gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うみねこのなく頃に第9話『episodeⅡ-Ⅳ skewer』の感想レビュー

2009年08月27日 18時01分15秒 | 今まで見てきたアニメ
狼と羊の川渡しパズル理論は正しいのか?
使用人達と右代宮血縁者の間に大きな亀裂が入るお話でした。
いや、実際には楼座の推理を完全に否定することが出来なくて、疑念を取り払えない状態が続いているのであって、心情的に使用人達を疑いたくない戦人にしても、紗音が気掛かりでしょうがない譲治にしても、本気で疑っているのでは無いわけですが。

一方、使用人達も自分達が犯行に関わっていることは否定するものの、急に激昂したりはせずに楼座の指示に従っていましたが、刻々と時間が過ぎていく中、新たな惨殺劇が…という、ある意味お約束のシチュエーションでもありましたね。

朱志香の殺害現場は密室状態だった訳ですが、朱志香自身がもつ部屋の鍵以外にも各使用人達がそれぞれ一本ずつマスターキーを持っているということが明らかに。
計5本のマスターキーの存在は赤字で確定されたわけですが、それを踏まえて第一の事件を推理し直すのもアリかも知れませんね。
推理モノとして考えると、ちょっと後出しで卑怯かな~とゲーム版で遊んでいた時に感じましたが、鍵をどうにか手に入れることさえ出来れば、人間にも犯行が可能という場面は多いでしょうし、むしろ戦人にとって有利な側面も多いというのは見逃せませんね。

今まで真里亞へのビンタはともかく、親世代の中では目立たなかった楼座が、ここに来て急にリーダーシップバリバリな展開になったのが印象的でしたが、右代宮家代表としての責任感がそうさせるのか、全く違った思惑があるのか気になるところです。
戦人や譲治を撃たないから潔白という説明はある種の説得力はあるものの、後で撃たないとも限りませんし。
狼と羊のパズルについては、現在の状況と比較する事に意味があるのか無いのか、断定することは出来ない気がしますが…。

嘉音くんが朱志香の部屋で殺害された後、その中に隠されたままだったのか犯人に連れ去られたのかは分かりませんが、後で使用人達を襲った時点では既に死んでしまっている可能性が高そうではあります。

そう考えると、使用人達を襲ったのは嘉音くんの姿を装った別人なのか?と考える事も出来るわけですが、その嘉音くんは再び魔法剣で斬りまくり!的な人間離れしたシチュエーションになっていましたし、果たしてそれが本当に起こった事なのか?と、信じがたい気もしますね。
紗音のとっさの機転で馬脚を表した嘉音くんですが、蜘蛛の巣を当てられて消えたのは、嘉音くんが黄金の蝶と関連があったからというような意味が込められていたのでしょうか?

仮に別人の変装だったとしても、ハンカチを当てられて消滅する人間などいないわけで、どの様に解釈すれば良いのか難しい所ですね。
ベアトが死体を蘇らせて下僕として操った…というような意味合いなら、戦人もお手上げな訳ですが。
(^_^;)

関係ないですが、源次のナイフ投げがやたら様になっていて格好良かった件ww
まさかその投擲技術が大きなヒントとかだったらどうしようかと思ってみたり。

厨房に辿り着いて息も絶え絶えな嘉音くんと、使用人室で暴れ出した嘉音くんでは全く性格が違うような気もしますが、その嘉音くんは楼座が犯人だと伝えていたことはどの様な意味を持っていたのでしょうか?
彼が本物で、真犯人が楼座なら、楼座のみが狼で、戦人や譲治が危ないから助けにいこうとする源次達は羊な訳ですが、嘉音くんが偽物なら、楼座が犯人だという情報もフェイクで、羊同士の仲間割れを狙うなどの理由があるという事でしょうか?
どちらの場合も使用人は羊、という前提になるわけですが、使用人全員が狼なのか、羊なのか、それとも混ざっているのかはまだ証明できないような気がします。

紗音が嘉音くんを偽物だと判断した理由も、イマイチ不鮮明でしたね。
彼女にしか気付けない何かがあったのか、謎の殺人犯がいるかも知れない状況で、単独でボイラー室まで行ったことはちょっと不自然な気がしました。
助けるための道具を取りに行ったのなら、まだ理解しやすい気もするのですが、倒すための道具を取りに行ったのには、やはりそれなりの判断材料が無いと説得力的に納得いかないかなと。

結局、南條先生と熊沢が血祭りにされてしまいましたが、どこから切り崩していくべきか謎だらけでしたね。

戦人は使用人達を全員潔白だと信じたがっていますが、それも願望であって根拠はない訳で。
それなら使用人全員がグルで右代宮血縁者が被害者だという楼座の主張の方がまだあり得そうな気もします。
使用人に被害者がいるのは仲間割れ、みたいな方向で考えるとか。

今までのep1と2だけを見る限りでは、手掛かりが少なすぎて難易度が高いなという感じですね。
ゲーム版のep5をクリアされた方なら、今回の展開にも違う仮説や解釈を立てられるような気がするのですが、まだその段階ではないですし。

今回ベアトが赤で話すのを渋ったところに何らかの秘密が隠されている可能性が高そうですが、このままどんどん被害者は増えていきそうで怖いですね。
(((゜д゜;)))
ep2は殺害シーンが過激なので、個人的に猟奇度アップな感じが苦手だったり。
劇中の戦人と上位世界の戦人の両方に頑張って欲しいところですが…。

次回、第10話、『episodeⅡ-Ⅴ accept』

結構早い展開でしたが、打開策は見つかるでしょうか?
というか、もっと煉獄の七姉妹達の活躍が見たい気もww


コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 狼と香辛料Ⅱ第8話『狼と蠱惑... | トップ | 涼宮ハルヒの憂鬱第22話『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今まで見てきたアニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

うみねこのなく頃に第9話『episode?-? skewer』の感想レビュー (萌えレビュ!)
狼と羊の川渡しパズル理論は正しいのか? 使用人達と右代宮血縁者の間に大きな亀裂が入るお話でした。 いや、実際には楼座の推理を完全に否定することが出来なくて、疑...
(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第9話 「EpisodeII-IV skewer」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション <初回限定版> Note.01 [DVD]クチコミを見る また新たな密室殺人が起きてしまった。行方不明の嘉音を筆頭に、マスターキーを持つ使用人たちに疑いの目が向けられる。使用人の犯行を疑わ...
[アニメ]うみねこのなく頃に:第9話「EpisodeII-IV skewer」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
 嘉音のトリックがわかれば全てがわかりそうなのに。