gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Angel Beats!第13話(最終回)『Graduation』の感想レビュー

2010年06月27日 17時57分32秒 | 今まで見てきたアニメ
最終回はゆりっぺカワユスなぁ!と思ったのも束の間、美味しいところはやっぱり天使ちゃんが持っていった気が。
色々ツッコミどころは多かったと思いますが、無事に卒業式を迎えられてスッキリしましたし、良かったのではないかと。

ゆりっぺについては、生前の負い目で背負っていた葛藤と、リーダーとしての責務という重荷が無くなったからこそ、彼女本来の普通の女の子らしい表情が見られるようになったのだと思います。
ここに来てようやくデレ期到来というか、はじめから要所要所でこういった姿が見られていたら、人気的にも天使ちゃんに負けていなかったような。
(^_^;)
彼女自身の物語については、前話で既に完結していましたから、今回はファンサービス的な意味合いだったかなと思います。
天使ちゃんと抱き合うところを見て、『…ゆりっぺが百合っぺぇ…』とか無駄に思ってしまった件。
あれだけ敵対していたのに、それは都合が良すぎだろという意見もあるとは思いますが、それもやっぱり戦士ではなく、ひとりの女の子としての彼女の姿として考えれば納得しても良いところかと。

直井きゅんが人に泣くなと言いつつ、自分が号泣していたところや、日向がハイタッチで爽やかに消えていったところは、それぞれらしくて良かったですね。
直井きゅんは、一番自然な感じで生前の悔いを救われたキャラというイメージだったと思うので、卒業式にはぴったりな存在だったかと。
日向は、ゆりっぺを見送ってから自分も去っていった、という所が熱かったですね。
日向とゆりっぺの出会いについては、前日出版されたABトラックゼロの方に詳細が描かれているので、興味のある方はそちらも読んでみては如何でしょうか?
行動パターン的には、ある意味音無よりも主人公チックだったと思います。
ご都合主義と言われようが、来世ではゆいにゃんと再会して結ばれて欲しいところですね。

で、最終回の一番の見所は、ようやく明かされた天使ちゃんの正体=音無の心臓を移植された女の子だった、ということでしょうね。
視聴者の多くが気にしていたことなので、謎のまま終わらせずにしっかりと説明したことは良かったと思います。
個人的には、1話で刺したシーンを見てから今まで、全くそこが伏線だと気付かなかったのでテンション上がりました。
伏線を伏線だと気付かせずにとけ込ませる&回収時に納得させるというのは、ものすごく腕が必要とされる部分だと思います。
やっぱり麻枝さんスゴいなと感じさせてくれたので大満足。
天使ちゃんの胸の上で心音を聞いたから記憶が蘇ったというのも、唐突ではあるものの、そういうことだったのか~と驚かされました。
ぶっちゃけ、これが見れただけで最終回満足した!的印象だったり。
(追記:ブログ巡回していて何人かの方がおっしゃっていましたが、まさにAngel Beats!=天使の鼓動=心音だったわけですね。ますます気付きたかったw)
\(^_^)/

音無の心臓のお陰で幸せな人生を送りながらも、そのお礼が言えなかったことだけが心残り、という設定を持ってきたのも、お話的に綺麗でしたし、それを引き合いに出されたら音無的に天使ちゃんと別れざるを得ないよね、という意味でも説得力が高かったと思います。
切ないけど、これがベストな締め方だったかなと、目からウロコでした。

その反面、音無が心臓が無しでも特に支障なく暮らせていたことに対する説明、ゆいにゃんは死の直前まで体に障害があったのに、こっちでは自由に動けていた事との矛盾、音無より確実に後で死んだはずの天使ちゃんが、音無より先に死んだ世界に来ていたという時間的な謎、天使ちゃんが幸せに過ごせたのなら、心残りに思うより純粋に感謝して死ぬことも出来たのではという疑問、天使ちゃんが消えた後に音無がそれを笑って見送り&自分も成仏出来るのか?などなど、十分説明の無いまま棚上げにされた事柄は多すぎたと思います。
音無が死んだ世界にバグとして来たことが、数々のイレギュラーの原因になっていたのだという風に考える余地はありますが、それにしても確定的な証拠とするには不足かと。
そこら辺が気になりますね。

物語的にはCパートで来世の音無と天使ちゃんが再会…的な演出が入っていましたし、深く考える必要性は無いのかも知れませんが、死んだ世界で暮らした音無視点で考えれば、最後に愛する人を目の前で見送らなければならなくなってしまったわけで、むしろ後味の悪いバッドエンドだという見方もできるかも。
天使ちゃんと別れることはつらいけど、最後は笑って『みお~くぅっ~た~♪』のだと視聴者が感じられるようにした方が良かった気もしますね。

というか、個人的には、天使ちゃんが消えて動揺したものの、ひとしきり泣いてから冷静になった音無は、遂には天使ちゃんが無事に旅立った事を喜び、自分も再会の希望を胸に成仏した…という解釈なのですが、同じく最終回を見終わったリア友と話してみると、『その後の音無がエンジェルプレーヤーをつくったんやろうなぁ…。』と真顔で言われて焦った件。
\(゜□゜)/

確かに12話の謎の少年が語っていた作成者の特徴と類似した要素は多かった気もしますし、わざわざその情報を劇中で語ったのも意味深と言えば意味深。
いつからエンジェルプレーヤーが存在したのかというパラドックスをひとまず置きつつ、時間がループ、もしくは現世とは違った法則で流れている可能性をも仮定するなら、特にプログラミングに詳しくない音無でも、ひとり残された世界でエンジェルプレーヤーを改良して、そもそもの引き金となった製作者のポジションへ成り代わることも可能…みたいな考えらしいのですが果たして?
個人的には、それだといつまで経っても音無と天使ちゃんが再開する場面が訪れないから違うんじゃないかな~と思うのですが、あまり見返していないので、単純に伏線に気付かなかなっただけなのかも?と、他ブログ様を巡回する前にガクブルしてみたり。
他にもこういう考えに至った方がいらっしゃるのか気になるところです。

