gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とある科学の超電磁砲第24話(最終回)『Dear My Friends』 の感想レビュー

2010年03月21日 04時00分28秒 | とある魔術の禁書目録&超電磁砲
最終回らしいハイスピードバトルアクション&大団円エンディングでした。
最近のアニメって凄いなぁというのを肌で感じられる滑らかな動きにはゾクゾクさせられること請け合いかと。
っていうか、パワードスーツでガチバトルになるのかと思ってたら、その上から重機ロボみたいなのを重ね着…ですと?
とある学園都市のアーマード・コア、はじまるお!!(違)

前回ラストでしっかりと車を追いかけていたのがいきなりダミーと判明していたり、突っ込むまもなく全員集合→最終決戦の地へ!という流れにはちょっと笑ってしまいましたが、アレだけ派手に迫力バトルを見せられれば黙って見守るしか無いかなという感じかと。
力技を見せるところは力技を、設定的な部分を見せるところは設定を、と、分けて描いたのはシンプルで良かったかと思います。
アバンのテレスティーナの過去や、木原をジジイ呼ばわりする描写なども考えると、昔は純粋に慕っていた彼女も、やはり、実験のせいでねじまがらざるを得なかったのだろうということが予測できますね。
今も木原を心から信じていて、ラスボスは木原説が濃いっぽいかなと想像していたのでちょっとあっけない気もしましたが、事件後にテレスティーナ生存→真相は今後明かされるかも?的に終わっていったので2期に期待かw
眠れるチャイルド・エラー達の能力を暴走させて衿衣をレベル6に…というあたりの件は、禁書原作で体晶関連の事件を詳しく知っている人にはおお~!という感じかと思いますが、ちょっと駆け足過ぎて初見の人には理解しづらかったかも。
実験が失敗して学園都市が崩壊しても構わないというテレスティーナの傲慢さ(或いは心の奥底では自分を実験のモルモットにさせた学園都市を崩壊させてしまうことこそが真の願いかも)と、それだけはなんとしてでも回避しないといけないという美琴達の緊張を伝える効果は十分にあったので良し、といったところでしょうか。

いろいろと暗躍していたテレスティーナでしたが、いざ、その構想をペラペラとしゃべりだした途端、美琴に自分を哀れんで欲しいだけでしょ?的に看破されてたあたりがせつなかったですね。
独善的で独りよがりな私怨を土台にしたレベル6進化計画は、たくさんの仲間と絆を深め合った美琴達の手によってもろくも崩れ去った、と、勧善懲悪の王道を行く終わり方だったと思います。

レールガンを分析して作ったという、それよりも出力の高いテレスティーナのレールガンもどきが、美琴によって打ち破られたのは、単純に皆を守りたいと願った彼女の意思が、強固なパーソナルリアリティを形作ったことによって、自己ベスト以上の能力が発揮されたことによるものという解釈で良いのでしょうか?
チャイルドエラー達のパーソナルリアリティを利用しようとしたテレスティーナが、美琴のパーソナルリアリティによって打ち負かされたというのも、ある意味因果応報という感じがしました。

もちろん、決着をつけたのは美琴だったとはいえ、佐天や初春、黒子や婚后さんなど、誰の力がかけても上手く事が運ばなかったのは間違いないでしょう。
テレスティーナのロボがせり上がってくるときに固法先輩がそれをよけられたのは、やっぱり透視で高速の下が見えてたりしたのかも?と考えると細かいなぁとw
アンチスキルの2人が働きかけて、仲間とパワードスーツの部隊を止めたあたり等、戦力的にはパワードスーツの方が強いんじゃないかなぁ…とツッコミたい部分もありましたが、そこはノリ&ケレン味重視でw
その最たるものが、バットで能力無効化装置を破壊した佐天の大活躍だったワケですが、あざといながらも爽快で良かったと思います。
全く音に反応しなかったのは、佐天の能力が一向に伸びていないことの証明でもありますが、それよりも大切な友達との絆があればこそ、今回の活躍につながったわけですし、努力賞とMVPを上げても良いところだと思います。
彼女を信じた初春と、それを受けて自分も時間稼ぎを続けた美琴の頭脳プレーも大きな見どころでしたね。
テレスティーナも1人ぐらい部下を連れてコントロールルームを見張らせていればこんな敗北にあわなくて済んだのに…と考えると、やはり絆に価値を見出そうとしなかったことが大きな敗因であるということがよくわかります。
テレスティーナのレベル6への野望という名の幻想をブチ壊したのは、美琴のレールガンと、佐天のバットだった訳で。
テレスティーナにとっては、これなんてバットエンディングorz状態かとw

