gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴブリンスレイヤー3巻の感想レビュー(ライトノベル)

2016年09月14日 23時44分43秒 | ライトノベル・小説
GA文庫のラノベ、『ゴブリンスレイヤー3』(蝸牛くも先生原作、神奈月昇先生イラスト)が発売中です。

表紙は、牛飼娘とゴブリンスレイヤーの2ショット。
なんだかんだで正妻属性高めな印象の牛飼娘ですが、ライバルひしめく恋のレースの行方が気になるところですね。
おぱーいの大きさでは他の追随を許さないっぽいですが(正座)

お話的には、収穫祭で街全体がお祭りムードになる中、受付嬢にデートに誘われるゴブリンスレイヤー。
それに触発された他のヒロインズ達も各々思惑を巡らせることになって……という日常&デートメイン展開です。

女性が色々と酷いことをされてしまう描写の多い本シリーズでしたが、今回は打って変わってヒロインズが「女の幸せ」を掴むべく恋の鞘当てを繰り広げる様子が描かれていて心温まりましたね。
なんだかんだでハーレム作品が多いラノベ業界ではありますが、リアルも含めて、ひとりの女の子が意中の彼に想いを伝えるまでには色々な葛藤なり計算なりのドラマがあるわけで、そんな中、「勇気ある一歩」を踏み出すヒロイン達の様子が初々しく、全員を応援してあげたくなってしまいました。
先手必勝のまま受付嬢が逃げ切るのか、幼なじみならではの過去エピソードを活かして牛飼娘が追いつくのか、得意の射撃術の要領で妖精弓主がハートを射止めるのか、季節限定特殊イベント発生で女神官が美味しいところを持っていくのか……冒頭から((o(´∀`)o))ワクワクが止まらんぜよ!

個人的には、言い出しっぺが一番偉いと思うので、今巻は受付嬢に花を持たせてあげたいところですが、ひとりが出し抜くというよりは全員に見せ場がある感じで描かれていたので、どのヒロインのファンにも楽しめる作りだったと思います。
恋愛事にはほとんど興味無しなイメージのゴブリンスレイヤーですが、単に不慣れなだけという部分も多いので、根気良くアピールしていけば恋愛模様も進展していきそうな気配ですね。
若干、地理的に出遅れてしまった人も居たようですが、わざわざイラストが用意されていて(・∀・)ニヤニヤ
まあ、リアルで想い人が被ったら女同士の血で血を洗う戦いが始まってしまう可能性も高そうですが、コマけぇこたぁ良いんだよw

バトル的には、いつもどおりの雑魚ゴブリン処理のみで終わるのかと思いきや、伏線込みで強力な敵が暗躍していたりと、人知れず穏やかな日常生活を守るゴブリンスレイヤーらしい活躍が描かれていて良かったです。
そんな立役者の彼が、普通の日常というものについてイマイチピンと来ていない部分があるというのが皮肉ではありますが、頼りになる仲間たちとの交流が、少しずつそれを判らせていってくれると良いですね。
また、今までセリフのみの登場だった人にもイラストがつき、今後も出番が増えていきそうで楽しみ。
ゴブリンを殲滅してこそのゴブリンスレイヤーなので、いきなり格上の敵ばかり出てくるような展開にはならないとは思いますが、勇者トリオとの邂逅なり、妖精弓手がいうところの冒険なりを発端にしたエピソードが描かれる可能性は十分にありそうなので期待したいところです。


気になった方は、是非チェックなさってみてくださいませ。


GA文庫公式サイトはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月13日(火)のつぶやき その3 | トップ | 9月14日(水)のつぶやき その1 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベル・小説」カテゴリの最新記事