績等を追加)

長谷川選手以外は全てケニア、エチオピア勢。ある意味世界ハーフ選手権より、
レベルの高いレースといっても過言ではありません。

↓ここラス・アルハイマ・ハーフのコースは平坦。この時期の気温は、朝夕は
 15~20℃。日中は30℃近くに。ただスタートは早朝7:00(日本時間
 15日正午)。気温は高めでも湿度が低く、ケニア、エチオピアの気候に似ている。
 更には、ハーフのレースとしては賞金も高額な部類。ケニア、エチオピアと時差も
 殆どなく、移動距離も空路3,4時間程度なので。アフリカ勢にとっては良い
 コンディションで臨みやすいレース。また彼らの本気度もかなり高いとあって、
 今回も序盤からハイペースになるのは必至。展開次第では世界最高記録の更新も
 夢ではありません。


↓唯一日本から参加の長谷川選手も昨年11月に1万mで27分50秒64の自己新。
 更に12月熊本甲佐10マイルでも積極的なレースで2位(46分31秒)と今、
 勢いのある選手です。


↓こちらの温暖な気候も相まって調子も上昇傾向との事。世界の強豪を相手に
 思い切ったレースをし、今後の飛躍につながる経験を積んでもらえればと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« RAKハーフ遠征・その1 | トップ | RAKハーフ遠征・その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外サポート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事