gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

『BLAZBLUE(ブレイブルー)』の感想レビュー(ゲーム)

2009年06月25日 03時34分15秒 | ゲーム
アークシステムワークスからプレステ3の格闘ゲーム、『BLAZBLUE(ブレイブルー)』が発売中です。

通常のいわゆるアーケードモードとは別に、長時間プレイ可能なストーリーモードが付いているとゲーム雑誌に書かれていたので、前々から気になっていたのですが、豪華声優陣によるフルボイス&マルチエンディング仕様を謳っているだけあり、ちょっとしたビジュアルノベルクラスの出来映えで驚かされました。
\(^_^)/

ストーリーモード開始直後から、物語の発端となるエピソードが映画のオープニングのように流れ出す演出がステキです。
次世代機らしい美麗なグラフィックは、2D部分、3D部分ともに対戦格闘ゲームとして十分に満足のいく仕上がりです。

ストーリーモードの詳細な分岐条件はまだ不明な部分も多いですが、定期的にセーブポイントも用意され、各キャラクター毎に2周目以降既読の文章は選択肢までのスキップ機能アリと、攻略に便利なシステムが嬉しいですね。

お話の展開もアーケード版に似たシリアスなものから、全く雰囲気の違うコミカルなものまで、それぞれ数種類ずつのエンディングが用意されているようで至れり尽くせり。
難易度もオプションの設定が有効なので、ある程度の腕があればコンプリートも夢では無さそうです。
分かりやすく言えば、ギルティギアシリーズにあったストーリーモードがグラフィック的に良進化した様なイメージが近いと思います。

4人同時対戦も可能なオンラインのネットワーク対戦への対応だけでなく、購入者が長く遊べるように配慮した、充実のオフライン1人用モードを用意するスタッフさん達の心意気には頭が下がる思いです。

また、ゲーム全体のテーマ曲には名前が小文字になって活動の世界が広がったkotokoさんの新曲、『蒼-iconoclast』を起用していることも話題ですね。
GONZOさんらしいヌルヌル動くハイクォリティーなアニメーションとの組み合わせは鳥肌もので、作品の世界観を余すところ無く伝えてくれるので必見です。

コンシューマー版のオープニングアニメの他に、アーケード版のオープニングもギャラリーで閲覧可能で、かゆい所に手が届いています。

根っからの対戦格闘ゲーマーの方だけでなく、アニメ好きなライトゲーマーの方にもオススメしたい逸品です。

気になった方は是非、チェックなさってみて下さいませ。

ジャンル:
格闘ゲーム
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ゼロの使い魔17巻 黎明の修... | トップ | バンブーブレード11巻の感... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゲーム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ブレイブルー (まりえのつぶやき)
ブレイブルーのxbox版を購入予定なんですが、アーケードスティックを買うか買わな...