食べるの大好き

大平台小の毎日の給食を,写真と一言コメントで紹介していきます。

8月31日の給食 <2学期の給食が始まりました!>

2011-08-31 | 今日の給食はこれ!

ごはん 牛乳 トマトチキンカレー ★きゅうりの即席漬け なし

エネルギー640kcal たんぱく質19.8g 脂質16.1g 食塩2.1g

今日の給食の写真は「6年生」のものを掲載してあります。

★印は「カミカミメニュー」です。特によくかんで食べて欲しい献立です。

今日から2学期の給食が始まりました

 久しぶりの給食に、子どもたちは、「あつ~い」 「おいしすぎる~」と、笑顔いっぱいで

 食べてくれました

   1ヶ月ぶりの給食なので、今日は子どもたちが食べやすいように、大好きな「カレー」に

 しました。しかも、トマトがたっぷり入った「トマトチキンカレー」 です

 この料理は、昨年度募集した「家庭の自慢料理」で紹介していただいたもので、

 募集が冬だったため、夏になったらぜひ実施したいと思っていました

  しょうがとにんにくと一緒に鶏肉を炒め、野菜も加えて煮込んだ後、トマトを

 ピューレにしたものを加えてじっくり煮込みました。トマトが苦手な子もいるので、

 給食ではダイスカット(サイコロカット)ではなく、ピューレにしましたが、トマトが

 お好きな方は、ぜひダイスカットでお試しください。トマトのほのかな酸味と甘みが

 加わり、いつものカレーとは一味違ったコクのあるカレーができあがります

 新メニューだったので、「トマトが丸ごと入ったカレー」を想像している子もいて、

 トマトが苦手な子は心配していたようですが、どの子もおいしそうにペロリと食べられ、

 「おいしい」 「なめらかだね」と大好評でした

  今日のデザートは旬の「梨」でした。梨は水分が多く、ほてった

 体を冷やし、のどの渇きもいやしてくれます。今日の梨は、上品な甘さがある「幸水」と

 いう種類です。

   1年生の給食     6年生の給食   

  1年生の量と6年生の量では、こんなにも差があります。それだけ、体の大きさや

  活動量に差があるということですね。小学校6年間の成長はすごいですね。

  そんな大切な成長期を子どもたちが元気いっぱいに過ごせるよう、衛生管理に

  十分注意し、栄養満点の子どもたちに待たれるおいしい給食作りに努めてまいります。

  2学期も学校給食への御理解と御協力をよろしくお願い致します。

  また、皆様からの御意見や御感想をお待ちしておりますので、お気軽にコメントを

  お寄せいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。

コメント

レシピ:いわしの昆布巻き

2011-08-23 | レシピ

いわしの昆布巻き

   以前、給食の「昆布と豚肉の煮つけ」のレシピを紹介させていただいたところ、

  「我が家では、鰯や豚肉の昆布巻きを作るよ。」というコメントをいただきました。

  その「いわしの昆布巻き」のレシピを教えていただきましたので、早速皆様にも

  紹介させていただきます ぜひお試しください

            

4人分

・背黒鰯 10尾     ・早煮昆布 20グラム  ・ごぼう 1/2本
・水 2カップ       ・酒 大2と2分の1
・酢 小1                ・砂糖 大4
・しょうゆ 大2          ・みりん 大1

作り方

①早煮昆布は使う30分くらい前に水に浸しておく。
②背黒鰯は、頭、内臓、背びれ、尾などを落とす。軽く水で汚れをおとす。           ③鰯の大きさ(7センチくらい)がまけるくらいに昆布を切る。
④昆布で鰯を1つずつ巻き、たこ糸で結ぶ。
⑤水、酒、酢を煮立て、昆布巻きを並べていれる。落としぶたをして、30分くらい煮る。
⑥ごぼうも一緒に加え煮る。

⑦竹串ですっと、通るようになったら、砂糖、醤油を入れて15分くらい煮込む。        その後、みりんを入れて、火を止める。さめるまでそのままさます。

盛りつけの時、たこ糸をとる。




コメント

お家で給食:こんにゃくのピリ辛炒め

2011-08-04 | レシピ

こんにゃくのピリ辛炒め

  エネルギー11kcal たんぱく質0.3g 脂質0.3g 食物繊維1.1g 食塩0g

   作っている最中からごま油のよい香りがし、食欲をそそります

  また、七味とうがらしを少々加えてあるので、食欲が落ちる夏にピッタリです

作り方 4人分

・板こんにゃく:1枚 → ひと口大の三角または四角に切る → 一度ゆでる(下ゆで)

