gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とらドラ8!の感想レビュー(ライトノベル)

2008年08月08日 21時01分46秒 | ライトノベル・小説
・アニメ版のメインキャストが発表されて、ますます期待の高まる電撃文庫のラノベ、とらドラ!シリーズ8巻(竹宮ゆゆこ先生原作、ヤス先生イラスト)の感想レビューです。

大河役は釘宮理恵さん、実乃梨役は堀江由衣さん、亜美役は喜多村英梨さん、竜児役は間島淳司さん、北村くん役は野島裕史さん…と、いずれも人気声優の方ばかりで超期待ですねo(^▽^)o。

今回のお話は、高校生活最大のイベントの1つ、『修学旅行』を舞台にしています。

7巻では自分の気持ちを見つめ直すことになったヒロイン達ですが、中でも『竜児の告白を、切り出す前にキャンセルさせてしまう』という荒技を放った実乃梨の鮮烈さが印象的でしたよね。

そんなみのりんのその後の振る舞い方が、竜児や大河や亜美に大きな影響を与えてしまい…といった展開になっています。

微妙にすれ違うそれぞれの思い。危ういバランスにハラハラさせられっぱなしでした( ̄□ ̄;)!!。

一見穏やかに生活しているように見えつつも、掛け違えたボタンは正されることなく、やがて大きな軋みを生んでしまいます。
誰か1人が悪いのではなく、不可抗力な部分もあるのが恋愛の難しいところです。
まだ完全な大人では無い彼や彼女達が、戸惑い、つまづきながら前に進んでいく様子が切なさ全開ですY(>_<、)Y。

今まで隠されていた思いが色々と明るみに出たり、まさかのタイミングで衝撃的な事実が明かされたりと、今後のシリーズ全体に影響を与えそうなイベントが目白押しでした。

次の9巻は早めの刊行になる予定とのことです。
アニメ化共々、ますます目が離せないですね(*^-^)b。


コメント   この記事についてブログを書く
« おすすめニコニコ動画【初音... | トップ | 乃木坂春香の秘密第5話『そ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベル・小説」カテゴリの最新記事