ファイティングトップ

スクラッチ木造帆船製作日記と映画、スタトレなどあれこれです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スカイ・キャプテン

2005年05月26日 | 映画
 ジュード・ロウだのグイネス・パルトロウだのアンジェリーナ・ジョリーだの、サー・ローレンス・オリビエだのと高そうな役者が出ているので、てっきり大作系なのかと思ったら、実は、手作りに近いささやかな企画が発展した作品でした。企画立ち上げから10年くらいかかっている作品なので、実に細部までこだわっていますが、そのこだわりを万人が共有できるかと言うと、相手は選びそうです。もっとも、冒険活劇としてすごく良くできているので、こだわりを共有出来なくても、問題はないと思います。
 この映画が恐らく、役者が死亡してから後に、別の役で出演するという最初の例ではないでしょうか。サー・ローレンス・オリビエが、敵の役で出演しています。しかも若い頃のオリビエです。権利とかどうなるのでしょうね。色々解釈が成り立ちそうなので、今後のためにも知りたいところです。
 舞台は1930年代くらいだと思います。主人公が乗るのは、どう見ても、カーチスP-40ウォーフォークなのですが、ただのP-40と違い、潜水するは、銛をビルに打ち込んで急旋回するわ、すごい超兵器なのですが、でもP-40です。シェンノート少将の義勇軍フライングタイガーズに従軍したらしい主人公は、世界中に戦友がいて、色々助けてくれます。
 彼が戦うのは、ロボット(鉄人28号やアトムにでてくるようないわゆる、ブリキのロボットみたいなヤツです)だの、羽ばたき飛行機だの、レトロ・フューチャーなメカ軍団です。このセンスが気に入らなければ、この映画は終わりですが、これがピンと来る人には多いに楽しめると思います。
 普通にセット組みそうなシーンでもCGなので、ほぼ全カットがCGだと思います。ただのオフィスのシーンでもCGです。スパイキッズ3D同様、インハウスでCGやっちゃうところは、セットとか使わずに作ったほうが安上がりなのは否めないので、そうなるのですが、まだまだ傍流です。役者にしても、ブルーやグリーンスクリーンで仕事するより、セットがあるほうがやりやすいので、こうしたCGスタジオをあまり肯定する人はいないようです。でも、やっちゃうと、こっちの方が安上がりなのですがね。現場的には、あまり面白い現場じゃないので、みんなお金が使えるなら、これは避けるようです。
 とにかく、パイロット・フッテージが特典でついてたので、見比べて分かりますが、些細なことをしても、やはり役者の良し悪しが、映画のクオリティを変えるというのが良く分かります。(もっとも、CGのクオリティが本編では当然格段に上がっているので、ちゃんとみないといけませんが)
 アンジェリーナ。ジョリーは、そのコスチュームから、てっきり悪役かと思いましたが、そうではありませんでした。あと、ジョバンニ・リビシ(プライベート・ライアンで、陰気な顔の衛生兵が一番印象に残っていますが)が、天才メカニック役で出てます。
 いい役者が、どうして、こういった映画に出てくれるのか不思議ですが、おかげで、面白いことは請け合いです。キャット・ウーマンのように、呆れるようなことはありません。
 
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリテイッシュ・コロンビア... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (REALLIFE)
2005-05-28 21:32:00
こんばんは。

こちらのTBにご丁寧にお返しをいただきまして、ありがとうございます。

こちらの記事、結構詳しく書いてあって感心しました!私もまだまだだなあ(笑)と、思いました。今後も遊びに来ますので、良かったらこちらにも遊びにいらして下さいませ。

ではでは、ありがとうございました。
いらっしゃいませ~ (ろっく)
2005-05-29 00:08:04
 こちらこそよろしくお願いします~。

 映画の方は、あまり専門ではないので、とんでもないこと書いてるかもしれません^^;

 また遊びの寄らせていただきます。
こんばんは~! (猫姫)
2005-06-01 03:46:40
echoありがとうございました、猫姫です、はじめまして。

人物以外、全部CGみたいですyo。

ふ~ん、死んだ人が、、、



ぁ、またよろしくお願いしますね!
こちらこそ~ (ろっく)
2005-06-01 06:27:28
 こんごともよろしく~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

【映画】 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (REAL LIFE)
出演:ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、    アンジェリーナ・ジョリー、ジョバンニ・リビシ、    マイケル・ガンボン、バイ・リン 監督、脚本:ケリー・コンラン 2004年製作のアメリカ映画です。 つい先日DVDが出たので、購入、早速鑑賞しました。
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (のほほん ぼよよん雑記帖)
わ~~い! ジュード・ロウだ~! アンジェリーナ・ジョリーだッ!……な意気込みだけで買いましたよ、DVD。ジャンルはレトロフューチャー物。内容はインディジョーンズでもトゥームレイダーでもラピュタでもスチームボーイでも鉄人28号でも、そのあたりのをイメージして貰
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 今年の111本目 (猫姫じゃ)
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー   最近こういう時代設定のが、多くない?? 昔の近未来。 こういうのって、ちょっと、頭がこんがらかっちゃうんだケド、、、 この映画の設定は、1939年なんだって。 で、1939年に、ロボットが出てきたり、空
「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」 (ひらりん的映画ブログ)
最近よくご登場の男・・・ジュード・ロウ主演でございます。 なかなかひらりんに顔を覚えてもらえない彼ですが・・・ 原題は「SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW」。 2004年製作のSFアクション・アドベンチャー、107分もの。 あらすじ 1939年のニューヨー
娯楽活劇!! ―DVD評:スカイキャプテン― (よろずおしゃべり堂)
 先日発売された「スカイキャプテン」のDVDを購入、さっそく 観た。劇場公開時、テレビコマーシャルで流れていた、セピア調の レトロっぽい映像がものすごく気になっていたのだが、見過ごして しまい、残念に思っていた作品である。そういうわけでDVDを観た のだが、なかな.
スカイキャプテン-ワールド・オブ・トゥモロー- (坂部千尋のsparrow diary)
 幻想美にこだわったCG技術を惜しげなく使って作られた超娯楽大作SFアドベンチャー{/kaeru_en2/}観る前はあんま期待してなかったけど千尋はこれ好きっすね{/star/}なんというか力抜いて安心して楽しめるし{/hiyo_en2/}コミックブックを読むような気持ちで観れば楽しめる
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
●れんたの満足度・・・★★★★☆☆☆☆☆☆4.5点うーん、もったいない! ストーリー自体は面白いと思うし、巨大ロボットなど登場に仕方によっては、もっと迫力を出せたと思います。 つい最近、『キング・コング』を観たから余計そう思うのか、CGが安っぽいですね…