グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

ヤマトシジミ

2010年09月24日 23時56分07秒 | 自然観察
ヤマトシジミは都市部でもよく見かける極々普通の蝶。
幼虫は、しつこい雑草のカタバミを餌にしています。
ヤマトシジミが大繁殖して、庭のカタバミを食い尽くしてくれれば良いのにと思いますが、なかなかそうはいきません。自然界(生態系)は上手くバランスをとるようできています。
しかし、生態系のバランスの要となる種(キーストーン種)がいなくなってしまったとか、侵略的な外来生物が侵入した場合などは、ある特定の種が大発生し、生態系のバランスが崩れます。



ところで、植物は動物のように動き回ることはできず、動物にとって植物はとても楽に食える餌という感じがします。
しかし、植物は昆虫などの食害から身を守るために有毒物質などを葉に蓄積したりしています。いわば化学兵器による防御です。
昆虫が植物を餌にする場合は、この化学物質の防御を打ち破らなければなりません。
蝶の幼虫は、食草が1種類、あるいは特定の科植物だけと非常に餌の種類が限定されています。これも植物の防御体制を上手くかいくぐるために進化した結果と言えるのでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 十五夜お月さんと赤とんぼ | トップ | ヒガンバナ 曼珠沙華 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事