goo

2017.11.14 国道138号御殿場景観ワークショップの活動

国道138号の御殿場市エリアにおいて景観ワークショップとして活動しました。
これは「ぐるり富士山風景街道一周清掃2017」の清掃月間の活動でもあります。


●日時  平成29年11月14日(火)9:00~11:30
●場所  御殿場市萩原地区 国道138号沿道
      ※集合は御殿場市民会館の駐車場
●参加者 御殿場景観形成ワークショップ会議メンバーの団体 約70名
     (138号沿道の各自治会、市内の企業、国、県、御殿場市、NPOなど)

ワークショップ会議としては、今年で5年目になります。
当日は天候が午後から雨予報ではありましたが、午前中に実施しました。

班ごとに分かれて、作業を開始。国道沿いの植栽帯の除草、枯れ葉やゴミの除去、防護柵を景観色に塗装など「道のプチメンテナンス」を行いました。






ペンキは防護柵なので、細かな塗りが大切。水ぶきやペーパーがけを行い、水性のペンキでダークブラウンに。
虎屋さんの菓子職人さんも参加。細かな作業はお手のもの。






塗り終えたら、「ペンキ塗りたて」の表示をして終了。


最後に、市民会館の駐車場に集まって閉会と思っていたら、雨が降り出して・・・・。


この後、予報より早く雨が降ってきて、塗装したばかりの所にシートをかけて雨養生でなんとかきりぬけました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

国道138号小山町須走景観ワークショップ

2011.11.12 静岡県小山町の須走地区で国道138号の景観向上のワークショップを実施しました。
この活動も「ぐるり富士山風景街道一周清掃2017」の一環で行っています。


●日時  平成29年11月12日(土)9:00~12:00
●場所  静岡県小山町 須走 国道138号沿道
●内容  清掃・除草、ガードレール・防護柵の景観色にペンキ塗り

参加者は、地元の自治会、まちづくり協議会、自衛隊職員、子供会、消防団、花の会、国、県、小山町、NPO総勢150名ほどが参加。

開会では、町長や沼津河川国道事務所、地元のまちづくり協議会による挨拶があり、事務局から作業の説明を受けて、班ごとに分かれて作業を開始しました。


草刈り、枝払い、土が溜まっている所の除去などを行いました。




白いガードパイプやガードレールは、この地区にお景観にはふさわしくないため、ダークブラウンの景観色に塗る「プチメンテナンス」
ペンキを塗る前の水ぶき、下地処理が肝心です。



大人も子どたちも夢中で塗ります。刷ムラが気になり、二度塗り・三度塗り。
きれいになることが目に見える達成感は





ペンキ塗りが終わったら、このサインが大切。


みんなの力できれいになりました。住民のみなさんは、作業に関わったので毎日通るたびに気になる。これはもっと大事です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ぐるり富士山風景街道一周清掃2017 両県合同清掃

2017.11.11 「ぐるり富士山風景街道一周清掃2017」の重点区間一斉清掃を静岡・山梨の両県合同で開催しました。


今年で3回目になります一周清掃。10月~11月が清掃月間です。
美しい富士山となることを目指し、富士山麓の道路沿いの清掃活動を実施しました。
清掃や草刈のほか、ごみの持ち帰りなどの啓発も行いました。

●日 時 平成29年11月11日(土)9:00~正午
●場 所 開会式  富士宮市朝霧高原 道の駅朝霧高原隣
     清掃場所 静岡側 朝霧高原(国道139号沿道、さわやかパーキング、
              田貫湖周辺、東海自然歩道)
          山梨側 道の駅なるさわ~氷穴までの、国道139号線沿道
●参加者 210名(開会式)
     ぐるり富士山風景街道メンバー(関係する国・県・市町村・民間団体)
     富士山憲章推進会議メンバー(静岡県・山梨県)
     富士山朝霧高原景観管理協議会メンバー、星陵高校の先生・1年生生徒

セレモニを開催。今年もがんばろう!甲府河川国道事務所長の挨拶、富士山憲章推進会議の挨拶、スペシャルサポーターの「野口健さん(アルピニスト)」からのメッセージをいただきました。事故渋滞で送れていた静岡国道事務所長もなんとか間に合って挨拶をいただきました。