深読みはともかくとして、最後まで楽しく視聴する事が出来て良かったです。
スタッフの皆様お疲れ様でした!
2クールで掘り下げとそれぞれのエピローグが強化されていた方が個人的には好みでしたが、天使ちゃんを筆頭に主要キャラの魅力を十分に引き出しただけでなく、ガルデモ&挿入歌や、印象的な回想シーンなど、ツボを抑えた演出が素晴らしかったです。

また、当ブログをご訪問下さった読者の皆さんと、トラックバックでお世話になりましたブロガーの皆さんにも感謝とリスペクトを。
1話で唱えたゲーム内世界説があっさりと見当外れに終わったりと、途中から注目ポイントが天使ちゃんばかりになった感もありましたが、無事にラストまで完走できてホッとしてみたり。
次クールは目玉的なアニメ作品が無い説もちらほらと囁かれておりますが、視聴アニメが被った際は、たまに足を運んでいただければなと思います。
3ヶ月の間、お読みいただいてありがとうございました~。



Angel Beats!公式サイトへはこちらから

Angel Beats!公式サイトはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/4621-935a9cac
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/297bea75b9
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansaianime/51565121
http://bubbleforest.blog113.fc2.com/tb.php/427-d9d28db2
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/51485841
http://gunjyou8010.blog134.fc2.com/tb.php/13-967eee37
http://blog29taka.blog107.fc2.com/tb.php/1102-eeb99178
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/tb.php/1924-3eaee0d2
http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2143-6c957784
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/1572-87c9a193
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/303-8de9a779
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/1069-3b0bc471
http://chunou2.blog97.fc2.com/tb.php/1130-429a19e1
http://marushou.blog68.fc2.com/tb.php/827-93514016
http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3005-4ddc9336
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/5448fab790
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/tb.php/1656-http://thesecondstar.blog108.fc2.com/tb.php/348-de804d28162d3a7e
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/tb.php/1217-74f6a92d
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/f1d87901a71bc69957d0884788b86f62/b4
http://cactusanime.blog104.fc2.com/tb.php/1198-cc602dad
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/tb.php/3074-f72297c0
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1995-ac43d4bf
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1483-5de3ff42
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2010-06-26-1/trackback
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/895-2eef68e1
http://lessiy.jugem.jp/trackback/2280
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/tb.php/666-d0ac5894
http://sugarlight.blog41.fc2.com/tb.php/182-4488bc16
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/52d91e8dc4
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/superunkman/50684140
http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20100626/1277526911
http://toshibou1213.blog48.fc2.com/tb.php/358-adaaf2ac
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/1103-6554ab63
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/90-b85408a1
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/223-b8c47d31
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1230-20a869cb
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/4007-b55f11b4
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/trackback/1033512/25814647
http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/tb.php/890-7b9f26ac
http://kiokuno2.blog31.fc2.com/tb.php/1062-46b9609c
http://mapdiary.blog37.fc2.com/tb.php/684-a767fe0e
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/621-bc88d568
http://ilikemanga.blog87.fc2.com/tb.php/796-7b4af634
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10573801377/0fe7ad62
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/tb.php/3563-0dcd068b
http://soraxcan.blog59.fc2.com/tb.php/1892-c461f695
http://khstar.blog110.fc2.com/tb.php/118-deb78924
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/tb.php/2299-db9b47a3
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/tb.php/1064-233f83d9
http://kate555.blog59.fc2.com/tb.php/1166-3638856b
http://spadea.jugem.jp/trackback/7016
http://kokonoi.blog93.fc2.com/tb.php/352-010133bb
http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/459-3b8645f0
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/tb.php/1865-be0e5042
http://tokkurin.blog109.fc2.com/tb.php/1282-01cfeef3
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/2325-c1b5550a
http://amkatan.blog118.fc2.com/tb.php/1218-938c817c
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/3166-a9ade05e
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/461-770669f1
http://uhdintd.blog121.fc2.com/tb.php/633-7648d34c
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/956-b392b209
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/2fde40ed4d60736e410410e3e8d5ce55/3f
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/1728-4c6fec5c
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/trackback/1033706/25975894
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/1240-19629e01
http://itigototyoko.blog109.fc2.com/tb.php/114-60721ff3
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/461-6e7c125c
http://karmasoma.blog3.fc2.com/tb.php/139-c8cc3b95
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51574394
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/7185fdfc5e641395195dc9a946052a66/a0
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/tb.php/936-7bdbd42a
http://taiho8.blog62.fc2.com/tb.php/146-3c169086
http://kachiani.blog121.fc2.com/tb.php/367-96c24a39
http://bitayoshi.blog28.fc2.com/tb.php/59-7c66e54c
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/tb.php/2178-811ee196
http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/160-d225b541
http://blogs.yahoo.co.jp/ssaeg07fok/trackback/705827/33459063
http://tarararattara.blog40.fc2.com/tb.php/392-dae51546
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210189/48722035
http://tomokunno.blog108.fc2.com/tb.php/226-d323a346
http://ekitti.blog71.fc2.com/tb.php/457-7d0f6eec

コメント   この記事についてブログを書く
« 6月26日(土)のつぶやき | トップ | 6月27日(日)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今まで見てきたアニメ」カテゴリの最新記事