板こんにゃくは、味がよくしみこむよう、いつもより長めに下ゆでをしてください。

・乾燥きくらげ:2個 → 洗ってから水につけてもどし、短めのせん切りにする

・みりん    :大さじ1

・しょうゆ   :大さじ1

・ごま油    :小さじ1 

・七味とうがらし:少々

作り方

①フライパンを熱し、下ゆでしたこんにゃくを中火で炒める。

②こんにゃくを十分炒め、表面の水分がとんだらきくらげも加え炒める。

③みりんとしょうゆを加え味をととのえる。

④仕上げにごま油を回し入れ、七味とうがらしをお好みで加えできあがり

大量調理と異なるため、調味料(みりんとしょうゆ)は加減してください。

コメント

お家で給食:鶏肉のトマト煮

2011-08-03 | レシピ

レシピ:鶏肉のトマト煮

   鶏肉を旬のトマトで煮込んだ料理です

  トマトが家にない場合でも、トマトの水煮缶があれば簡単にできちゃいます

  ぜひお試しください

材料 4人分

・鶏肉:160g  → ひと口大に切る   ・にんにく:1かけ→みじん切り

・たまねぎ:1個 → 1.5㎝角ぐらいの角切り

・ぶなしめじ:1/2パック → 石づきをとりほぐす

・オリーブオイル:小さじ1/2

・トマト または トマト水煮缶:100g(1/2個) → 1.5㎝角ぐらいの角切り

トマトはミキサーにかけ、ピューレ状にしてくださっても結構です

・白ワイン:大さじ1

・塩・こしょう:少々

・トマトケチャップ:大さじ2

作り方

①フライパンにオリーブオイルをしき、弱火でにんにくを炒め香りを出す。

②にんにくのよい香りが出たら、鶏肉を加え中火で炒める。

③鶏肉の色が変わったらたまねぎと塩・こしょうを少々加え炒める。

④たまねぎがしんなりしたら、ぶなしめじを加えさっと炒める。

⑤トマト、白ワイン、トマトケチャップを加え、味がなじむまで煮込む。

⑥塩・こしょうで味をととのえ、できあがり

 鶏肉を扱うときの注意点

  鶏肉には、「カンピロバクター」という食中毒菌が多くいます。
そのため、鶏肉を扱う時には以下の点に注意してください。

鶏肉は、使用する直前まで冷蔵庫に入れておく。
 ・室温に置くと、気温が高く菌が増えやすいため危険です
野菜サラダ等を一緒に作る時は、始めに野菜を切り、
最後に鶏肉を切る。
 ・菌が他のものにうつらないよう、きれいなものから扱いましょう
しっかり加熱する。
 ・カンピロバクターはしっかり加熱(75℃の加熱で1分以上)すれば死滅します
鶏肉を扱ったあと、手や包丁・まな板は洗剤でしっかり洗う。
 ・鶏肉についていた菌が、手や器具にもついています。
 そのため、菌を他にうつさないために(二次汚染の予防)、しっかり洗剤で洗いましょう
包丁・まな板を洗ったスポンジもしっかり洗い乾かす。
 ・包丁・まな板についていた菌がスポンジにもうつっています
 そのため、洗うのに使用したスポンジも洗剤でしっかり洗い、しぼって水気を
 きっておきましょう。
  そのあと、除菌ができる洗剤をかけ、風通しのよいところに置いておくとよいです。
 スポンジは、次回洗剤を洗い流さなくてもそのまま使えます。

さらに言うと…
 「肉や魚」と「野菜」に使用する、包丁・まな板、スポンジ等を分けると、二次汚染の
 防止になります。

 「カンピロバクター」などの“食中毒菌”は、家畜やペット、土、川、海など、
どこにでも住んでいます。
なので、怖がる必要はありませんが、食中毒防止のためにも、正しい知識を身につけ、
「つけない・増やさない・殺す」を頭に入れ、
①しっかり洗う(食品・手・器具など)
②低温(冷蔵庫や冷凍庫)に保存する。
③加熱する
を心がけましょう。

コメント

お家で給食:カレースープ

2011-08-02 | レシピ

レシピ:カレースープ

  エネルギー:70kcal たんぱく質:3.5g 脂質:2.5g 食物せんい:1.9g 食塩:1.0g

   野菜がたっぷり入ったスープですが、カレー味なので野菜が苦手な子でも

  食べやすく、カレーに比べてあっさりしています

  ぜひ、お好みの野菜や、逆にお子さんが苦手な野菜を小さく切ったりしてなどして

  加えてお試しください

材料 4人分

・ベーコン:1枚 → 短冊切り

・たまねぎ:1個 → 薄切り

・にんじん:1/2本 → いちょう切り

・キャベツ:大きめの葉2枚 → 短冊切り

・塩:少々  ・カレー粉:少々  ・カレールウ:小さじ1  ・ウスターソース:大さじ1

・コンソメ:1個  ・溶けるチーズ:大さじ1  ・水:1カップ(200cc)

作り方

①鍋を熱し、ベーコンを炒める。

②たまねぎ、塩、カレー粉を加え、たまねぎがしんなりするまで炒める。

③にんじんも加え炒める。

④水1カップ(200cc)を加え、煮だったらキャベツを加え煮る。

⑤野菜がやわらかくなったらアクをとり、コンソメ、カレールウ、ウスターソースを加え、

味をととのえ、最後に溶けるチーズを加えてコクを出して出来上がり

大量調理と異なるため、水は煮やすいように調整してください。

コメント (2)

お家で給食:スパイシーポテト

2011-08-01 | レシピ

スパイシーポテト

   エネルギー71kcal たんぱく質1.1g 脂質2.1g ビタミンC25㎎ 食塩0.2g

   日中は暑い日が続いていますが、みなさん暑さに負けず元気に過ごしていますか?

  今日は、子どもたちが大好きな「スパイシーポテト」を紹介させていただきます。

  これは、油で揚げたじゃがいもに、塩・こしょうの他にカレー粉やチリパウダーなどの

  スパイスをまぶしたもので、スパイシーなので、食欲が落ちる夏でもしっかり

  食べられます

材料 4人分

・じゃがいも:4個  ・揚げ油:適量

・塩:小さじ1     ・こしょう・パプリカ粉・カレー粉・チリパウダー:少々

作り方

①じゃがいもはひと口大か、太目のせん切りなど、好きな大きさに切る。

②じゃがいもを油でカリッと揚げる。

③塩・こしょう・パプリカ粉・カレー粉・チリパウダーを合わせ、揚げたてのじゃがいもに

まぶす。

スパイスが全体にまわるよう、油で揚げたごとにスパイスをまぶすとよいかと思います。

  

コメント