富士山憲章を参加者全員で唱和。この富士山憲章は平成10年にできたので、参加した高校生はまだ生まれていません。


セレモニーの後は、静岡県側と山梨県側に分かれて道路の草刈、ごみ拾いを行いました。


道の駅朝霧高原では来訪者に「ごみの持ち帰り」を呼びかけたり、この清掃活動などをPRしました。
高校生が大活躍しました。


朝霧高原では、最近いろいろな団体がごみを拾ってくれているので、歩道沿いにはゴミはたくさんありませんでしたが、道路脇の草むらの中にはポイ捨てゴミがたくさん。しかし、そこは危険なのでパスしました。道路管理者にお任せする箇所です。


朝は雨でしたが、途中からすっかり晴れて富士山もクッキリ。最後にもう一度記念撮影。


高校生は解散し、最後にスタッフ・道路管理者が残って沼津河川国道事務所長から最後の締めの挨拶。お疲れさまでした!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

11/14 ぐるり・富士山トレイル「富士山古道」研究フォーラムのご案内

ぐるり・富士山トレイル「富士山古道」研究フォーラム開催

富士山世界文化遺産への登録が期待されるなか、訪れる人と地域の人が良好な関係を築いていくことが大切です。
富士山を巡る様々ルートを富士山を巡る旅、廻る道、平成の富士山巡礼道=富士山古道として、その仕組みづくりを考え、提案していきます。

■日時:平成24年11月14日(水)午後1時30分~4時30分

■場所:富士市交流センター(2階 多目的ホール)

■内容:①富士山世界文化遺産(近況報告)
     ②「ぐるり・富士山トレイル 富士山古道」 趣旨説明
     ③現況調査報告(中間報告)
     ④パネルディスカッション
      パネリスト
       ・辻林  浩氏(和歌山県世界遺産センター長・熊野古道)
       ・木村  宏氏(NPO法人信越トレイルクラブ事務局長)
       ・村越  真氏(静岡大学教授、日本オリエンテーリング協会執行理事)
       ・山本 健一氏(トレイルランナー・山梨県立韮崎工業高校教諭)
       ・渡辺 英彦氏(ぐるり・富士山風景街道アクションネットワーク会長、富士宮やきそば学会会長)
       ・森山 誠二氏(静岡県副知事)
      コーディネーター 
       ・田中孝治(NPO法人地域づくりサポートネット副会長)
■主催:ぐるり・富士山日本風景街道アクションネットワーク
■共催:静岡県
■後援:国土交通省関東地方整備局、国土交通省中部地方整備局、山梨県
     富士山ネットワーク会議(富士市、富士宮市、御殿場市、裾野市、小山町)

★申込はこちらの申込書(PDF)をダウンロードしてください。

参加無料

連絡先 事務局(NPO法人地域づくりサポートネット)
    電話 054-248-1539
    Email info*shizuoka-t.net  *を@に変更してください
                           


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3/4 静岡県の行政連絡会準備会が開かれました

■名称   静岡県行政連絡会準備会 
■日 時  平成21年3月4日(水)13:30~
■場 所  静岡県富士総合庁舎


■内 容
①ぐるり・富士山ロングトレイル調査の説明
 行政の担当者にぐるり・富士山ロングトレイル調査の趣旨、事例紹介をしました。
 また、ロングトレイルのルート(ウォーク&サイクリングルート)を引くために、各市町でロングトレイルを想定したルートの提案を依頼しました。

②活動情報及びオススメの風景情報の依頼
 ぐるり・富士山風景街道として、各市町で道から見たオススメの風景の情報提供を依頼しました。

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

2/20 第2回行政連絡会準備会が開催されました

■名 称  第2回ぐるり・富士山風景街道行政連絡会準備会
■日 時  平成21年2月20日(金)14:00~
■場 所  甲府河川国道事務所会議室
■参加者  国交省静岡国道、甲府河川国道
      県(静岡県、山梨県)
      パートナーシップ事務局
       ・地域づくりサポートネット
       ・CCCMまちづくり
■内 容 
①ぐるり・富士山風景街道の取組み
 「ぐるり」としての統一的な取組みとして、 ロングトレイルのルートを引くことを行い、ルート化を通じて連携事業を検討していくことを話し合いました。

②行政連絡会について
 行政連絡会の発足についても目的、体制などについて確認しました。

③おすすめの風景情報について
 風景情報に関する考え方や情報の条件を確認しました。道路から見た風景であること、「富士山」が入ることを基本としますが、必ずしも富士山が入る風景でなくてもよいという意見でした。既に「富士山○○景」などポイントとして調査・把握している情報があるので、その情報も使いながら、まず各市町村に情報提供をお願いしていくことを話し合いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1/28 日本風景街道関東交流会に参加しました。

