gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

はたらく魔王さま!11巻の感想レビュー(ライトノベル)

2014年05月14日 00時56分22秒 | ライトノベル・小説
電撃文庫のラノベ、『はたらく魔王さま!11』(和ヶ原聡司先生原作、029先生イラスト)が発売中です。
表紙は、恵美とちーちゃんのWヒロインが抱き合う、心がぽかぽかする1枚。
とにもかくにも、ちーちゃんのおっぱいデカすぎィ(;゜∀゜)=3ムッハー
角度的に、真奥の目が「なんとかあのおっぱいに触れねぇかなあ?」と狙っているように見えるのは拙者だけかしらw

お話的には、無事にエンテ・イスラから帰還した恵美でしたが、仕事をクビになったところに真奥から救出にかかった経費35万円を請求されて金銭的に大ピンチ!
新たに職探しを始める恵美でしたが、その心境には大きな変化が訪れていて…という事件の総まとめ&情報整理展開です。

新ステージ準備回とも言える内容で、バトル的な要素はなく、念願だった父親と再会も果たして一段落したところで真奥との関係をもう一度捉え直す恵美の様子が丁寧に描かれると同時に、オルバの謀反をはじめとしたここまでの戦いの裏事情が明かされ、世界観周りの伏線回収や新たな謎の提示を全編かけて描くという、まるまる1冊壮大なエピローグ風の内容が印象的でした。
長らくお流れになっていた例のイベントをはじめ、友情や家族愛他、心温まるエピソードの数々が胸に響いてきて、思わずもらい泣きしそうなレベルでした。
エメ&梨香という、両世界における恵美の親友が知己を得るエピソードなんかもあって胸熱♪
特に、事情を知ったばかりの梨香については、もっと拒否反応が出てもおかしくないかもと思っていましたが、勇者や異世界云々という以前に恵美個人を大切な存在として認めてくれていることが再確認出来て良かったなと。
職場こそ離れてしまいましたが、これからも親友として仲良く接してあげて欲しいところですね。
勇者の加護があれば、芦屋とのラブコメにもかなりの追い風になるかしら♪

ラブコメといえば、ほとんど真奥と公認カップルとなりつつあるちーちゃんですが、意志の強さ&懐の深さがますます聖人レベルに感じられる件。
なんだかんだで最強地球人化しつつあるちーちゃん相手にタジタジになってしまう真奥も可愛いですのうw
単純な三角関係とは微妙に違う距離感とも思いますが、恵美を気遣って優しくするよう真奥にお願いしてあげるあたりは、敵に塩を送っているようにも思えたり。
これが正妻の貫禄かw
今回の一件でかなりわだかまりが無くなった恵美なので、或いはもっと普通のラブコメのように真奥に惹かれていって…みたいな展開もあり得るかもですが、そんな風には考えず、心の底から恵美の無事を喜ぶ純粋さにグッと来るものがありますね。
明らかに只者ではないミキティにも一目置かれるとか、ほんと、恋する女子高生は最強だぜ!(;゜∀゜)=3ムッハー

マグロナルドネタが多かったこと自体も面白かったですが、今まで描かれてきたデリバリーや、カフェカウンターサービス事業による人手不足問題がこういう形で帰結するとは思っていなかったので目からうろこでした。
227ページの某人物達の不倶戴天っぷりにソフトクリーム噴き出すところでしたが、いかにも彼ららしいやりとりが(・∀・)ニヤニヤでしたね。
マグロナルドエンテ・イスラ店が現実化する日もますます近くなったかしらw

とにもかくにも、ようやくライラの口から事の経緯が語られそうですし、大魔王サタンに関する真実も白日の下にさらされそうで楽しみ。
というか、てっきりそこまで明かすのかと思っていたので、めちゃくちゃいいところで引っ張られたなぁ(´;ω;`)ブワッというのが正直なところかも知れませんね。
おそらくは、それを知ったことで次の難問に立ち向かわざるをえないような状況へと追いやられて行きそうな気配ですが、仲間内の結束もこれまで以上に強まりましたし、よほどのバランスブレイカーが出てきたりしない限りはいい勝負が出来そうかなと。
誰かと離れ離れになる展開は辛いですし、やはり地球上で戦う可能性が高そうかしら。


気になった方は是非、チェックなさってみてくださいませ。


電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE公式サイトはこちらから


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

blogram投票ボタン

コメント   この記事についてブログを書く
« 星刻の竜騎士第6話『青の聖騎... | トップ | 5月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベル・小説」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事