gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

よくわかる現代魔法第8話『scratch monkey』の感想レビュー

2009年08月30日 17時58分12秒 | 今まで見てきたアニメ
物語の点と点をつなぐお話でした。
複雑に絡み合ったりはしないものの、基本的に関係が無さそうだった事件が、実はクリスマスショッパーのプログラムを中心に繋がりを持っており、その力に魅せられた者達によって混乱は広がる一方…という感じですね。

美鎖が信用していたホアンもまた、その魅せられた者の1人であり、袂を分かつことに!…と、物語的に一気に話が進んだわけですが、ちょっと説明セリフに頼りすぎな感も。

更には、美鎖の過去の過ちを見せ、自分の蒔いた種が発端である今回の事件で、そんなことはさせないと優雅に活躍する様子を印象付けようとする意図は伝わって来るのですが、熊のぬいぐるみが巨大化するという展開はかなり緊迫感にかけて残念な結果になっていた気がします。
あくまで私見ですが、正義ぶるつもりはないけど颯爽と活躍する美鎖、というような見せ方ならまだしも、あれこれ出し抜かれた上に件のアミュレットの超パワーで解決!という描き方には、キャラ的な魅力で盛り上げようという意思があまり感じられず、はっきり言って萎えました。
せめて飛行機の作画が迫力あるものになっていたりするならまた違うとも思いますが…。

ホアンの出番自体が今まで少なく、あまり“予想外の展開!”とか“まさか、アイツが犯人だったとは!”と感じさせる要素が無かったのもマイナスかなと。
事件を順に追っていく中で、信用に足ると思っていた人物が実は!というような演出に持っていくべきだったと思います。
というか、原作1巻ではそういう雰囲気で好印象だったものを、わざわざアニメ版のために色々変えてまで見せるだけの価値は無かったのではないかと。

いや、前回の予告で煽っていた美鎖の過去についての回想が意外と呆気なかった事が、個人的に残念だったので、その後の展開が色褪せて見えるようになってしまった感は否めない訳ですが、お色気ネタに走ったわけではないにも関わらず、色々と中途半端な印象になってしまったのは残念でした。

種が明かされ、後はどうやってホアンを倒すのか?が最大の焦点となる訳ですが、テンポを崩さずに最後まで描ききってくれることに期待したいです。

次回、第9話、『Open DeathTrap』

美鎖対弓子の対決シチュエーションは盛り上がりそうですね。
派手なだけではなく、説得力(もしくはお色気パワーww)のある魔法合戦が見られると良いなと思います。


コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 『薔薇のマリア12.夜に乱... | トップ | CANAAN第9話『過去花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今まで見てきたアニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

よくわかる現代魔法第8話『scratch monkey』の感想レビュー (萌えレビュ!)
物語の点と点をつなぐお話でした。 複雑に絡み合ったりはしないものの、基本的に関係が無さそうだった事件が、実はクリスマスショッパーのプログラムを中心に繋がりを持っ...
よくわかる現代魔法 第8話 scratch monkey (つれづれ)
 くまのぬいぐるみにびっくりしました。それまでいろいろありましたけど、今回はとにかくくま。ふじおかみたいなくま。アスラクライン最終回みたいな展開でしたがずっとファンシーです。