■名 称  日本風景街道関東交流会

■日 時  平成21年1月28日(水)13:30~

■場 所  さいたま市内

■参加者  各登録ルートのパートナーシップ事務局等
        (ぐるり富士山はCCCMまちづくりが参加)
        国(国土交通省関東地方整備局)

■内 容  ①各ルートの活動報告      
        ②意見交換
         ・風景街道への支援や今後の取組み
         ・連絡会の開催時期、内容、運営体制について
        ③その他(連絡事項)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12/2 第1回行政連絡会準備会が開催されました

■名 称  第1回ぐるり・富士山風景街道行政連絡会準備会
■日 時  平成20122日(火)1330
■場 所  富士宮市役所7階大会議室
参加者  国(国土交通省静岡国道事務所、富士砂防事務所、同省甲府河川国道事務所)
      
県(静岡県、山梨県)
      
市町村(ぐるり富士山風景街道エリアの11市町村の道路管理担当者)

      パートナーシップ事務局(地域づくりサポートネット、CCCMまちづくり) 


■内 容 
①これまでの経過・取組み等
<静岡国道事務所より>
 
・日本風景街道の動き
 ・
ぐるり・富士山風景街道の活動状況

②国・県・各市町の取組み
<静岡県より>
 
・しずおか公共サイン整備アクションプログラムの説明
<富士宮市より>
・同市朝霧地区で行った「社会実験」の概要説明

③パートナーシップ事務局より報告・依頼
20年度の活動計画の説明>
●広報誌「ぐるり通信」の発行

●活動情報及びオススメの風景情報の収集協力
 
雑誌等からの問い合わせも多くあり、風景街道として、ぐるり富士山で道から見たオススメの風景の情報を掌握しておく必要があるため、風景情報を集めることを説明しました。
 
各市町から寄せてもらう計画であること、活動団体等への活動状況の取材訪問などを行う世手であることを説明しました。

●ぐるり・富士山ロングトレイル調査の協力
 
ぐるり・富士山ロングトレイルの考え方を説明し、「歩き道」のルート調査、点検ワークショップ、ロングトレイルマップ原案作成などの調査を行うことを説明し、その調査への協力を要請しました。

■意見交換<o:p></o:p>

 ぐるり・富士山風景街道として行政の連携及び調整をしていくために、「ぐるり・富士山風景街道行政連絡会」の設立趣意書(案)が提案されました。<o:p></o:p>

今回は、即発足ではなく、各県単位で体制や窓口などの細部の詰めを行った後に、正式に発足していく準備にかかることになりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

11/27 中部地方風景街道連絡会に参加しました

■名 称  中部地方風景街道連絡会
■日 時  平成20年11月27日(木)13:30~
■場 所  名古屋市内
■参加者  各登録ルートのパートナーシップ事務局等
        国土交通省中部地方整備局


■内 容  ①各ルートの活動報告
        ②意見交換
         ・風景街道への支援や今後の取組みについて
         ・連絡会の開催時期・内容・運営体制について
        ③その他(連絡事項)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10/30 朝霧高原の風景を守る根原地区の火入れ作業に協力

■名称   富士宮市根原地区の火入れ作業 
■日 時  平成20年10月30日(水)10:00~
■場 所  富士宮市根原地区

富士宮市根原区では、江戸時代より畑地の害虫駆除や茅場の手入れ・保全などの面から「火入れ」を実施してきました。
しかし、13~14年前より環境保護団体等からの指摘を受け、一時中止していました。
ただ、この地区は草原に火入れをしないと雑木化・ブッシュ化してしまうことから、大切な風景を維持するために根原区が中心となって火入れ作業を再開しました。
この火入れによって、富士山麓独特のススキ景観だけでなく、高山植物などの植生も維持するために行うものであります。

火入れをする前に、「防火帯」をつくる作業を行います。18年度に行った時の作業の様子。
  
 
10月30日(当日)は、春4月に実施する前に、火入れの時に火を遮断する「防火帯」を先に焼いて確保する作業を行いました。
  

なお、春4月になったら根原区財産区有地の約100haのうち、40haの火入れ作業を行う予定です。ただし、この地区も高齢化が進み、いつまでこの伝統作業が維持・継続できるかが課題となっております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