グッドぐんま 2

ぐんま大好き! 群馬のちょっとイイものや身近な自然を再発見

分蜂

2009年04月30日 22時12分02秒 | 自然観察
一昨日(4月28日)の昼休み。ご近所の敷島浄水場でツツジを見て職場に戻る途中、松の周辺でブンブンと飛びまわるミツバチの群れを見つけました。



ん? 何でミツバチがこんなにたくさん飛んでいるんだろう?
近づいて見ると、松の枝にミツバチ(ニホンミツバチ)の大群が止まっていました。





分蜂です! 初めて目撃しました(^^)



ミツバチの巣には女王を中心に多数の働きバチから成り立っています(他に交尾以外に仕事のない雄バチもいますが・・・)。
一つの巣に新しい女王が生まれると、元の女王が働き蜂を連れて新天地を求めて引っ越しをします。これを「分蜂」といいます。

飛び回るミツバチを見つけてから2~3分後、飛んでいるハチは少なくなり、みな、木にかたまって止まったようです。



もっと観察を続けていたかったのですが、昼休みの時間は残りわずか。後ろ髪を引かれる思いで職場に戻りました。

翌日4月29日の朝。
ミツバチの群れは、まだ同じ場所にいました。



前日よりもコンパクトに球のようになっています。
まさに「蜂球」。


いったい何匹くらいいるのでしょう?

そして本日4月30日の朝。
分蜂蜂球はなくなっていました。どこかへ移動したようです。

ミツバチは、屋根裏、床下、樹のうろなど、閉鎖空間に巣を作ります。
分蜂蜂球は新しい住みかが見つかるまでの一時的なもので、引っ越し先が見つかると、そこへ移動します。
このように、分蜂蜂球は短期間できれいさっぱりなくなってしまいます。
初夏の頃、大群のミツバチが現れたと大騒ぎになることがありますが、分蜂中のミツバチは普通、人を襲うことはありません。珍しいものが見られてよかったと思って静かに見守ってあげましょうよ (^^)

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 出会いは意外な場所で突然に... | トップ | 風薫る五月 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うわ~! (hana)
2009-05-01 09:55:07
朝から素晴らしいものを見せていただきました。
移動する時は列になって飛んで行くのでしょうか?それともばらばら?いろいろ想像してしまいまいました。
楽しい~♪
これだけの数ですから見応えあるでしょうね。
Unknown (つぶ)
2009-05-01 20:25:40
すっごいミツバチの数ですね~!!
こんなにいて、奥にいるミツバチは「重いっ!」とかならないのでしょうか(笑)
これだけたくさんのミツバチ、初めてみました。
hanaさんへ (こにタン)
2009-05-01 22:33:53
分蜂蜂球、私も実際に見るのは初めてでした。
いったい何匹いるのやら
一列で飛んだら、相当な長さになってしまうでしょうね(^^;)
Unknown (こにタン)
2009-05-01 22:37:04
中には女王がいるので、押しつぶされたりしないようになっていると思います(^^;)
偶然発見した分蜂蜂球ですが、この後どこに行ったのか?
巣も見つけてみたいです(^^)
Unknown (フミくん)
2009-05-02 21:55:49
すごいですね、分蜂、初めてです。敷島のどの辺りなのでしょうか。明日敷島行くので探してみようっと。
フミくんさんへ (こにタン)
2009-05-02 22:18:41
目撃したのは敷島公園の釣り池のそばですが、
現在は蜂球はありませんよ(^^;)
でも、どこかこの付近に巣はあるんでしょうね。

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事