GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

大阪国際女子マラソンあれこれ

2013-02-02 23:45:29 | STCI情報
去る1月27日開催された大阪国際女子マラソン
私は過去男子陸上部に所属しての仕事が多かった為、女子の国内メジャーマラソンの現場に
足を運ぶのは今回がはじめて。
噂には聞いていましたが選手・スタッフへの大会スタッフの対応などエリート部門の運営
レベルも大変質の高いものと感じました。

↓レース当日の朝、コース沿いでは沿道整理スタッフの方が入念な打合せ。
 実は私も学生時代の1988年に同大会の補助員を経験。この黄色ウィンドブレーカーと
 帽子をかぶり、寒風の吹く中、立っていました。
 その時はリサ・マーチン(オーストラリア)が2時間23分51秒の世界歴代4位の記録で
 独走優勝。日本人トップは宮原美佐子選手(旭化成)が2時間29分37秒・当時日本最高
 で2位。懐かしいです。 
 そして、こういったマラソンイベントは大勢の裏方の存在があってこの素晴らしい大会となる
 事を再認識。


↓スタート・ゴールの長居競技場メインスタンド下に設けられたメディア・センター。
 多くのマスコミは大会関係者が数台のTVモニターでレースを観つつ、記事の作成や配信作業に
 追われていました。5k毎の上位選手のラップタイム表などもリアルタイムで資料配布。
 更にこの隣のエリアにはエリート選手の監督・コーチ陣、大会役員や陸連スタッフが戦況を
 見つめることが出来るエリアも。


↓スタート直後、3人のペースメーカーに先導されて競技場から一般道に出ていく先頭集団。
 STCIでサポートしている野尻あずさ選手も今回初めてペースメーカーを務め、2名の
 エチオピア選手と交代で25kまでトップ集団を先導。
 レースはウクライナのガメラシュミルコ選手が2時間23分台の好記録で優勝。
 上位3人が自己記録を更新するなどペースメーカーとしても達成感を得られた結果となりました。


公式結果はこちら

コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪国際女子マラソン | トップ | 千葉国際クロスカントリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

STCI情報」カテゴリの最新記事