ねんがんのファーストサンプルをてにいれたぞ!な木山先生が、自らそれを処方しようとして動きが止まる→衿衣を通じたチャイルドエラー達の言葉に背中を押されて実行キーを押す流れも感動大作っぽくて良かったかと。
飛行船の映像で誕生日を祝われるシーンでは、目の下の隈が取れていたあたりに彼女の重荷が取り払われたことが暗示されているようでほっとしました。
レールガンは佐天がメインヒロイン的ポジションかなと思っていましたが、木山先生も予想以上に良い人になって、視聴者にも愛されている感じがしますね。
今後はその力を良い方向に使っていって欲しいなと思います。
むしろ、禁書原作の方で妹達やら氷華やらのAIM絡みで本編登場したりとかしてくれると個人的にテンション上がりそうかもw

総じて、めでたしめでたし&テレスティーナ編で出た問題が綺麗に解決したという点で満足のいく内容だったと思います。
あれだけ続いたサブキャラ掘り下げ回が、終盤、ファンサービス止まりでいまいち生かしきれなかったのはかなり残念ですが、そこは割りきって考えるしか無いかなと。
上条さん&インデックスの出番が絵だけだったのも残念ですが、ここで3人が交差する展開があると、原作と多くの矛盾を生み出してしまうので我慢我慢w
あんなに凄いレールガンをぶつけあったのに、負けたテレスティーナが生きているあたりもツッコミは無しの方向で。
実はパワードスーツが頑丈でしたとか、そのあたりの理由でw
どうせなら、美琴自身が命を取ろうとする意思がなかったので、弾道が彼女を襲うラインには乗らなかった…と考えた方が優しい答えかもしれませんね。

ともかく、最後の最後に美琴×黒子のゴールデンコンビも見られましたし、終わりよければすべてよし!ですね。
PVをはじめ、多くの話題に事欠かなかった作品なので、禁書ともども2期が始まる日を楽しみに待ちたいところです。
まだまだ禁書原作のストックはありますし、先に禁書2期がスタートすれば、それが終わる頃にはレールガンのストックも貯まっているはずw

流石にそれは気の早い話ですが、2クール約半年もの間、高いクオリティを維持してくださったスタッフの皆様お疲れ様でした&ありがとうございました。
また、当ブログの感想記事にお付き合い頂いたアニメブロガーの皆様をはじめ、読者の方々にも感謝とリスペクトを。
本当にありがとうございました。
春アニメは視聴本数をもうちょっと絞ろうかなと思っておりますが、感想を書く機会がございましたら、その時はまたよろしくお願いいたします。

・とある科学の超電磁砲(レールガン) 公式サイトへはこちらから


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




http://toshibou1213.blog48.fc2.com/tb.php/227-c0993132
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kotarou_break/2504159
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/11-d274ceb6
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/tb.php/769-a2a1ca5c
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/tb.php/2843-d9bb1d3d
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/913-28ed1a89
http://yurikamomekan.blog83.fc2.com/tb.php/300-27980ad0
http://karuiongak.blog37.fc2.com/tb.php/521-dd839884
http://bubbleforest.blog113.fc2.com/tb.php/379-8b086823
http://karmasoma.blog3.fc2.com/tb.php/15-3e92b145
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/tb.php/2981-e3b6abd5
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10486341756/3e396fbf
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e7499d9b1ba47fabd1c161553dd9b782/3f
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1402-0f5ff7ad
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/1072-652170fe
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/granzchesta/51401749
http://manaduru3.blog24.fc2.com/tb.php/350-23142b57
http://ilikemanga.blog87.fc2.com/tb.php/675-16f6eeb5
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/323-69864e7a
http://mapdiary.blog37.fc2.com/tb.php/531-7567db8b
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/af539ec049a4692f16f01562707b9350/b4
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/316-a1ce1567
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/66-9942ed05
http://materiamateria.blog49.fc2.com/tb.php/1054-9a9c2e05
http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/1321-e2ab2490
http://sumi4460.blog63.fc2.com/tb.php/1944-2c7e197e
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/51442303
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/d42f838af9
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/tb.php/987-f487cd74
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128245/33853219
http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20100320/1269054063
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/afc9b9e997c1c069c706a836304cdddc/2b
http://chunou2.blog97.fc2.com/tb.php/1037-3d9c878a
http://kachiani.blog121.fc2.com/tb.php/333-606e0de0
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210189/47855845
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1708-a485ea98
http://ekitti.blog71.fc2.com/tb.php/390-38079904
http://www.tibigame.net/blog/g.cgi/591
http://ohayoblog2.blog99.fc2.com/tb.php/56-7f0350b8
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mjou_ngr0812/1315824
http://blog29taka.blog107.fc2.com/tb.php/1012-330068bd
http://tomokunno.blog108.fc2.com/tb.php/117-e9850feb
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/tb.php/1542-d1f39c7c
http://blog.so-net.ne.jp/karu/2010-03-23/trackback
http://ikutori.blog119.fc2.com/tb.php/126-5c84b9c9
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kuma_road51/52103715
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/521c01d790310f4101145b4041d45944/a0

コメント   この記事についてブログを書く
« 3月20日(土)のつぶやきその2 | トップ | 3月21日(日)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

とある魔術の禁書目録&超電磁砲」カテゴリの最新記事