グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

アユの採卵が始まる

2008年08月25日 21時10分10秒 | 
水産試験場では今日からアユの採卵が始まりました。



メスのお腹を指で押すと、ぴゅ~と勢いよく卵が出てきます。写真の大きさのアユでは3万~4万粒くらいの卵が採れます。


採った卵にオスから絞った精子を加え、カモの羽でやさしく撹拌します。


アユの卵は物に触れるとピタッと張り付く性質があります。(そうしないと、川の中で流されちゃいますので)
水産試験場ではシュロの毛でできた細長いブラシのようなものに卵を付けます。


水を1/4ほど張ったバケツにアユの卵を大さじ1杯くらい入れ、そこに丸めたシュロブラシを入れて、卵を付着させます。


シュロに着いたアユの卵。直径は0.8㎜ほど。


2週間ほどすると、小さな小さなアユの仔魚がふ化します。

コメント (14)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ぐんま昆虫の森 ~虫を食べ... | トップ | ふらんす市場の季節限定スイーツ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何者 (末吉)
2008-08-25 21:47:09
こんばんは
こんな写真をとれるなんて何者でしょうか..
早速、トラックバックさせていただきます。
すごーーーーーーーい (える)
2008-08-25 22:48:03
鮭はよく見ますが、鮎なんて初めてみました。
すごい感動しました。息子に見せてあげます(魚好き)。

鮎の養殖もこうやってやるのかしら。
奇麗な魚ですよね。
8月末に烏川でさけ?ます?のつかみ取り大会があります。皆大喜びですごいんですよ。疲れ果ててさんざん痛めた魚も可愛そうですが、息子は大喜びです。
きれ~い! (sachiko161)
2008-08-26 11:52:42
こんにちは♪

お写真が凄くきれいなので良くわかります!
ぴゅーっと採卵できるもんなんですね~チョット感動します。
しかし、繊細な作業ですね。
かもの羽で混ぜるなんて!
スプーンでチョイチョイじゃやっぱりダメなんですね(^_^;)
うわぁ~! (hana)
2008-08-26 15:46:13
こんにちは~♪

素晴らしいものを見せていただきました。
感動ものですね
シュロに付いた卵も綺麗!
まさに神秘の世界ですね。

初めて知りました。 (MARU)
2008-08-26 21:19:04
こんばんは。
鮎の採卵てこんな風にやるんですね。
結構時期も早くて。
質問なんですが、この鮎はどこの鮎ですか?川から取ってきた物なのか、養魚場で最初から育ったものか、オスメス別のところのものなのか?良かったら教えてください。
末吉さんへ (こにタン)
2008-08-26 21:49:19
何者?と問われても・・・(^^;)
魚と虫の好きな
そして何よりも生まれ育った群馬が大好きな
40代半ば男でございます(^^)
えるさんへ (こにタン)
2008-08-26 21:52:31
息子さん、魚が好きなんですか(^^)
毎年、群馬県民の日(10月28日)に、前橋市敷島町にある水産試験場では一般公開の催しをやります。
研究の紹介や魚の展示、マスのつかみどりなどがありますので、是非お越し下さいませ。
sachiko161さんへ (こにタン)
2008-08-26 21:56:46
生まれたばかりの卵はとっても柔らかいので
やさしく・やさしく扱います。
水中でしばらく経つと、ちっとやそっとじゃつぶれないほどに強くなりますが・・・。

hanaさんへ (こにタン)
2008-08-26 22:00:09
一週間くらいすると卵の中の眼が分かるようになり、それからさらに一週間くらいするとふ化します。
ふ化直前には卵の中で仔魚がくるくる動いているのが見えます。
MARUさんへ (こにタン)
2008-08-26 22:03:41
このアユは群馬の水産試験場で継代飼育してしている系統です。
海産アユに比べると産卵期が大分早めです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

焼き鮎 (ずっと大分が好きだ)
炭火で焼いていた鮎を覗き込んでいた。よもやま話をすると、ふと「なぜ塩をたくさん振