gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

本日の騎士ミロク4巻の感想レビュー(ライトノベル)

2010年04月26日 15時19分35秒 | ライトノベル・小説
富士見ファンタジア文庫のラノベ、『本日の騎士ミロク』(田口仙年堂先生原作、高階聖人先生イラスト)の4巻が発売中です。

表紙はミロクとドレス姿のジュジュ。
これから公務に出かけるところといった感じでしょうか。
赤目隊としての仕事も板についてきましたね。

お話的には、前巻の事件で重傷を負ったトーラットを助けるために、ベト神聖国へとひとっ飛びしたミロクとビスマルクが、新たな事件に巻き込まれてしまう…という王道展開。
オビにベト編開始!と書かれている通り、今巻だけで全ての問題にカタがつくのではなく、次巻へ続く的なラストになっているのが特徴かと。
どんどん広がっていく世界にあわせて、お話のスケールもより壮大なものになりつつある様ですね。

色っペ~姫様救っちゃうぜ!!!の謳い文句通り、新キャラであるミーヤー姫が登場し、中近東系のセクシーな魅力をふりまいてくれるので、華やかさが増したイメージです。
基本的に、美人というよりは可愛い系のキャラデザが印象に残る本作なので、布面積の薄い衣装を身にまとって艶っぽい雰囲気のミーヤーは貴重なお色気担当キャラだと言えるかと。
何しろ○○の中まで見せてくれますし。
いや、普通の人はそこまで全開どころか、一部でも見せられませんよw

基本的には気さくでノリの良い性格でありながら、王族という役割を正しく認識しているゆえに、イザという時は毅然とした態度を貫くことが出来る姿が好印象でした。
そんなミーヤーに対して、ミロクがどんな印象を受けたか?という部分に注目していただきたいなと思います。
ミーヤーと側近であるヴィジャとの関係を、自分とジュジュの関係とを照らし合わせ、思いを新たにするミロクがカッコ良かったです。

ジュジュを守りたいという彼の強い意志は、単なる私的な感情だけで成り立っているものではなく、国を支える姫とそれに仕える騎士という、ふたりの公的な立場にも則ったものなわけで。
自分たちとよく似た境遇であるミーヤー&ヴィジャの様子を見て共感&自分を客観視する機会を得たミロクが見出した結論は、彼の信念をより一層揺ぎ無いものへと育むのではないかと思います。

今後訪れるであろうオウガン帝国との決戦、特に、旧知の人間との引くに引けない戦いが控えていることを考えると、既に無双状態である剣技よりも、精神面でのジュジュとの繋がりや、赤目隊とのチームワークといった絆を強めていくことこそ、彼が騎士としての本分を全うするために必要なことだと言えるのではないでしょうか?
ストーリーの展開上、今回は離れ離れになってしまっているふたりなので、まずはお互いに役目を果たしつつ、この状況を切り抜けるところからスタート、といった感じですねw

さすがにジュジュだけでなく、アーニィまでお留守番となってしまったのでラブ的要素が少ないのは残念でしたが、ミーヤー&ヴィジャのラブラブっぷりが、ミロクにも読者にも見せつけてくれるのでニヤニヤでした。
次巻で描かれるであろう感動の再会に期待ですね。

期待といえば、まさかのBL展開も?という伏線が意味深だった件。
今からそのキャラの登場とキャラデザが気になりすぎですw

コマが一通り揃って、あとは解決へと突き進むのみのベト編なので、後半は盛り上がってくれそうで楽しみです。

気になった方は是非、チェックなさってみて下さいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



http://kenkenmk2.blog94.fc2.com/tb.php/550-6591c4ca
http://mykaze.sakura.ne.jp/mt/mt-tb-sylph.cgi/10153
http://blogs.yahoo.co.jp/whenby2006/trackback/79806/50329815
http://www.booklines.net/mt/mt-tb-t.cgi/3686
http://urara.tank.jp/log/eid1293.html/trackback/
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 4月25日(日)のつぶやきその2 | トップ | 4月26日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベル・小説」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

本日の騎士ミロク4 [田口仙年堂] (彩彩華美)
[[attached(1,center)]]   富士見ファンタジア文庫発行    [http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482913514X/whenby2006-22/ 本日の騎士ミロク4]    著/田口仙年堂    イラスト/高階聖人 {{{ ミロク、ジュジュと離れたベト神聖国でセクシー姫様...
本日の騎士ミロク 4 (黙々読書)
あらすじ 「だーかーらー!俺はジルサニアの騎士なんですってば!」 「なんでジルサニアの騎士が竜に乗って来てんだよ!」 「そ、それ...